無料ブログはココログ

2017年4月23日 (日)

久々のDV-7HDサポート訪問

日曜の午後でしたが立川まで参りました。パソコンとしてのいくつかのチェックと、音声入力関係、BDライティングの異常解消です。最後の内容が中々原因が解りませんでしたが、3年前の現役時代セッティングでおうかがい時に作成したファイルでは正常動作であることが解り、それから原因を探ることが出来て、問題解決できました。操作習得も含め2時間でした。

R1052459

久々の訪問でしたが、機材活用が進んでいること、安心致しました。

2017年4月22日 (土)

吉祥寺産経学園上達ビデオ講座

毎月第4土曜で実施してます。今回もご質問から、HDMI接続、フリーズ時の対応、セーフモード、ずらさない編集、ずれた時の対応、タイトラーでのプリセット操作などについて解説した他、新刊のテクニック集1から作品のまとめ方について講義しました。

R1052456

2017年4月21日 (金)

アトレ吉祥寺 ワイアードカフェ

妻の三鷹への午前通院が早く終わったので、吉祥寺に帰ってきて、母も交えて3人で誕生会を致しました。

どこへ行くかということもあったのですが、馴染みのお店で良いということで。

残念ながらトラブルがあって画像がありません。

毎年バースデーでは食事をしていますが、いろいろな思い出が残るものです。

2017年4月20日 (木)

DV-7ビデオ研究会東京支部例会

本日は追悼上映会ということで研究会名誉顧問であったこともあった梯郁太郎さんが残された作品の鑑賞を行いました。

R1052454

京都訪問のプライベート作品でしたが、交友の深さとあらためて、梯さんが映像を深く愛され、ローランドという楽器の会社に映像事業が育ったことを認識する、そんな作品でありました。

意外でしょうが、これまで自分は作品を見る機会が非常に少なかったので拝見して新鮮なものがありました。

そして梯さんに70歳の時に送られた作品で2000年ロックウォークに殿堂入りした時の映像とお若いころ起業されてからの歴史をたどった映像の上映がありました。これはまさに追悼にふさわしいものになりました。

梯さんの起こしたATV社より渋谷さんがおいでになり、会員の皆さんに報告がありました。

そして会員の皆さんの作品上映に移り、質問にお答えしました。

祭りや季節をうまくまとめた作品でした。共通したところでは音声バランスや同録音バランスに注意するとより見やすく解り易くなるでしょう。ナレーションはご自身の言葉で語られていた点がとてもよかった。今月のビデオサロンにもナレーション構成や注意まとめられていますが、「自身で語りかける」は個人の作品のナレーションの原点でオリジナル作品で何より大切、忘れてならないところです。

今回は長野から千葉会長が来訪報告がありました。また長野から松井さんから新しい技術情報がありました。

2017年4月19日 (水)

吉祥寺ドナのランチパスタ

夫婦で銀行のあと、吉祥寺ドナで。

R1052444

おなじみ、ベーコンなす

R1052445

桜エビと春キャベツのパスタ

甘味と生パスタがぴったりです。

平日はドリンクとスープまたはサラダがセットされます。

2017年4月18日 (火)

エヂソン・バンド

健脳器。60年代少年雑誌の広告で見た・・実物が妻の実家から出てきました・・頭をクールダウンする・・知ってますか?

R1052443

断然怪しい・・グッズです。どうも昭和初期頃からあるらしく・・・

 とても使いこなせそうもなく、オークション出品してますのでご利用の方がありましたら

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d227348638

 不思議グッズはすでにホームページで特集してました

http://mtomisan.my.coocan.jp/page085.html

2017年4月16日 (日)

実家の整理

久々に参りました。

R1052434

隣の公園の桜も大きくなりました。

R1052431
横浜と言っても山の中、寒いので桜がまだ咲いています。

年月はたち、木も年をとりました。咲いてみると気付く桜の木です

防湿、防虫を行い、資料など持ち帰りました。

古いトランジスタなどが大量に出てきました

R1052453_2
実家から出て来ました。むかしシンセやオーディオをやっていた頃のトランジスタ。ちょっと古そうでうが数は多そうです。

2017年4月15日 (土)

小川珈琲(東急吉祥寺店)

クローバー閉店で入れ替わりで開店、内装はそのまま看板が変わってました。

R1052436

ランチセットはスープ+サンド+ドリンクで、こちらは、だし巻きたまごのサンド。まだ開店をしらない方も多いのか大変すいておりました。

R1052437

R1052435

ビーフカレーもあります。コンクリームスープが付きました。

2017年4月14日 (金)

ペギー葉山さんとみんなのうた

ドレミの歌が有名ですが・・

みんなのうたでは・・・19曲も。

年代的には

1960年代15曲

1970年代2曲
1980年代以降2曲

ということで圧倒的に1960年代のみんなのうたを歌われています。

それも
1961年1曲
1962年4曲
1963年2曲
1964年4曲
1965年2曲
1966年1曲
1969年1曲

なので、1960年代も前半に13曲と集中しています。

そして「ドレミのうた」が最初ではありません。古いみんなのうたファンには懐かしい曲も多いと思います。

赤鼻のトナカイ
うたペギー葉山、東京放送児童合唱団
作詞加藤省吾
作曲J.Marks
編曲小野崎孝輔
映像アニメ:久里洋二
初回放送月1961年12月〜1962年01月

かあさんのうた(1962年版)
うたペギー葉山
作詞窪田聡
作曲窪田聡
編曲いずみたく
映像実写、マイム:関矢幸雄/中曽根公子
初回放送月1962年02月〜03月

ドレミの歌
うたペギー葉山、音羽ゆりかご会
作詞 ハマースタイン2世、訳詞:ペギー葉山
作曲リチャード・ロジャース
編曲小野崎孝輔
映像実写
初回放送月1962年06月〜07月

Doremi

Doremi4

アイルランドの子守唄
うたペギー葉山、ボーチェアンジェリカ
作詞城戸洋子
作曲J.C.シャノン
編曲いずみたく
初回放送月1962年08月〜09月

調子をそろえてクリック・クリック・クリック
うたペギー葉山、西六郷少年少女合唱団
作詞音羽たかし
作曲オーストラリア民謡
編曲若松正司
映像実写
初回放送月1962年10月〜10月

小さな靴屋さん
うたペギー葉山
作詞音羽たかし
作曲R.ラベル
編曲小野崎孝輔
映像人形:グループクレアード
初回放送月1963年02月〜03月

走ろう小馬よ
うたペギー葉山、東京放送児童合唱団
作詞薩摩忠
作曲J.ハヨス
編曲石丸寛
映像実写
初回放送月1963年09月〜09月

回転木馬
うたペギー葉山、西六郷少年少女合唱団
作詞菅美沙緒
作曲N.グランツベルグ
編曲石丸寛
映像シルエット:木馬座
初回放送月1964年02月〜03月

五月のうた
うたペギー葉山
作詞若谷和子
作曲中田喜直
編曲中田喜直
映像アニメ:木馬座
初回放送月1964年04月〜05月

フルーツサラダの歌
うたペギー葉山
作詞薩摩忠
作曲カンフォーラ&ルー
編曲小森昭宏
映像アニメ:横尾忠則、みわとしこ
初回放送月1964年10月〜11月

木ぐつをはいて
うたペギー葉山、西六郷少年少女合唱団
作詞中山知子
作曲フランス民謡
編曲石丸寛
映像アニメ:中原収一
初回放送月1964年12月〜1965年01月

ウンパッパ
うたペギー葉山、東京放送児童合唱団
作詞峯陽
作曲ライオネル・バート
編曲石丸寛
映像実写
初回放送月1965年04月〜05月

トム・ピリビ(1965年版)
うたペギー葉山
作詞訳詞:水野汀子
作曲A.ポップ
編曲若松正司
映像アニメ:中原収一
初回放送月1965年08月〜09月

ひなげし
うたペギー葉山、大阪放送児童合唱団
作詞訳詞:中山知子
作曲フランス民謡
編曲小森昭宏
映像アニメ:小薗江圭子/みわとしこ
初回放送月1966年08月〜09月

パンのマーチ
うたペギー葉山、東京少年少女合唱隊
作詞峯陽
作曲小川寛興
映像アニメ:中原収一
初回放送月1969年12月〜1970年01月

算数チャチャチャ
うたペギー葉山、ヤング101
作詞山口和義
作曲山口和義
編曲一ノ瀬義孝
映像スキャニメート
初回放送月1973年06月〜07月

ひげなしゴゲジャバル
うたペギー葉山
作詞菊池之枝
作曲菊池之枝
編曲一ノ瀬義孝
映像アニメ:堀口忠彦
初回放送月1974年06月〜07月

みどりの星
うたペギー葉山、タンポポ児童合唱団
作詞根上淳
作曲甲斐正人
編曲甲斐正人
映像実写
初回放送月1994年04月〜05月

とんとんとん
うたペギー葉山
作詞すずきかなこ
作曲森元奨六
編曲萩田光雄
映像映像:鈴木哲、絵:飯島有
初回放送月2012年08月〜09月

この19曲中、映像がのこされたものが8曲、他は音のみが残されているようです。

83歳でご逝去、手元にある音源を聴きご冥福をお祈りしたいと思います。

作成しているホームページもご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page020.html

1961年~1969年まで各年に分けて解説していますので

そちらもごらんください。

1961年 みんなのうた

http://mtomisan.my.coocan.jp/page030.html

1962年 みんなのうた

http://mtomisan.my.coocan.jp/page064.html

・・・

2017年4月13日 (木)

井の頭公園の桜 2017

天候の不純で今年は例年にない状況と思われます。冷たい風に本年最後の桜が散るまいとがんばっているように見えます。

R1052423

例年のように藤棚からお茶の水にかけての井の頭池には花弁が打ち寄せられて美しい花筏が出来ています。

2017年4月12日 (水)

新刊発送

新刊を御予約を頂いていた方々には、本夕発送させていただきました。解説ビデオの最終ということでこれまでお付き合い頂き本当に感謝です。これからはテクニック集と昔のセミナーでやっていた映像全般の奥深い内容をテクニックとしてまとめて参りますが、その1本目のスタートにもご期待を持って頂いていることは嬉しいものです。

Imgp5684

今回はHDMIのスプリッターも必要な方にはお送りしましたが、連絡いただいたほぼ全員の方々がご希望ということでした。DV-7HDに接続して動作確認の上発送致しました。

2017年4月11日 (火)

新シリーズ テクニック集1制作

10年以上前にやっていたセミナーは、編集の面白みも気付いて貰うというものでした。その後のセミナーは製品販売と使い方のホローというもので、今回解説DVDの終了を持って、以前のような作品作りの面白みを知って貰う編集テクニックのシリーズを出して行くこにしました。

R1052428

このあたりは2年前トート音楽院さんのセミナーでやってみようと思ったのですが、集まった方は操作が解らないということで、飛んでしまった企画でもあります。

今回はトータルで54分、そして簡単なテキストがついたものになりました。「気付いてできる作品づくり」DV-7の機能や操作性を活かす内容です。

2017年4月10日 (月)

新刊 動画入門 解説DVD最終巻作成

DV-7解説ビデオいよいよ最後の1巻。本年初めから案内していました。この巻は希望者が最も少ないだろうと一番最後になりました。DV-7HD/GのVer.2で追加された動画サイトへの自動アップ機能もサイト側の変更があって、自動アップができないケースも出てきました。しかしこれも情報によればソフト修正対応がされないということで、以前の手動アップに戻る事g必要な方も出てきました。

R1052427

手動アップについては、ローランドサイトの「つかいこなしガイド」に説明がありますが、こちらも動画サイトのアップページのデザインや機能が変わってしまっているという状況で、今回制作のDVDではそのあたりを最新状態で手順解説しています。

制作は月刊と同時にはじめ、ナレーション解説を録った後、チャートやイラストは「あたり」でとりあえず入れてムービーを作り、流れの完成度を上げて、最後に最終の画像20枚越を半日で作り入れ替えました。いつものように画像を作ってから組み立ていたら制作に1週間以上かかりそうだったからです。

いつもと違った手順でしたが、疑問解消の解説DVDづくりもこれにて終了です。長い道のりでした。

2017年4月 9日 (日)

月刊トランジスタ技術2017年5月号見本誌「ファズ」エフェクタ

続電子楽器&エフェクタ回路集ギターエフェクタ編第2回連載掲載の見本誌がきました。

R1052417

今回は先月の「ディストーション」に引き続き「ファズ」です。回路としては8タイプのファズ(アッパーファズを含む)具体回路とその波形やスペクトルやバリエーションその付け方、回路解説で11頁になっています。

R1052418

古典的なマフやファズフェースなど代表回路とその動作について解説しました。いずれも実際に製作していますが、一応技術誌なので組み立てた外観くらいで、パターンや組立方などまでは収録できず「製作」などというと叱られてしまう読者の方もいると思います。本当はもう1回路製作しているのですが誌面量の関係で回路は割愛されましたが、基本は1496のアッパーファズなので同様のものが2015年10月号に他の執筆者の方のものですが掲載されています。

1回分の原稿でしたが、回路試作は10回路以上しており、ゲルマ版のシリコン化や組み合わせ、試作中に思いついたものなど、たぶん半年くらいに渡ってやっていて、原稿を入れたのは昨年の7月、このブログを拾うと断片が残っていると思います。丁度連載の掲載がまばらになりはじめた時期でまだ今の続連載のことも正式に決まるかどうかという時に1回目にしようかと思って書いていた記憶もあります。自分なりに今見ると作り疲れ、書き疲れも感じられ、もっとつっこむべきながら誌面量を気にして、何回も構成を変えた跡があります。編集部に苦労していただき何とか11頁に入れていただきました。書店でご笑覧いただければと思います。

2017年4月 8日 (土)

トランジスタ技術年間CD-ROM2016掲載見本来る

昨年は1月の特集、1~6月 9,11月の連載を執筆しましたので見本誌?ということになりますが来ました。PDFによる収録で、広告や付録その他は入っていない、つまり記事だけです。薄くなったと言っても1年分では30cm幅くらいになりますし、価格的には+1000円くらいの1万3千円です。こうして見ると年後半は2回しか連載掲載がなく、ご心配をおかけしたした方もいたと思います。こちらもそれを良いことに執筆のピッチを下げてしまい、今苦労をしています。ただこの1巻で電子楽器&エフェクタ関係では100頁ちかくの情報があるので、これからバックナンバーをという方には1つの方法なのかもしれません。自分は特に誤記修正や内容追加はしてませんが、このCD-ROMは各月刊のデータ修正版なので、そういう面では良いものなのかと思います。

R1052416

具体内容をお知らせすると

各「楽器&エフェクタ回路図集」連載で

第12回 「ヒューマンボイスエフェクタ」 2016年11月号
第11回 「ブラスアンサンブル」 2016年9月号
第10回 「ストリングスアンサンブル」 2016年6月号
第9回 「ドローバーオルガン」 2016年5月号
第8回 「パーカッション・シンセサイザ」 2016年4月号
第7回 「ハンドクラップ・シンセサイザ」 2016年3月号
第6回 「アナログドラム音源ボックス+8拍ループシーケンサ」2016年2月号
第5回 「パラメトリック・イコライザ」 トランジスタ技術2016年1月号

および1月号の特集で、オクターバー、テルミン、セレクタについて各製作と解説を収録しています。

この連載全般などについてはホームページでも紹介しています。

http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage15.html

一昨年の特集からの執筆ですとトータルで200頁を越え、自作電子楽器・自作エフェクタファンの方にはいくばくかの情報提供になっているのかな思いますが、自分自身でもこれまでのまとめや製作調査実験確認にもなっており、良い機会をいただいたと思っております。引き続きよろしくお願いします。

月刊DV-7研究2017年4月号リリース

今回は6日かかりましたが、新刊との連携をとりながら何とか間に合い、本日夕方発送しました。

Imgp5667
今月号到着までもうしばらくお待ちください。

先月に引き続き質問大会と、4K編集、サロン連載解説、新刊紹介の構成です

2017年4月 7日 (金)

ビデオサロンブログから

関連で読んでいただけると良いと思います。

雑誌記事ではないので、ビデオ編集愛好家の多くの方の目にとまることがないのは少し残念ですが。

https://videosalon.jp/2017/04/kakehashi/

Bideosalonimage57

この記事ももともとフェースブックでのやりとりが発端だったと思いますが、映像関連のことは新聞などでは紹介されることはありませんのでこうして専門誌のブログで書いていただければ有難い話です。

 ビデオ編集や、映像制作をされる方ならエディロール/Rolandのミキサーやコンバータを知っている方は多いと思います。編集機の開発は梯さんと一心同体でしたので新しいATV株式会社で今後引き継がれるか解らないところです。

 月刊DV-7研究の内容は読者の方と自分に任されているものですが、この1週間はどうするかで迷い、発送日が明日というところまで来てしまいました。そんな訳でブログ更新が

5日止まるというかつてない状況となってしまいました。

2017年4月 6日 (木)

ローランド創業者 梯郁太郎さんご逝去

3日の朝日の夕刊に続き、4日朝刊にも訃報が掲載され、知りました。
そんなこともあって、ブログの更新はここしばらく止まっておりました。

Kakehashijpg

Rolandを創設し、MIDIやグラミー賞、著名な演奏家が楽器を使用したこと、数々の輝かしい偉業、このブログをご覧の皆さんもご存じの方が多いと思います。

Kakehashi13

梯さんは自分にとって恩人でして、いろいろな思い出が蘇ってきます。
自分が開発時代は社長をされていて、毎朝のように無理難題の電話がかかってきたことを思い出します。

それ以前につとめていた会社の楽器事業が廃業して、採用していただいたことが始りで
楽器だけでなく、現在につながる映像の仕事をやらせていただいた、まさに恩人です。
そんな訳で仕事ではここには書ききれない沢山の思い出があります。

余談ですが
ご自身で運転する車に乗せていただいたことがあって(御遠慮したのですが無理やり乗せられ)、その時の鉄道模型の話が懐かしく思い出されます。

戦前、中学生時代に鉄道模型車両をご自身で設計・製作されて、
相当の自作コレクションをお持ちだったようですが、空襲で全て焼かれ、それから全くやっていない、それをどこから聞いたのか鉄道模型をプレゼントしてくれる人が何人もいたりすると苦笑されながら話されました。
執着するだけでなく、思いきれる方なんだとその時、思いました。

お会いするときまって、最近は鉄道模型はやっているの?と聞かれ、関連会社でやっている模型関係の製品が進んでいるからいじってみて、そんな声掛けして下さる方でした。

昨年亡くなった鉄道模型KATO(関水金属)の創業者で知られる加藤祐治さんとは20年ほど前にお会いして2時間以上お話聞かせてただいたことがありましたが
業種は違ってもグローバルで独創的なものづくりの姿勢、果てしない情熱語られるところが
梯さんと重なった思い出があります。梯さんは機械モノ好き方だけにもし鉄道模型に打ち込んだらどんなだっただろうと思います。

梯さんは永遠の旅にたたれましたが、残されたものは多く、広く音楽に人々のこころに、
ものづくりにと、いまもまたこれからも生きて、いろいろなものが生まれて行くように思います。

ご冥福をお祈りするのはもちろんのことなのですが・・

「ところで君はこれからどうするんか?」と言われているような気がしてならず

丁度月刊DV-7研究制作中で、それを止めて考えていたところです。
梯さんの大切にされた映像製品が編集機DV-7だったからです。

「君が映像製品をやるんだ・・」と言われたのはまだ会社にその兆しも全くなかった30年前、
本来の専門でもなく電子楽器をやるために転職したはずでしたが、その頃は
アマチュアとしてビデオをやっていて、映像の電子回路も少し判ると言った程度でした。
それから、いろいろありましたが、3年前退職するまで、会社の中ではおかげさまで一番古くから一貫して映像製品関係をやらせて頂いたこと、それには間違いはありません。
しかし、梯さんが夢描いたものにどこまで近づき貢献できたのかは、今となっては判りません。

考えてみると
自分が会社を辞めたことで、個人として今できることを、使命としてやって行くことが
お世話になった恩返しなのかと思います。また、それができることも感謝しなければなりません。

 本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

制作中の月刊DV-7には、ご愛用の皆さんへ「お知らせ」を入れさせていただくことにしました。

製品発表イベントやビデオフェスティバルではDV-7ご愛用者の方々にお話しをしていただいたことが度々ありましたので。

2017年4月 1日 (土)

エフェクタチェック、調整

結構、規模が大きくなってきました。

R0050166

これで1つのエフェクタです。音だしを行ったところ思った通りの効果になりました。

原稿にまとめて行きましょう。来週からはDVD制作に入らないといけません。

«部品通販到着

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ