無料ブログはココログ

« 長野体験セミナー | トップページ | 江戸東京博物館 »

2006年9月22日 (金)

HDVはどうなるのか

ビデオサロン2006年10月号のAVCHDの記事をご覧になりましたか?

Salon2006101

「HDV規格は所詮、技術の過程だった・・・」の記事はちょっとショックですか?

だいたいはセミナーでお話して来たところですが。

「HDV規格は所詮、技術の過程だった・・・」の記事はちょっとショックですか?

昨年の夏にはその一端を聞いておりましたが、私はこれまで言葉を選んでお話をしてきました。

ハイビジョンもHDVが出て、カメラが安くなり、編集ができれば・・・

終わり・・・ではなかった・・・これからがスタート。まだまだいろいろある。DVでデジタルになったときとは違う・・・ということです。

Salon2006102

あせらず、勉強して行きましょう・・・ということかと思います。

AVCHDの高圧縮。これもそれなりの落とし穴はあると思います。(処理の重さ・画質)

■60年代懐かしの宝箱 ホームページ(ビデオ、ハイビジョン情報も有り)

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

« 長野体験セミナー | トップページ | 江戸東京博物館 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDVはどうなるのか:

« 長野体験セミナー | トップページ | 江戸東京博物館 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ