無料ブログはココログ

« 70年代も良い | トップページ | パソコンはどうなる2 »

2006年10月26日 (木)

印刷物の制作

最近はセミナーや、デモンストレーションなどが全くない季節で、ただただ毎日、印刷物の制作作業です。
実はもう30年前、学生時代に1年近くそんな仕事(大手出版社で雑誌取材・データ書き、編集全般)をやった経験があって、デスクや嘱託から基本からとことん教えて貰い、メーカーの就職が決まらなければ、ある新聞社の出版部に入っていたかもしれない・・・
その時教えてもらったのはロジカルな印刷物の作り方だった。誰のために、何のために、そのためには、どう構成して行くか・・・

それは方法論を超えて、信念、主張に近いもので、今凄く感謝している。幸い、仕事の傍ら、雑誌や本など書く機会が20年以上続いて、教えて頂いたものを磨き、育てることができた。
ただ、今考えると、当時自分は学生ながら、第一線の環境の中にいたということで、プロの現場、個性的な人々、また刺激の多い職場であった・・・

Goroimage3

今思うと本当に感謝する次第な訳です。たとえばイラストレーターの及川正通さん、写真家の篠山紀信さんらが出入りしている編集部でした。30年近く前、オーディオ・ブームということもあって、定期のオーディオ・ページの編集ではありましたが、学生ながら毎日プロの仕事の数々を見せて貰いました。1年でしたが思い出や貴重な経験が数々あります。

« 70年代も良い | トップページ | パソコンはどうなる2 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印刷物の制作:

« 70年代も良い | トップページ | パソコンはどうなる2 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ