無料ブログはココログ

2018年9月21日 (金)

雨の中、亡父の墓参

自宅から4kほどのところです。お彼岸ですので雨の中参りました。

R1053854

来月89歳になる母もベランダで育てた草花を持っての墓参となりました。この墓地も来るたびに墓石が増えていますが、我が家と同じピンク色の石にお花を彫ったものをいくつか見かけるようになりました。

2018年9月20日 (木)

新オシロスコープ導入

最初のオシロスコープはリーダー電子の後段加速型、社会人になって貰ったボーナスで買ったもので、当時20万円近く。40年たった今でも、これが可動しています。パソコンベースのユニット接続型は10年以上前と思いますがケンウッド製、これはデジタルストレージオシロとして執筆でも使っています。工作の修理用に秋月電子のキット組立も活躍しています。ということで4台めのオシロスコープですが、今のまとめ作業の効率化という名目で導入となりました。2万円半ばで今は購入できますが、外部同期をかけたいので3万円のモデルにしました。パソコンソフトもついており連携もできました。

R1054504

直感的なパネルのモデルを選んだのでオシロスコープの使い方を知っていれば日本語取り説なしでも使えています。

2018年9月19日 (水)

プロジェクト

昨年の夏前から1年プロジェクトまとめをやってきました。少しですが先が見えそうになってきました。ここに新たに始めたものをまとめ、見直して形にしはじめました。ということで、今月の研究会はお休みをさせていただき月末まで作業に集中させて頂くことにしました。

R1053853

2018年9月18日 (火)

松本市立田町小学校のページ更新

1963年に統合のため廃校になった小学校です。現在の開智小学校です。

だいぶ前に「松本市教育百年史」という資料を入手しましたが、これをもとに更新しました。

廃校統合が決まり、そのステップの断片が読み取れます。

自分が転校した1962年7月には生徒父兄は知らなくて当然のようです。自分は統合後、級友の手紙で知りました。転校しなくてもその学年が田町小とのお別れであった訳です。

1963年の1月頃、3月の廃校の説明があったらしいと思っています。

R1054501

こちらがホームページです。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page010.html#label8

2018年9月17日 (月)

「まだある」

昔懐かしいものでも現役という製品は多いものです。今回このシリーズの本が5冊で500円、1冊100円だったので、資料として買ってみました。最近は本が安く、本体1円で送料257円というものも見かけ、何か複雑な思いますもします。

R1054503

ざっと目を通すと懐かしいものが沢山。でも1970年代となっているものが多いのですが、記憶では60年代からあるはずのものもあって商品はリニューアルもありどこを原点にするかなのでしょう。ただそうした疑問も当時を知るか知らないか変わって来るところで書籍ともなるとリサーチが難しいだろうと思う次第です。

2018年9月16日 (日)

1960年代のラジオ技術

当時近くの本屋にはオーディオの技術誌は並んでいなくて、手にしたのは駅前の古書店でした。友人の初歩のラジオを見せて貰っていた頃でしたから世の中には難しい本があるものだ・・・まだ中学生でしたので当然と言えば当然でしたが。今読んでも読みごたえあります。当時は真空管からトランジスタへ、マルチアンプがマニアへの道でした。超低音モノラルの「3D」もあったことを御存じない若い方も多いかもしれません。3Dというと立体再現を思いがちですが、当時は指向性の薄い超低音はモノラルで済ます、超低音をモノラルで追加する・・・サブウーハー的な考えは50年以上前からあるものです。専門オーディオ店のサイトでも70年代後半などと書かれていますが、ラジオ技術などマニア誌では60年代のことでした。

Img_2369

ラジオ技術は大学で入ったクラブの2級上の先輩が製作記事を連載していたこともあって思い出深い雑誌です。大学時代ご自宅を訪問してアンプやスピーカーの圧倒的な音を聴かせて貰ったことも大きな指針となりました。

ラジオ技術も後年入手した余剰分はオークション出品で処分することにしました。

2018年9月15日 (土)

同期会の案内とご返事

発送した案内状が届いて御返事が届くようになりました。しかし返送されてくるものもあって、メールで情報をいただくよう呼びかけました。4名ほど情報をいただき再発送しました。

R1054500
御返事は出席もあり欠席もあります。11月ですからイベントも多いかもしれません。出席されたことがない方には敷居が高いかもしれません。また会費のほうも安いものではないと思います。しかし4年に一度のこと、このチャンスを再会にご利用いただければとおもいます。

2018年9月14日 (金)

実家から持ち帰ったもの~生録本

R1054498

1960年代後半から人気の出たテープオーディオ。1970年代に入るとカセット機器の性能も上がり、製品バラエティーも上がり可搬性を活かしたデンスケも登場しました。テープの利用には当時人気の出てきたFM放送のエアチェックはもちろん、音楽演奏の録音、野外録音などいわゆる生録ブームが巻き起こります。時代は猛烈からビューティフルへ。公害の都会から自然への回帰の時代背景もあったのかもしれません。自然だけでなくSLの廃止など残したい音源も沢山ありました。様々な音を残すにはノウハウも必要。それだけに、いろいろな雑誌・書籍も刊行されました。ダビング編集では音質劣化がありましたからオープンテープでは直接テープを切り繋ぐ編集も有り、当然その実際も掲載されています。そしてテープゆえの音加工や擬音・効果音づくりもこのころ身につけたものでした。今思うと演奏会の録音や自然界の録音・テープベースのサウンド創りなど、この頃の体感は音響全般に幅広く生きています。

2018年9月13日 (木)

ストークさんから誕生祝いのお花到着

お食事宅配便のストークさんから届きました。

R1054484

毎年いただきますが、今年は色が濃いようです。

ありがとうございます。

2018年9月12日 (水)

山本有三記念館で企画展

三鷹の上水沿いにある記念館は50年前小学校の同級生の家であって、友人たちと遊びに行ったことがあります。山本有三さんのお孫さんということであった訳ですが、担任の指導で画を書いて手紙を学級で送ったら有三先生からお礼に皆本をいただいたこともありました。お庭は広く池もあったりの庭園で同級生には驚きの世界でした。この秋には小中学校時代の同期会があるのですが、あいにくご住所も判らず再会できないのは残念です。

R1053844

2018年9月11日 (火)

60年代 少年サンデー入手

1964年の年末の3冊です。62~64年の夏まではだいたい持ってますが、年末特集に備えて入手しました。

R1054502

51号は伊賀の影丸の話を覚えていたのでたぶん昔持っていたのではないかと思うのですが。特集は「真珠湾攻撃」の号でした。表4のサンダーボーイは懐かしいですね。

2018年9月10日 (月)

実家の整理で見つかったスクラップ記事

懐かしい記事です。1999年の日経新聞でした。20年もたつとこの市場はそのまま年齢がシフトしています。この記事は時代的にメーカーのノンリニア編集専用機登場前夜というところです。写真に写るデモネタは自分のものですので懐かしさは増します。ユーザークラブのことも書かれていますが、今でも活動されているのには敬意を表します。メーカーは製品だけでなくサポートも本年終了しました。ユーザーさんはいるので当方のサポートは本日もありました。

R1054463

2018年9月 9日 (日)

実家の庭の掃除

この夏はいつになく雑草が群生しましたが、いつもの造園屋から連絡もなかったので自己流で始めました。前回から1週間でもまた増えているのには驚きます。鬱蒼と茂ったジャングルのような姿でしたが、何とか形がついて来ました。

R1053834

2018年9月 8日 (土)

産経学園上達ビデオ講座

7月が台風で休講、8月が会場の関係で本日となりました。そんな訳で久々の講座となりました。1)音声加工が必要な時 2)音量変化を与える音声効果の使い分け 3)4画面合成配置での正確な位置の合わせ方 と言ったところがご質問でした。音量レベルで出て来るデシベルの考え方など専門的な話もでました。

R1053825

2018年9月 7日 (金)

歌仙堂 昼ランチ

9月に入って、夏のメニューから変わっていました。月刊の制作発送、新刊の制作、同期会の名簿確認、案内はがきの制作発送と作業が続きましたが、何とか終わってほっとする週末、家族と待ち合わせランチとなりました。

R1053822

2018年9月 6日 (木)

同期会~案内状の制作

DV-7関係の作業を繰り上げましたが、トラブルサポートもあって、開始が少し遅れましたが、4年前のデータを修正し、使っているフォーマットを直して印刷に入りました。まず1回目の発送は150ほどになりましたが、転居先不明などで少しづつ減っています。今回は開催時間を少し早く出来たこと、告知時期も繰り上げていますので参加は少し増えると期待しています。前回からはプリンタが新しくなっており、印刷の送りミスも少なくなっています。

R1054462

確認を行ってから投函となります。さてどのくらい参加があるのか、往復はがきを折ながらみると最近しばらく来ていない友人もあって、今回はどうか・・・と思うところです。4年に一度なので今後何回機会があるかというのもあります。今回は開始時間も繰り上げましたのでより多くの再会があって欲しいものです。個人的に会える再会もあるでしょうが、同期会だからこそ会えるというのも楽しみでしょう。

2018年9月 5日 (水)

DV-7活用DVDテクニック9リリース

今週は同期会の案内状発送があるため、新刊制作を早め、本日リリースとなりました。確実編集ということで、環境整備の仕方の実例をとって解説。ひながたプロジェクトの作り方も紹介しています。そしてもう1つは背景に融け込まないタイトル・テロップの確実で上品な目立たせ方を説明して53分になりました。

R1054449

2018年9月 4日 (火)

月刊DV-7研究2018年9月号発送

48号ですから4年間毎月発行したことになります。今月そのあたりのお知らせや、本年の目次索引作りの作業もありました。台風が来ていることもあって先行することとなりました。

R1054431

今回の号では30分をかけ、10月から1年の取り組みについて説明しています。5本の柱で連載して行きますが各回の内容を半年分以上を考えるなど時間をかけました。10月号からは内容を一新しますのでご期待ください。

2018年9月 3日 (月)

グループサウンズ歌集

オークションで無競争で入手。少年の付録は確か持っていたはずのもの。他は平凡の付録。当時を知っている方なら1967~68年のもの・・・とだいたい判ると思います。グループサウンズ時代はそう長くなかった・・・新春ヒットポップスの方は表紙がピン・キラですが、収録している歌の大半はGS曲。青い鳥、廃墟の鳩に始まって・・・フォークルの「青年は荒野をめざす」、フォーセインツの「小さな日記」なども入るのは当時の音楽シーンそのものですが、フォーリーブスも収録されるのが平凡の付録でしょうか。巻末は後に湯原正幸で有名になる雨のバラード(スウィング・ウェスト)だったりします。しかし、表紙のピンキーとキラーズの曲は収録されていないような。

R1054438

2018年9月 2日 (日)

月刊DV-7研究2018年9月号制作

土日ですが、次週は同期会の名簿確認と案内発送がありますので、まずDV-7研究関係の作業を先行させようと思いました。今回が4年目の最終号で次号からは5年目という48号です。はじめてみるとご要望のあった次年度予告が思った以上に濃い内容で時間がかかっています。この1号でこれから1年を紹介する訳ですから。

R1054110

«TMSコンペの入賞楯が来ました

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ