無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

ビデオ・フェスティバル準備

今回はいろいろな方にご協力を頂く関係から、
打ち合わせ、そしてメールのやりとりなどが続いている。

映像ファンにとってはどんな作品が受賞するか?それがまずあると思う。
今回はそれだけでなく、会場自身を映像仲間の広場にしよう・・・とでも言おうか、皆さんが日ごろ使うハイビジョンのカメラを使って、
ハイビジョンの収録・中継に挑戦する。

リーダーはHDVハイビジョンブログでお馴染みの浜谷氏である。
すでに早速、その計画・準備が御自身のブログに掲載されているので是非ご覧頂きたい。

Br0011897

画像は会場となる秋葉原UDX。

なおビデオフェスティバルは入場登録制で、登録なしで行くと満員の場合、会場に入場できないことがある。必ず、早めに登録されることをお勧めしたい。

2007年1月28日 (日)

産経学園ビデオ講座

本日から、横浜の江田さんが体験で参加ですが、そのまま入会され本受講となりました。2時間かけて渋谷まわりでいらっしゃる。
新宿まわりより時間はかかるけれどどこも始発駅になるので電車は座れる可能性が高く、楽に来られるのですね。

Br0011956

講座はまず、1時間かけて、DV-7の種類とできること、そしてハイビジョンの種類・対応を撮影→編集→記録・配布→再生上映
のプロセスで細かく解説しました。この半年での流れ、機材を選ぶ上でのこの1年の予想など。

Br0011953

ちょっと休憩。いや驚きました女性二人はエディロールR-09を所有、ご持参です。
簡単にDV-7での使い方を紹介。いやたいしたものです。

Br0011955

今日は、ストーリーボードでの編集、タイムラインでの編集、編集の簡単効率化、ハードディスクの運用方法・プロジェクトのコピーを実演でやりしました。
こう書くとボリュームありますね。最後に谷さん作品を全員で鑑賞。あとは解散なのですが個人質問が続きました。江田さんから早速宿題を貰いました。

産経学園事務局からですがホームページが更新されていなかったようでお詫びです。
10月から講座は第4日曜日に変更になってます。第2は古いデータです。
ということで、来月はさらに増えるでも6人程度の少人数制の楽しいものです。随時、入学可、見学歓迎です。
無理なく、ビデオが上達する、DV-7編集が活用できる講座です。

さて、本日の吉祥寺TAKNANOは早くもバレンタイン予約となっておりました。

Br0011952
我が家のケーキのチョイスは、あいかわらず紅ほっぺ苺のパフェとショートケーキ。
シトラス特集は妻がだめなため、連続でメニュー変わりません。
トライパフェは紅ほっぺだけでしてたが、昼ごろ、あまおう苺パフェが出て参りました。3つの中でおすすめはやはり紅ほっぺですね。

2007年1月27日 (土)

土曜の午後

朝から自宅で仕事である。台本作りのような仕事は集中しないとなかなかできない。
本日は吉祥寺TAKANOのスリーベリーパフェが3点揃っていた。
紅ほっぺ苺・とちおとめ苺・あまおう苺である。

Br0011889

さて、こうした時は音楽が効率を決める。
丁度、SONYのCDクラブが届いた。こうしたことで仕事でもとても気持ちの良い週末になる。

Br0011951
その1 ジョージ・ベンソン Hits of all
その2 レイモン・ルフェーブル(2枚で100曲のノンストップ版)
その3 ブルーノ・ワルター ベートーベン運命/シューベルト未完成

1は説明はいらない機嫌。2はイントロ当てクイズに。
3は1960年代にはじめて買ったアルバムのCD版である。
この曲のカップリングは日本人が大好きでいろんな指揮者であるが、やはり聞き馴染みがのはこれ。1958年の録音である。

そしてこれが聞いているオーディオ装置

Bimage101
 スピーカーボックスの大きさは約400リットル。マルチアンプ(バイアンプ)でパワーFETアンプで左右合わせ8チャンネルアンプ。チャンネルフィルター入りのもちろん自作。ミッドレンジはJBLのLE-8Tなので、1発でも鳴らせる。深夜、管球アンプ2A3シングルでも鳴らせる。
 一見JBLのシステムに見えるけどウーハー(低音用スピーカー)だけは38cmアルティック製。A-7で使われたユニットと言えば、若い方でも伝説的に知っているだろう。中高音はJBLの組合せ。
 古いものなので、磁石はアルニコ、今では大変貴重な素材である。もちろんBOXは自作である。
しっかり当時のJBL+アルティックの音がする。

 という訳で書きものに専念・・・

2007年1月26日 (金)

準備の日々

準備の日々

本日は社内準備のあと、
日本を代表するVJアーティストのVJマサルさんのところへ
ビデオフェスティバルのオープニングCGを今回もお願いしたのである。
作品は本番の冒頭をお楽しみに。
下はマサルさんところの猫さん。

Br0011938

人懐こく膝に乗って来た。打ち合わせ中しきりと取り付いてきた。
青山に移動

Br0011940

今回のビデオフェスティバルはハイビジョン収録を行う。
担当していただくのはHDVハイビジョンブログでもおなじみhamaproさんである。
ということで収録スタッフの方々と青山で打ち合わせである。

Br0011942

ここでもマルチフォーマット・コンバーターVC-300HDの話で盛り上がった。
本番よろしくお願いします。

2007年1月25日 (木)

VISTA発売近し

ラジオでは毎日のようカウントダウンがされている。
すぐにどれだけの一般の方が導入されるか?
導入できる状況になっているかはわからない。

検索なども便利・高速になることは間違いないが。
どんなに便利なろうと、
使う人間の頭と気持ちが整理されていなければ問題外である。
もちろん道具さえ良ければ、全てが解決されるという方は別であるが。

2007年1月24日 (水)

「エレキジャック」創刊

電子工作本「エレキジャック」があの電子技術関連書籍の老舗CQ出版から創刊されました。

Bimage1
工作本はこれまでいろいろあったのですが、ついに!という感じしませんか?

Br0011933

創刊をお祝いして冒頭1ページ目の「創刊にあたって」を書かせて頂きました。

Br0011934
自分の作品が雑誌の表紙になったり、表紙に材料を提供をさせて頂いたことは何度もあるのですが。
創刊の1ページ、それも創刊にあたってなんてのは。
この雑誌も大きく育って行ってくれれば・・・と思います。
工作ファンは応援をしてくださいね。

書いた記事ですが関連がホームページにあります。

降って湧いたお話ではなく、この雑誌社さんとは公私共に25年のお付き合いです。
いろいろ記事を書かせてもらいましたが
この雑誌社さんとのお付き合いが無ければ今日の自分はないでしょう。

2007年1月23日 (火)

ビデオα2月号

ビデオα2月号発売になりました。

Br0011929

テクニカルリポートの記事書きました。

Br0011931
マルチフォーマット・コンバーターVC-300HD
究極のスーパーコンバーターです。

Br0011930

製品の発売が楽しみですね。詳しくはビデオα買って読んでください。

そして同じ号に、hamaproさんが書いておられます。
昨年も、同じ号だったですね。

Br0011932

ということでこちらも買って読みましょう。

2007年1月22日 (月)

中央線に新車投入

60年代で言えば、オレンジ色101系から、そして長らく201系が使用されている。
それにしてもこの黒いつり革は落ち着かない

Br0011894

2007年1月21日 (日)

日曜日の午後

 年末・年始も更新らしい更新もできず、オーディオ・プロジェクトも遅々として進まない状況ではありますが、今の会社に入社して20年、社会人になって30年という新年を迎えて新しい気持ちになっております。
やはり、混沌とした時期こそ整理は必要。すっきりした気持ちから全てが始まるかと思います。
 何事も見直しを必要で、冷静な、感性の目で見ると見えてくることも多いようです。方針を決めることが必要、納得するということはきっちりとしたもの、事ができるように思います。

R0011721
「真空管の宝箱」コーナーを開設しました。構想何年になるのか?今回整理するだけでもずいぶん時間がかかりました。すでに御評価など頂き、はじめて良かった・・・と思っております。

60年代 懐かしの宝箱

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

2007年1月20日 (土)

土曜の午後

吉祥寺の週末は混むので、買い物は午前に決めている。
本日は早めに食事して丁度昼に買い物に出ることにした。
買い物をすませて、ユザワヤへ。撤退は噂のようであるが、この2,3年取り扱い商品や売り場は大きく変わった。
自分の専門分野で言えば、品揃えも悪くなった。鉄道模型も以前は今の3倍も品物・売り場はあったと思う。
対応に関してはあえてここでは言わない。
それにしても、ユザワヤの出店で、のきなみ地域の模型店は閉店に追い込まれた。
しかし、残ったユザワヤが縮小してしまってはいったい何であったのか?
専門の品揃えは避け、量販の品揃えで行くようであるが、3月出店予定のヨドバシもホビー関係をやれば、
量販どおしの競争となる。

さておなじみのケーキであるが、
吉祥寺TAKANOはバレンタインシフトを引いており、大きく変化はない。

Br0011890
気づくとショートケーキの背がさらに高くなっていた。

Br0011891
おすすめとしては既出の紅ほっぺ苺のパフェ、大納言・抹茶・イチゴ・クリームが微妙にバランスする。

2007年1月19日 (金)

ビデオフェスティバル

2月3日の第4回エディロール・ビデオフェスティバル
昨年に引き続き、円城寺佳子さんにお手伝い頂くこととなった。

打ち合わせ、そしてスタッフでお食事。
さて、今回も頑張りましょう。

Brimage71

何やら携帯で撮影、どうもご自分のブログにアップされているようで。

Br0011868

今回のビデオフェスティバルは会場の関係で
事前登録が必要です。お早めにお申し込みを。

ホームページにも関連有り。ご覧ください。

「60年代 懐かしの宝箱」

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

2007年1月18日 (木)

3面マルチのシステム

   質問があったのでお答えしておこう。
昨年のInterBEE2006のローランドのブースでの映像演出である。

Br0011126_1

 たぶん、全会場内でもっともワイドな映像演出であったと思う。
4:3スクリーン3台を横につないだ、12:3画面。

Br0011129_1

これまで、ハイビジョン対応のミキサーV-440HDを3台連携したものであったが、
今回はV-440HD1台と新発売となったV-44SWを2台を連携したのが新しい。

Br0011134

ソースとしては、SD、HD、そしてパソコンのRGBどれでも対応、
ミキサー・スイッチャー3台が連携されるので、ソースとしての分割素材は準備は不要。
カメラの映像を入れればリアルタイムに横長3面に展開する。

Br0011131_1

 この時用意した素材は、HDVカメラ、SDの映像素材のリアルタイム・プレゼンター、

ビジュアル・シンセサイザーCG-8(RGB)、パソコンRGB(1280×768)
とバラエティーに富んだものであるが、
これらを、シームレスに任意のアスペクト比で送出できる。

Br0011141

 V-44SWは2Uラック・タイプなので、コンパクトなセッティング可能。
V-440HD2台を置き換えることで、スペースだけでなくシステム価格で80万円は安くなる。

いずれにしても、このワイド映像は見るものの視覚に大きなアピールを与えることができる。

詳しいスペックなどはサイトをご覧ください。

http://www.roland.co.jp/video/video_mixer/V-440HD_detail1.html

この時はキャノンさんのご好意で、HDVカメラをお借りできた。

Br0011135jbpg

従来では予め、3面分に当たる、左、中、右の映像を別々に作り、同期再生するという
時間、コストのかかるところ、リアルタイムという一気に可能性を広げた訳である。

2007年1月17日 (水)

ホームページ1年

早いもので1年を迎えることができました。
ありがとうございます。

本年はより広く、深く広げて参りたいと思います。
まずはオーディオあたりから。
在庫しております真空管の整理をしながら

Br0011855
真空管のデータベースを作ってます。
オーディオを昔からやられている方には懐かしいかと思います。

2007年1月16日 (火)

ビデオくんクラブ例会

久々です。
今回は新製品のご紹介だけですがやらせて頂きました。
(画像はその昔の懐かしいものです。)

Vk

1ヶ月1回、編集などテクニック、機材の知識など
をテーマに100回ほどやったでしょうか・・・

今回の新製品は
HD対応のミキサー、V-440HD Ver.2.0 定価138万円(税別)
HD対応のスイッチャー、V-44SW 定価98万円(税別)

オーディオ関係として、R-4Proをご紹介致しました。

2007年1月15日 (月)

ウィンドウズVISTA

新聞でも話題を振りまいているが発売は1月30日。
これは判っていたところであるが、報道によると日本では一般に冷静な反応。
先日の復活AKIBAXでも、VISTAばかりで、そのために復活させたというのも過言ではない状況であった。

実際、自分の友人を見てもいまだに、Win98、2000を使用している人もいる。
たかだか2年で今のXPから乗りかえる・・・というメーカー指導的な考え方もまず無理な話で
日本に限りサポート期間を延ばす・・・ここに来てあまりに常識的な話。
そんなことは日本のマーケティング担当者なら極普通に判る話も上には理解されなかったのかもしれない。

VISTA移行へのチェックサイトも出来るようで、自分のパソコンの適正が判断できるようだ。

ちなみにこのブログをご覧の方のOS比率をご紹介しよう

Image75

総訪問数           (1853中)
XP         80.7%
2000          7.9%
MacPowerPC    5.8%
ME          2.6%
98           1.3%
MacOS-X       0.6%

ブログ話題は映像系が多いのでXPやMacユーザーは一般より多いはずかと思う。

2007年1月13日 (土)

土曜の午後、映像のはなし

ハイビジョンはいかがでしょうか
この1、2日薄型TV話題でテレビでも騒いでいます。

Br0011826
SEDは本年発売も、キャノン独自でなんとか実現とか。
テレビの報道でも、SEDを今後の本命と捉えて話ですね。
言っているところは量産が2008年のオリンピックに間に合うか?
結局はデジタル化に向けてで、ハイビジョンの真髄が見られる・・・
どうでしょうか、この1年お話続けたところ、TVなども本日同じ事を語っているのです。HDをどう考えるか?そう簡単に結論が出ないこと、
でも、日々が有り、過去が有る、それをどうするかという現実、そして将来。
それぞれ考える必要がある。でも前者は確実な答えがあるけど。
それに答えを出さないで不自由な状態なのは少し悲しい。
「今更SD?」どこかのセミナーで言われましたが、
この現状もうお分かり頂いていることと思います。

ということで面白くなりそうなこの1,2年、ビデオの話題はブログでも盛り上がりそう。
また続きはセミナーでお話しましょう。(産経学園なら毎月お話してます。)

さてここでケーキでお茶を一杯

おなじみ吉祥寺TAKANOのケーキです。
ただいまシトラス・フェア、妻が柑橘類に弱くパスしてます。

Br0011829
月末まで「トライ・ベリー・パフェ」

Br0011827

注目は@紅ほっぺ苺のパフェ
中身は大納言クリームと抹茶ムースという意外な組合せ

Br0011828

とりおとめ苺のロワイヤル
こちらは再掲になりますが、最近温度のせいかクリームがしっかり格段苺とあって美味しいです。

2007年1月11日 (木)

SONYのビデオカメラ、海外で続々発表

米国CESで、SONYがビデオカメラの新製品を多数発表した。
その全てが日本発売になるとは思われないが、
HDVも、テープも健在、DVDやHDDのカメラも多数出てくるようだ。
ブラビアで推進してきた色空間をサポートする機能も付くようだ。

HDVはHC-1、HC-3と来たわけであるが、米国ではこの後、
HC-5とHC-7が用意されて、ランナップ化されるようだ。

Hdrhc5_3q_v1_med

これまでのHC-3は小型化された反面、アクセサリーや諸機能(ヘッドホン端子さえ無い)で不満が残っていた訳である。

DVDカメラ、HDDカメラは思った以上に好評のようなので、
AVCHDのHDに限らず、SDも含め製品が増えてくる・・・
はたして日本では何機種が発売されることになるか。

思った以上にフォーマットは混在しており、HDVで編集ハイビジョンは終わりと上映にHDVカメラを持ちまわり再生環境で苦しむ編集諸氏にはブルーレイレコーダーの発売、松下のAVCHDのプラグインなどさらに頭を悩ますことも多いだろう。ましてやSDはもう・・と言いながら万全な環境を持たないPCユーザーにとって、単純にHDに乗り換えればSD編集有りの現状で全て解決するはずもない。
 まず潮流激しいときこそ、足元をすくわれないようにして頂きたいと思う次第である。

2007年1月10日 (水)

年賀状

年賀状沢山頂きました。ありがとうございます。

Brnimage1

左隅が、今年の年賀状。このブログとホームページのご案内です。

今回差し上げた年賀状で、このブログをご覧の方もいらっしゃると思います。
年賀状で消息を確認しあう、1年1回の素晴らしいシステムだと思います。

儀礼と言って嫌う方もいますが
きっと、その方には、心の通わないものなのでしょう。

2007年1月 9日 (火)

新年早々、新情報

米国CESの情報が話題となっているようです。
1)韓国LG電子のHDとBDの互換式DVDプレーヤー
2)SONYの次期薄型テレビ

Br0011742

昨年、年頭で予想したとおり本年は乱戦になりそうです。
話題も多く、楽しい一年でしょう。
良い波は沢山来るでしょうが、どれに乗るかは
今後につながって行くだけに、勉強はまだ大切ですね。

ちなみに上記1)のプレーヤーは1200ドルとか
再生だけではかなり高いと思いますが、
これを買っておけば安心・・・
でもそれはソフトを見る方の事で。

HDを記録、作品作る方には問題は解決したのか解決しないのか
(これはホームページで書きましたが)
ということかと思います。

2)は、やはり次期ディスプレイが限りなく2011年に近く
合わせ込まれている感あり、これからまだまだ良くなる・・・
ということかと思います。

2007年1月 8日 (月)

オーディオ新時代

雑誌の数や売れ行きを見るとまたオーディオがブームのようだ。
お店も再入門とも思われる方々がやって来ている。

A&Vヴィレッジというオーディオ雑誌を見たら、
エディロールのR-09が出ていた。

R09_f

レポートは大田一穂氏。
ご存知の方も多いと思うが、JVCで活躍されていた方で
その当時から雑誌にも出てこられたと思う。

もう30年前、まだ大学生の頃、大学のオーディオ研究会
(研究室ゼミも音響だったが)の先輩がJVCのアンプ設計をしていて
JVCの音響研究所(南林間の中央研究所)に招待された。

その時に説明をしてくれたのが大田さんだった。
案内されたのは無響室。自分の大学はW大学に続き東京では当時2つしかない無響室をもつ大学であったが、さすがにメーカーその大きさ、特に床面が空間の1/2にあるには驚いた。
大田さんの話は面白く、実践的であったので、その後のオーディオには役立ってくれている。

2007年1月 7日 (日)

ホームページ更新中

お蔭様で環境を違うPCに乗せ替えましたので
新幹線の中でも更新のネタ仕込みができるようになりました。

Br0011661

富士山も綺麗ですね。

Br0011670

2007年1月 6日 (土)

土曜大阪の仕事

大阪の宿は決まっている。仕事場から3分。これが便利。
2年前まで5年くらいに渡って年間80泊はしていた定宿である。
そのころはチェックインすることもなく、フロントで鍵が出てきた。
最近は半年に1回程度。一般客になってみると気づくこともある。
たぶん世の中のお偉いさんがトンでもない政治をしたりするのも
特別待遇があたり前になっているからもしれないなど思ったりする。
さて朝食はポイントカードの得点を使う。半年前のが残っていた。

仕事がら朝はしっかり食べる。昼は食べられないこともあるから。
ということで、バイキングのため節操のない組合せである。

Br0011657

そして、珈琲とヨーグルト。

Br0011658

外は雨であった。大阪駅前(梅田)の土曜である。

Br0011659
ここにホームページで紹介している全国でもおいしいオムライスがある。
土曜で営業しておりました。Br0011660

大阪駅前第二ビル地下2Fのレッドリバーのチキンオムライス600円。
卵のしっかり焼ける香ばしさとわずかなとろみ、そしてケチャップ。
ケチャップライスとチキンが程よくバランスしたごくありふれている
のだが、なぜそれが他店で出来ないのあろうか・・・
ケチャップライスの絶妙なケチャップ味の濃さを数ヶ月ぶりに確認。
大阪に帰ってきた・・・という気持ちさせてくれる。

2007年1月 4日 (木)

休み最終日

この年末年始は、年末の原稿と休み明けの社内セミナーの準備で
終わってしまい、片付けも十分できず、勉強も充電もできず。
昨年は・・・と思いおこし
本年はマイペースで行こうと思っておりますが、
変化の時だけに、勉強・研究は沢山したい・・・と思っております。
昨年のテーマであった「夢も、期日という目盛りを入れると計画になる」
ホームページ、ブログのスタートは完全にそれだったと思っております。

2007年1月 3日 (水)

お年始

 本日は実家へお年始であります。小田急線鶴川の駅前も変わってきました。
Br0011644

年末から4日ほどですが。
 懸案事項のビデオの修理対応、オーディオカセットが再生できないなど・・・新年より対応です。

Br0011645

母の手料理です。施設で父はどんなお正月を送っているか・・・という話になります。

Br0011647

手巻き寿司ですが、こんな量になってしまいました。
本年の計画などを話しあい、お茶です。

Br0011649
吉祥寺TAKANOのケーキを買って行きました。
チョコハンブラ。7層になったケーキです。

Br0011648

セゾン・フリュイ
季節に応じて、TAKANOの自慢のフルーツが使用されます。

2007年1月 2日 (火)

初詣

吉祥寺では、最近は井の頭公園の弁天様も人気があるようですが
やはり、武蔵野八幡ですかね。

Br0011632

2日の11時頃、こんなでした。

Br0011631

もう街も普通の変わりなく賑わっております。
パルコも店前で太鼓の演奏。

Br0011639

吉祥寺TAKANOのディスプレイも新年

Br0011641

ホールケーキの上にも寿と松

Br0011640

初ケーキは和栗のショートと、とちおめめパフェでした。

Br0011643

ひたすら片付けと更新準備。

2007年1月 1日 (月)

2007年始動

あけましておめでとうございます。

Br0011608_1

・小・中学時代の同期生有志やっている「たなばた」も
昨年10年の節目。1つ時代が終わったようです。
・今年はいよいよハイビジョンの年ですね。
・今の会社も今年で20年。・・・
・工作のお話も頂くようになりました

本年もまたいろいろと挑戦しようと思っております。

昨年はこのブログ(9月)、そしてホームページ(1月)を
立ち上げました。

拡大したいろいろを整理そして有機的に関連づけ
これからを作って行くことも大切ですね。

Br0011609

ということで、新年そうそう、片付けもの。
更新準備中です。

Br0011627

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ