無料ブログはココログ

2018年7月20日 (金)

亡き父の墓参

お盆を過ぎてしまいましたが、19日が父の命日だったことも有ります。暑い中、母を連れて母がベランダで育てた草木を持って本日の墓参となりました。母の手を取り感ずるのは年々とくに足の動きが悪くなることでしょう。お墓については高齢化や後継者からなかなか良い場所が見つからなかった当初からこの場所を見つけ墓を作るまでは、当事者の苦労に関わらず心ない言葉も親戚から有りましたが、お墓がなくお墓で苦労した者ではないとなかなか判らないところかもしれません。最近でこそいろいろな形態の弔いの話もニュースになりますが父が亡くなった10年前はまだでした。公共の墓地の抽選にも毎年落ち、たまたま来たDMと新聞チラシで巡り合うこととなりました。墓石には父の好きだった野球の道具が、生まれ育った故郷の城も水入れにデザインしています。親戚も知らないと思いますが墓開きでは本家の墓の土を一握り墓に巻きました。お墓に関しては少子化や死生観、墓地の不足などからいろいろな話が出ています。昔からネット上のホームページやブログも作者の思い作者の手を越えてを広く世界や時代に渡り伝える可能性を持つと感じています。管理維持の問題はあり簡単ではない話ですが、最近多い墓石への題字を見ると何か感ずるものがあります。

R1053659

2018年7月19日 (木)

DV-7研究会東京支部例会

暑い日でしたがヒカリエの隣のトート音楽院渋谷での開催しました。会員の作品上映評価、編集質問などたっぷり2時間充実した時間を過しました。

R1053656

来月8月は休会ですのでじっくり作品を練りましょう。

2018年7月18日 (水)

TU-8200電流測定ユニット部品セットの発送

資料のまとめや準備で2日かかってしまいましたが本日整い発送が可能となりました。

R1054305

4年前にやったことなので、もっと簡単にできなければいけないのですが。あらためてきっちりやっておくことの大切さ、日々の積み重ねの重要さを感じた次第です。

実家からの持ち帰り、そして残ったプロジェクトなど山積する中、週半ばになり、どんどん押してしまって今週後半もすでに用事が入った状況でどこまで好転するか・・・このままではいけないがんばりましょう。

★なおユニットの頒布ですがその後のお問い合わせはありませんのでこの2台でこのバージョンは終了致します。追加につきましては手持ちから部品構成が変わることになります。当方の手際の悪さから今回意外と時間がかかってしまいましたので今後の価格時期など予定は未定です。もしご意見ご希望があればお寄せください。

2018年7月17日 (火)

片付けと資料

平日ではありましたが、実家の片付けに行き資料を持ち帰りました。家でとってあったのでしょうか。最初の会社の採用など資料、はじめての賞与、2つめの会社への入社の資料など個人的な意味しかないようなものが一式、袋から出てきました。

以前から最初に入った会社で入った寮の場所などが気になっていました。当然その寮は建物も何も痕跡がないのですが、駅からその寮への道も変わってしまい、目標であった学校や公団も今は無くなって見当がつかない状態でした。

今回、入社時の行く事業所や入寮の資料があって、そこに住所や道順が出ていました。

それを頼りに当時の航空写真を捜し、上空からですが当時を感じさせる懐かしい風景を発見しました。

1975

現在の街並みと比べるとずいぶんと違います。

Photo

目標であった小学校はすでになく、途中にあった団地が小学校になっていました。

昔入社時も貰った資料でよく判りました。

R1054306

2018年7月16日 (月)

母の変更初通所

通所リハビリの母ですが、当人には厳しく楽しくないこともあって先月2か所のデイ施設を見学して決めて、いよいよ新しい施設に通所となりました。先週施設の方・ケアマネとの打ち合わせで諸手続き準備のお話いただきました。通う先も変わるとやり方や準備も違うものです。すでに通所は10年近くなるものの先も変わればやり方も変わり新たに持ち物を用意し、名前を書く・・母が自分の入学登校でやっていたことを今自分が母にするという状況です。新しい通所先では大丈夫か?・・・午後には戻ってきましたが慣れないところで判らない事も多かった様子です。父の仕事で転校の多かった自分も同じような心配をかけていた・・・と今あらためて思います。

R1054300

2018年7月15日 (日)

お年玉年賀はがきの交換

いつかやろうと思って忘れていることは多いものです。当選年賀はがきの交換も7月17日まで。この休みに見つけて、休み明けが交換最終日とは郵便局も考えております。

R1054286

昔から集めている方は切手も整理されると良いですね。交換してもそのまま、あちこちに散乱ということも多かったりします。整えてみると判ること、見えるものがあります。

2018年7月14日 (土)

TU-8200電流計測ユニット資料作成

エフェクタの試作も進みましたので休日1日をかけて説明書を作成しました。

これまでやってきた計測ユニットの出力管の電流を監視する1メータータイプを作っていただくための部品セットです。 供給電圧も計測する2メータータイプではありませんのでご注意ください。反面高電圧は扱いませんので安心できるところはあると思います。

説明は簡単なものですが作業に役立つところを掲載しました。

T82e6

お申込みは2名様ですが、これを機会に資料をまとめておこうと思いました。

TU-8200から線材を引き出す場所、使うパネルメーターの設定方法、ユニットの内部の動作と組み方を解説しています。

今回ケースは付属していますが寸法は考え穴あけ加工してただく他、資料を参考にTU-8200との接続構造はそれぞれに考えていただくことになります。ただケースは樹脂製ですので加工性は良いと思います。TU-8200からどう線を引き出すか、別構造にするかなどはそれぞれの方で考えていただくことになります。

It829

説明書に使った元図や大きな画像はCD-ROMに収録しました。それでもディスクの空きが勿体ないので、出力管の差し替え真空管アンプの設計に使うこれまで蓄積したデータを約600MB分収録、このディスクをお付けすることにしました。

It8208

部品セットの価格は送料別で3500円となりました。

手持ち部品の関係で、すでにお申し込みのあった方へ提供させていただきます。なお加工や落とし込みが必要で、組み立てるだけのキットではありませんことご容赦ください。

2018年7月13日 (金)

マルチエフェクタ試作その3

このところ通販で入手したデバイスにはじまり、次は部品箱にあったモジュール、そして最後もう1種類かねてから未試作のICがありましたので、これで3つ目のマルチエフェクタ試作です。これはモードは8つと少ないのですが、ポット(ボリウム)が3つ有り効果を可変できる点がこれまでの2つのICと違う点です。モードが少ない分、細かいバリエーションが得らるところが特色になっています。また電源電圧は3.3Vと低いですがクリップのLEDが付いて知らせる機能も面白いところです。今週も母関係や家の用事、DV-7サポート関係でもいろいろあってなかなか作業時間は取れませんでしたが、何とか週末までに形にすることができました。いずれもDSPタイプでリバーブ効果が得られる点が共通したところです。

R1054285

2018年7月12日 (木)

実家のかたづけ

先週末は七夕があって行けなかったので、平日でしたが早朝出ると吉祥寺も雨。現地では大変強い雨が1時間以上も降って、交通が心配されました。まだ置きっぱなしの機材や材料も多く、有効を活用をはかるために持ち帰りました。

R1053642_3

帰るころには雨も上がり、吉祥寺に戻ると母の通所先変更に伴う諸手続きが待っていました。来週月曜からは先日見学した新しい通所先にいよいよなります。

2018年7月11日 (水)

コンパクトカセットテープの出品

実家や家に残っていたテープ、一時代を作ったカセットテープですが、エアチェックやLPレコードのバックアップ、ウォークマンで聴くためのダビングなどにお世話にな懐かしいものがあります。そのパッケージデザインもいろいろで実用性から遠くなってもコレクターの方がいらっしゃるのも判る感じがします。見てみるとテストテープやサンプルなども交じっていましたので、オークションに出品することにしました

R1053639

2018年7月10日 (火)

TU-8200計測ユニット部品セット

手持ち部品で揃いました。部品セットなのでケースの穴あけなど実装はケースバイで。あとは資料ですがどの程度のものが必要になるでしょうか。

R1054279

なかなか時間がとれず、資料部品などあったはずが見つけるのに時間を要してしまいました。

まだ部品はあったと思います。どこまでお応えできるか手持ち部品で何セット分作れるか調べてみましょう。先着順になりますがご提供致しますので希望の方はコメント欄からお願いします。

製作は運用は各自の責任でお願い致しますが判らないところにはお答えできると思います。値段の方は部品入手時から計算しますのでお待ちください。

ケースは樹脂製ですので加工はし易いと思います。もちろん自分なりのケースに入れて頂くのも良いと思います。ユニットを切り離し式にするかワイヤーをどう引き出すかは工夫のしどころです。セットにはDINコネクタ・プラグ(おまけ)をつけますがTU-8200のシャーシへの穴あけはそう簡単ではないかもしれません。電流計測だけなら外部電源でやり取りはワイヤー3本なので工夫はできると思います。真空管アンプの拡張ながら計測電圧はグランド基準でかつ高電圧ではありませんし、インピーダンスは非常に低いのでノイズの原因にもなりにくいと思います。ただ自動バイアス・過電流保護検出部分なので配線の誤りは動作に影響しますので注意が必要です。反面正しい配線ができればインピーダンスは低い部分で計測ユニットをつなぐ影響は小さいと思います。

DV-7HDメンテナンス

各地で被災されている皆さまお見舞い申し上げます。

九州のユーザーさんからも1日遅れで本体が届きました。時間をかけ不要ファイルや設定を確認させていただきます。

R1054274

3台並びましたが、左がご依頼の機です。HDDの空きスペースは思った以上に空いていますがご心配もあるようです。

2018年7月 8日 (日)

宮本亜門初演「ゴッドスペル」録音テープ見つかる

昭和50年12月21日、玉川学園高等部に在学中の宮本亜門氏が演じた伝説の演劇その録音テープです。

R1054266

当時大学生であった自分は学内外の音楽関係のクラブから頼まれて演奏会などの録音をしていました。高価であった録音機材を購入するために、アルバイトとして家庭教師をしていましたが、その中に兄弟が玉川学園高校の演劇部に所属する教え子がいました。そんな訳で、ナカミチの録音機DT-550とソニーのマイクのECM-23でその演劇発表を録音したのがこのテープです。当時演劇部の方に何本かコピーして差し上げた記憶があります。

R1054267

パンフレットの裏面に教え子の名字と指定席番号の手書きが残っています。やはりご招待
だったんですね。2日間の公演であったことと、パンフレットの記載から学園祭の演目であったことが判ります。

R1054268

宮本亜門氏はピーター役で、振付の筆頭で名前が出ています。

録音内容の方は20年以上前に確認していますが、久々ですので機材のチューンナップしてから行いたいと思います。

R1054269
演劇のもとになった資料は英語の楽譜だけだったそうで、日本語の歌詞をつけ、エピソードを作り、踊りの振り付けをしたと演劇部顧問の先生のあいさつに書かれています。

今でも、40年前以上前に視聴覚教室で見た演劇の感動・驚きを思い出します。

2018年7月 7日 (土)

懐かしい七夕の集まり

小中学校時代の集まりで、毎年やって今年で23回目、この七夕の時期に開催しています。中学を卒業からもう約50年、この頃は定例メンバーになっていますが、それでも何年かぶりの友人が来ればまたいろいろな話題があります。あらためこれまで参加していただいた方々に感謝するとともに長年会場を提供してきてくれた友人にも感謝します。

R1053615

なかなか忙しくて参加出来ないメンバー、ある時期来て今は来てくれない方々いろいろですが、数年に一度の同級会の組織化にもつながっている会でもあり、その会の開催もそろそろ近いでしょうから、準備特に連絡関係の整備をして行かないといけないと思います。

集まったメンバーとは明るくいろいろと話せましたが、皆苦労や工夫や努力があってことで改めて教えられる会で、1年1回続けることの意味と参加に感謝する次第です。

2018年7月 6日 (金)

吉祥寺花仙堂のランチ

R1053611

母の近くのクリニックへの通院後、久々の訪問となりました。季節のスパでは冷たいものも登場、いよいよ夏本番です。

2018年7月 5日 (木)

マルチエフェクタ試作

先日、通販店で発売となった一連のマルチエフェクタチップでエフェクタを作ってみましたが、部品箱にはプロジェクト企画としてとってあったモジュールがあったことを思い出し、組んでみました。今週はDV-7関係の月刊・新刊の制作と生産発送作業があって時間がとれていませんでしたが、貯めてあったところを一気にやって行きましょう。

R1054217

これもずいぶん長いこと部品箱に入っていたのですが、設計し組んでみればあっと言う間の感じです。どんどん前に進めないといけないと思いました。積み残しの荷物がずいぶんあって重荷になる、どんどん結論を出して身も発想も軽快にしていかないといけない、まず行動が大切と思います。作業時間がとれないと逆にそれが判ります。

7月の新刊「テクニック7」リリース

週末の七夕の会もあるので制作を繰り上げ、本日完成しました。今回はずらさない編集。そして夏編集です。編集でのずれの原理と対策、ずれない編集について解説。今回どうしても長くなって59分となりました。ご予約分より先行発送させて頂きました。到着までもうしばらくお待ちください。

R1054216

2018年7月 4日 (水)

学研電子ブロックのシンセサイザー回路

かねてからの休日向けテーマでしたがやっております。

R1054212

電子ブロックのEX-181はシンセサイザーユニット搭載モデルでした。EX-150がベースでしたが、シンセサイザー部分は独立的な存在でした。本来のシステムを利用してはいたのですが完全独立させてても無理はなかったはずです。復刻ではこのシンセサイザは含まれず、IC入手が難しかったからともされているよう聞きました。しかし部品では入手できました。EX-181のような組み込みではなく、専用化してしまうことで組んでみました。電子ブロックのベースなしで音の出る構成です。もう何年か前に思いつきそのままになっていました。

2018年7月 3日 (火)

月刊DV-7研究2018年7月号発送

更新されたサイトのサポート終了情報を詳しく解説して特集としました。ユーザー登録に関してのQ&Aも加えました。今月から、いよいよサポートなしですが、それに合わせメーカーで用意してくれた情報をより多くの方に利用、理解して頂こうというものです。当初、新刊で扱う予定のところ月刊でやることにしました。そんな訳で1日も早くということで本日発送しました。到着までもうしばらくお待ちください。新刊は好評のテクニックシリーズ7を準備中です。

R1054174

2018年7月 2日 (月)

月刊DV-7研究2018年7月号制作

6月30日を持ってメーカーのサポートが終了しました。今月号は更新されたメーカーの製品使用情報について詳しく解説、特集としました。DV-7G/HDはガイドとして詳しい解説ページがあります。今回のサポート終了についての内容や、個人メンテナンスに必要な情報で更新されましたので、実際の画面を見ながら理解できるような内容としました。この理解はこれからの使用には必須となるからです。本当は先月の新刊の続編としてまとめる予定でしたが、メーカーサイトが更新中であることと、先月の新刊であるガイドDVDの出る数あまり伸びなかったことが原因です。せっかくの情報が一部の方だけ止まってしまっても残念なので月刊での扱いとすることとしました。日曜から制作を開始しました。マスターディスクのライティングでトラブルがあって90分ほどの遅延がおこり、月曜夕の発送は断念しました。

R1053600

«実家の清掃片付けと持ち帰り

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ