無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

実家でセミナー

GW3日目は実家へ行き、母へ映像系の機材の手ほどきをしました。

まず母の手作りの料理です。R0012758

家の庭に出来たアスパラです。

R0012756

吉祥寺TAKANOのケーキを持参しました。こんな風に包んでくれました。

R0012760

R0012763

母は長年、フィルムの一眼を使って来ましたが、いよいよデジタルの一眼を使い、家でのプリントアウトに挑戦となりました。

R0012770

家の庭には良い被写体が多いのです、

R0012776
R0012786

HV10 使用レポート~静止画その2

 すでに書いたように、ビデオカメラながら、静止画機能が充実している。

ためしにプリントアウトにも挑戦してみた。プリンターはエプソンE-700。

 HV10とはUSBでつなぐだけ、パソコンを介せず、簡単にプリントアウトができた。

R0012754

もちろん、SDカードを直接E-700に入れても良い。

こちらの方がプリントアウトが早くなる。

2007年4月29日 (日)

昭和の日

このホームページでは言及しないといけない話題でしょう。

平成これまでは「みどりの日」であった訳で、その前の昭和の時代は「天皇誕生日」だった訳です。こうやって記念日、祝日ながら名前が変わって行く今日なんですが、それはしっかり、心の中にも刻まれている。

今日が誕生日のお友達が昔いたと思います。そんなことを今でも覚えている人が他にもいるかもしれません。でもそういうことは言葉に出ないとまず判らない、そんなものだと思います。お休みだと学校でも「今日は・・・」という話題にはならないけれど、反面家族には祝って貰える幸せはあったのかもしれません。

自分の誕生日は2度目に入った会社の創立記念日だったですけど、会社は式典があって必ず話題になりました。転職して、もう皆さん忘れてしまったでしょう。

記念日は心に残る日ですから、昭和のことを思う日が1年に1回はあっても良いでしょう。

体育の日のように、10月10日であった頃は東京オリンピックの開会式のあった日・・・少しづつ記憶が薄れていってしまう祝日もあります。

ペンタックスK10DのistDSとの比較

ビデオ編集専用機DV-7DLシリーズをお使うようになって、高級デジカメを買った・・・という方が多い。DL PROにはデジカメの静止画がパン・ズームなどの動きをつけた綺麗な動画を簡単に作り、編集で利用することができるからだと思う。このところハイビジョン・ビデオ・カメラHV10を使っていて、静止画機能がしっかりしている・・・と感想を書いたりしていたので、それでは一眼デジカメのこともアップしておこうと思う。

 スチルカメラ歴は長いが、一眼レフを使うようになったのは高校生の頃であった。その頃、学生は、アサヒペンタックス、トプコン、オリンパスなどの一眼レフであって、ニコンやキャノンは社会人以上という感じであったと思う。
 ということでレンズの資産があるため、SP→ME→Z1と使った。ホビーの雑誌や本の執筆では自分で撮影が必要なため、凝って・・・という訳ではなく実用として必要だった訳だ。デジタルになってistDsを使っていた。軽量ではあるが不満もかなり多かった。それが、K10Dが出て、手ぶれ補正、1000万画素となり、重量・小型よりは性能を優先した設計となってきた。

Image16  

左K10D、右istDS 見た目一回り以上大きい

Image20

上から見てもボディーの厚みがあるK10D。実使用状態で重量をはかるとDSが約880g、K10が約1080gで200g重い。(カード、バッテリー・電池、ベルト実装)

Image18

左のK10Dで内蔵ストロボの打点が高くなったことが判る。
DSでは使うレンズの長さに苦労した。

Image21

液晶も大きくなり、撮影情報も見やすくなった右のK10D。

R0012729
左DS、右K10Dの表示

R0012730

右K10Dでは感度優先など露出モードが増えている。

R0012735_1

背面のスイッチなどが増え印象は大きく変わったK10D。

R0012731

表示部分のデザインも変わった。
メディアはSDカードで変わらない。

吉祥寺 GW2日目

お住まいのところを脱出、行楽・帰郷という方も多い中、
日々できないところをやっております。
1日目は押入れの改装。上段は2パイプ棚、下段押し入れワゴンで収納。
さて2日目は、銀行へ行って参りました。そしてユザワヤで材料購入。
さすがにお休みに手芸・工作という方も多く繁盛。現在、10倍ポイント、
商品券のサービスも有り。

R0012742

おなかも空きましたので食事はユザワヤの地下にあります「まぐろびと」で15分待ち。回るおすし屋さんですが、品も良く安い。うちは小食なのか2名で1575円。
デザートは季節のものをということで、吉祥寺TAKANOで購入。
メロンショート、もちろんマスクメロン

Rrc0012748

枇杷のパフェ。中央が生枇杷、周囲が煮枇杷です。
さて2日目も、がんばりましょう。

R0012744

2007年4月28日 (土)

TBSドラマ「特急田中3号」第3話

 レイアウト(鉄道模型ジオラマ)をTBSドラマにお貸し出ししております。毎回出るか・・・と期待して頂いている方も多く、ご質問なども多く頂いております。

Image2_2

 この物語では毎回出て来る鉄道カフェバーである「ステーション」の中なのですが、「特急田中3号」の公式ホームページ内には「メイキング・レポート」がありまして、その5両目にはCAFÉ & BAR『STATION』の詳しい解析がされております。是非ご覧ください。

Image12_1

その中に見つけました。これが配置なのですが、この図で左下になります。番組では入り口から入った左手奥のショーウィンドウに入ってまして、薄暗い店内で照明が当てられて明るくなっているので、第3話でも2回ほど、あの辺り!という瞬間がありました。

Image13

 第3話は丁度、セットを確認に行かせて頂き、撮影を見学させて頂いた思い出深い回でもありました。田中君(田中聖)こそ出演するシーンではありませんでしたが、桃山さんがカシオペアで携帯電話中、一瞬TVカメラが店内を写して振ったあたり左手が明るい所がジオラマの置いてある場所。

 ところで探してみるものです。先ほどのメイキング・レポートに背景ではありますが映ってました。判りますか。

Image9_1

このタブレットはお馴染みのジオラマの上で撮影されていました。

(右下にちょっと見えてます。

 ジオラマはここで見られます→御殿山機関区

 ドラマもストーリーも骨格が出来てきて、お話の面白さも増してきたところです。カフェバーのセット出て参りましたら要注意です。

Image14

吉祥寺

 ゴールデン・ウィークに入り、例年なら空いてくる吉祥寺も、今年は人でいっぱい。

 本日は妻の誕生祝でお馴染みの伊勢丹地下の「島長鮨」へ食事へ。少し久しぶりだったが座るとオーダーしなくてもお好みのお鮨が出て来るのは嬉しい。

R0012706

それにしても最近はこの「島長鮨」も結構混んでいるんですね。

「ランチ」のにぎりは安いので地元では有名です。

食後はこれもお馴染み吉祥寺TAKANOのケーキ、「春苺のパフェ」はカシスのすっぱさと苺のハーモニーが素晴らしいです。この組合せを見つけたTAKANOさんはさすがにフルーツのプロと申せましょう。

R0012712

そして、GW、我が家ただいま数年ぶりの大きな片づけ進行中。
模型をされる方も、ビデオ編集をされる方も、また懐かしいものを追及される方も、環境整備は大切ですよ。

2007年4月27日 (金)

会報

大学の学科の会報が来た。

R0012701

母校はこの前、新聞で全国で一番の学校になったことを知った。もっともTVロケに使われることが多い大学ランキングだが。

古くはドラマ「ふぞろいの林檎たち」(山田太一作)の舞台になった。
自分の研究室の教授(故人)も出演した。実際そのシーンは代役・セットの置き換えで(良く出来ていた)、声だけで出演であったらしい。
ただ、ドラマの中では国際工科大学とか言う名の架空の3流大学であった。それが学校で大きな問題になったと後で聞いた。

卒業してもう30年もたつので縁遠くはなっておりますが、
どうも、昨今の少子化、そして学生の志向の変化(嗜好かもしれないところがちょっと怖い)で学科統合、名称変更になったらしい。
最近はハード離れ、電子とか通信とかあまり流行らないらしい。
今の日本を電子業界が経済を支え、世界でも突出した時期もあったのだが。
新しい学科の名はこちらが聞くと全く意味の判らない、ピンとしない名前だった。
「通信」は今の学生には判らない人気ない言葉だそうだ。あれだけ携帯を電話を使っているのだが。

今の大学に当時から馴染みのあった先輩が助教授をされているが、こんな状況に困惑されているのではないだろうか。
そういえば、自分への電子関係の執筆依頼も工作ものが最近復帰したくらい。出版社の担当が替わって、古参の執筆者には足が遠のくのか?いや、雑誌の方向性も変わっているということであろう。

HV10 使用レポート~静止画篇

ハイビジョンになって逆に静止画への興味が高まっているという話もある。
動画からの静止画を抜く・・・ということである。

以前より、DVカメラ、HDVカメラにも、メモリーカードを利用した静止画記録はあったが。
どこか、付録という感じがしていた。
ただ、ビデオカメラの特長で感度が高いことと、ズーム比が高いことはデジカメに対して有利で、何よりカメラを2つ持たないで済むというのは有り難たい。

R0012703

HV10で感ずるのは、デジカメと十分使える機能がついており、さすがカメラメーカーの作というところである。
測光のパターン、シャッター、絞り優先など豊富で静止画は付属の機能としての静止画を意識していた自分としては再認識するところとなった。

R0012704
ストロボも近距離ではあるが光量など思った以上に均一だったりする。しかし近距離の調整は難しく、すなわち1~2mというところだ。
マクロ系の撮影はズームを使って距離を離してで撮影するようなテクニックは必要である。

2007年4月26日 (木)

HV10 使用レポート~引き続き

バッテリーであるが2種ある大小と。容量としては約2倍。
表記では小で85分であるが、これは連続使用であるの、実使用は1/3と考えた方が良い。
つまり60分テープならバッテリー2本必要となる。
充電タイプは大切。製品形態はACアダプターで本体充電タイプなので、予め未使用時に余分に充電しておく必要がある。使用しながら、もう1本充電したいのなら、充電器を買う必要がある。
SONYカメラユーザーは充電表示にもなれる必要がある。万充電でランプが点灯となる。

R0012697
つまりSONYとは逆。点滅のしかたで異常・充電の度合いを表現するので慣れが必要だ。

水道橋

1ヶ月1回、母を都内の大学病院に連れていっている。
定点観測で、ビルが出来上がって行くが。

R0012691 
最近は簡単にどこでも映像が撮れるようになったので思いつきで撮影する傾向がある。良いことではあるが、定点観測のように計画的に撮ることで気づくところもあると思う。

R0012109_1

本当は交通経路は沢山あって、水道橋を経由しないルートは沢山あるのだが、付き添う日はなぜか東西線がトラブルって連絡運転がないのである。
朝の通勤でも最近は東西線の遅延などが多い。何か問題があるのではないだろうか。こうしたアナログ的感覚は安全管理では前兆や警告という意味で非常に大切とされている。

Image1_6

2007年4月25日 (水)

映像の勉強本

映像系の勉強はやはり現場だと思ってます。

しかし、いろいろなことが判ったり、コミュニケーションしようとするとやはりまず基本を知ってないといけないですね。

勉強することには抵抗のある方も多いですね。まあ

勉強するのは問題も少くないと思いますが。

本も昔からある同じような撮影や編集の本をいくら読んでも・・・

最近は映像の分野も広がっていますので、こんな本はどうでしょうか。

「デジタル映像制作ガイドブック」

R0012685

具体オペレーションとかではないのですが、原理・原則を知ることができる「常識本」とでも言いましょうか。

本来プロの卵、実務入門者という方が読むのかもしれませんが、谷間や垣根を埋めるということで言えば悪い本ではないと思います。ただ価格だけの意味があるかは個人によって違うかと思います。

映像の原理、パソコン周辺にはじまり、映像業界、ビジネスプランなども掲載。簡単ではありますが編集作業の基本なども出ています。

値段も4800円と結構しますが、その価値があるかはその方とおかれる立場で違ってくると思います。

CG&映像しくみ事典」

前出のガイドブックのビジュアル版とも言えるでしょう。絵解きになっている。そんなに深いレベルはないが、絵になっているぶん判りやすいかと思う。全体にCG系はこちらが詳しい。この本も3000円、その価値はその方で違うと思うが、既存の機器・システムのしくみをあらためて知ることも悪くないと思う。

カテゴリー・価格から一般書店で簡単に見られるとは限らないのが残念なところ。ちなみに自分はAMAZONで入手致しました。

R0012686

2007年4月24日 (火)

ビデオサロン2007年5月号から

まずは今月の広告から。ビデオフェスティバルで紹介のあった著作権フリー音楽素材集「あっこれにしょ2」音のソムリエ。もう第一弾をお持ちの方々がほとんどでしょう。という訳で第2弾。従来製品同様、品質の高い楽曲揃い。今回は選曲レシピもついて曲選びも楽しい。

R0012683

ビデオ編集では曲入れ・曲選びでなかなか良いものがない・・・と聞く。確かにビデオ用として、曲だけは長いというものはあるが。アマチュアのビデオ用といって、映像になじむのは良いが、メリハリや映像を引き立てるところまでは行かない・・・そんな方々には朗報かと思う。

R0012684_1

そして近藤先生のDLシリーズテク連載。今月はタイトル作成を使ったアニメ作り。毎月楽しい企画です。ただ編集をまとめるという実用の編集もあるけれど、自分だけの作品を作ることも楽しい。DLシリーズはそんなところで使える。いらん効果ばかり付くソフトは多いけれどこうした作る楽しみを提供している機材もそう多くないと思う。是非お持ちの機材を活かして頂きたいと思う。連載の隣のページは昨日紹介のスタジオ・ラボ(ビデオ・ラボ)さんの広告でした。

さて、質問が多いのが制作環境。ホームページ更新中の様子をお見せしましよう。

R0012682

左よりSONY VAIO 505BP(主にメール、インターネット)、VAIO Tシリーズ(ホームページ更新、グラフィックス)、VAIO 505EX(曲・サウンド関係用)奥は奥さんのVAIO Fシリーズ。

こちらがビデオ編集関係、エディロールDV-7DL PRO SE 、VAIO RC91.合わせてVAIOは5台存在しますが、あとVAIO2台(505GXC-1)は休眠中であります。R0012680

キャノンのHV10評価中

 そうバッテリーはあまりもたないですね。新品・常温でこの状況ですからスペアは必ず何本か必要。

R0012688

 本日もう1つ買い増しました。ボディーの色に合わせ2種ありますので注意が必要です。

R0012689

2007年4月23日 (月)

スタジオ・ラボさん情報

昨年訪問したスタジオ・ラボ京都の中島さんから電話を頂いた。

スタジオ・ラボさんは積極的にDV-7を販売されており、
周辺機材を取り揃え、特に教則DVDなども用意されている。
http://www.studio-lab.net/dvd.html

Dvdset_image

基本的な使い方から、応用、さらに隠し技まで19種類。
今回知ったのは、お得なセット販売があることである。
またリムーバブル・ハードディスクをセットしたものがある。

Dvdset_file_01

DVDはこれまでエディロールがやっていたセミナーや、大阪でDV-7の愛好家で作る「ビデオくんクラブ」での例会セミナーなどを収録したものである。
聞き流しになってセミナーもDVDなら、何度も止めて見直せるし、実際に操作して確認しながらも可能で、操作習得に持ってこいであろう。

Dvd_sminer_bar

セット販売では、解説書が付くなど、金額がお得だけでない得点もある。
リストを見て頂くと判るとおり、細部に渡っており、このDVDを揃え、学習することで完全理解が目指せるという訳だ。
また、「入門編」「活用編」では簡単編集例として全国各地で撮影した映像の編集がDVDかれている。これは操作だけでなく編集の考え方や作品のまとめ方でも参考になるはずである。
自分としては、これから・・・または基本をという方は「入門編」セットを、楽しみを広げつつ確実なものにしたい方には「活用編」をお勧めしたい。

もうひとつニュース。
大阪ビデオくんクラブ・ハイビジョン研究会セミナーである。
毎月1回開催DV-7DLを中心にエディロール映像製品愛用者でクラブを結成。ハイビジョン(HDV)に関する撮影技術・編集操作や研究、ミニコンテストなどを実施。ローランド/エディロール製品の効率的な活用をご提案、また製品購入直後の疑問解決や質問に答えるそうだ。
ビジター見学受講者・入会希望者受付中!運営事務局はスタジオ・ラボ京都さんがされている。
詳しくはスタジオ・ラボさんまで
http://www.studio-lab.net/

2007年4月22日 (日)

産経学園ビデオ講座

産経学園ビデオ講座

毎月第4日曜日開催しております。DV-7を使って撮影・編集の実力を養成しております。
今回は、まず編集のための撮影の基本、前回やった音編集の復習からスタート。

R0012674
ナレーションのためのマイク選定、マイクの種類と扱い。
ナレーションのレベル設定、簡単音量アップ法。
音編集の実際、音楽を入れた作品の構成法、同録を生かした作品の構成法。

R0012673

ピクチャ・イン・ピクチャの効果の掛け方。効果の応用方法などなど。
最後にご質問と、Tさんの最近つくられた「さくら」の作品上映。
DV-7での4作品目ということですが、早速前回の音編集テクニックなども利用され丁寧に作られておりました。

R0012678

来月はカードリーダーの応用をやる予定です。
体験コースもあります。受講生募集中です。
どんな優秀な機材も活用しての話。
あなたの撮影・編集も楽しくレベルアップします。
それには、質問実践のくりかえし何より重要です。

詳しくは産経学園のホームページ

または当ホームページを。

さてお待たせの本日のケーキです。

吉祥寺TAKANOのケーキから

R0012671

メロンショートはとてもジューシー

R0012669

そして生ビワをつかった枇杷と蜂蜜のパフェ
上品なレモン酸味薫と蜂蜜の甘みと生枇杷がぴったりです。

2007年4月21日 (土)

キャノン HV10の評価

 ということで早速ためし撮りをしてみた。本番でいきなり使う方はまずいないと思う。
 機械に慣れるのなら好条件で撮影でOKだが、機材の癖を知るなら、限界的な撮影も挑戦しておくと良い。電源ONから撮影まで、スタンバイから録画までの時間・タイミング。寄りでのピント範囲、テレでの近接距離、暗いところでのノイズなどなどを確認しておくと良いだろう。

R0012659

 さて評価である。最近のカメラと同様、ワイド端はやや不足ぎみである。
カメラ録画で画面中央に撮影を始めてからの秒が出るには最初閉口したが、アマチュアには1カットの撮影が短い、逆に意味無く長い方も多いのでそれなりに出来ている機能のようにも思う。

 オートフォーカスは最近のSONYの小型カメラよりずっと早い。多くのオペレーションタイミングに関しては最近のHDVカメラの中では気持ちの良い部類である。

R0012663

 操作は配置などもなかなか工夫されており、同一面・位置に集中配置してあるので使ってみると使い易い。再生時の音量は探してしまったが、メニューダイアルのアップダウン、使ってみると自然なオペレーションである。

R0012661

また、液晶の表示も明快で、見やすく、分類・アイコンも判り易い。また電源ONでHDVロゴが青く光ってなかなかスタイルも良い。

次に編集対応であるが、まずHDVながらVAIOのDV Gateなどアプリでは使えない。最初の機器認識で跳ねられてしまう(あえて画像は乗せない)。
従って、VAIOで編集に使う・・・という方にはお勧めできない。

さて編集専用機DV-7で使う場合である。まずHV10での設定はi-Linkを外して、MENU→再生/出力設定→DV端子=DV固定とする。

R0012658
 あとはいつものような取り込み操作である。編集では1点注意が必要だ。DV分割を行うとカットの最初3コマほど前の画がはいる。
パレットのサムネイルはカットの始めの画が出るため、再生すると違う画が出て困惑するだろう。

R0012654
対策は簡単で編集はパレットでまずカットIN-OUTを決めてしまい、それからタイムラインに貼り付ければ問題ない。直接タイムラインに貼り付けてしまわないことだ。
(おそらくDV変換する際のカメラ側での問題かと思う。)

R0012656
スタジオエディションではDV-7側で設定→DVアスペクト設定=16:9(フル)とすることでオートワイド対応となる。ということでHDVで撮影してDV-7で編集する、編集結果はDVDレコーダーでDVD化すれば良いだろう。(自分の場合は簡単にVAIOのDVD用アプリを使う場合も多い)

2007年4月20日 (金)

HDVカメラ キャノンiVIS HV10

HDVのカメラを1台買い増した。ビデオカメラはおそろらく10台は越えているだろう。そのほとんどがSONY製である。キャノンは今回はじめて。
理由はこのタイプのHDのカメラはこのHV10だけなのである。

パスポート型はSONYのPC-7、PC-100、PC-300Kと使ってきた。このタイプのカメラ入門用と思われがちだが、しっかり撮れるようになるまでは実は熟練が相当必要だったりする。

しかし使いこなせるようになると小型で機動力もあり、大型カメラでは撮れないびっくりするような画が撮れたりする。

R0012613_2

まず外形から、SDのカメラであるPC-300K(左)と比べHDながら一回り以上小さい。

R0012615_2

形のバランスは意外に縦方向はなく、手先でホールドする感じになるので、このタイプで熟達した方も少し注意が必要かもしれない。

R0012614_2

このカメラは小型とするため、ヘッドホン端子、外部Mic端子が省略されている。HC-3と同じであるが、こんなところはまねて欲しくないところだ。小型=エントリーと思ったら大間違い。上級者のサブカメラであったりもするからだ。静止画の機能はさすがにカメラメーカーのキャノンだけに充実。メディアはminiSDカードであるが最初から付属しない。これも家電系とは違うカメラ系の会社らしいところ。

R0012616_2

編集や本格撮影をするなら現状HDV方式である。テープであるが仕方のないところ。そのHDVは3社でやっているが、JVCは走査線で別規格。SONYかキャノンかということになる。キャノンは昔から光学系から好んで使っていた方もいたようだが、自分として買っての使用は今回が初めてである。さて試しどり、などチェックもお楽しみに。

ホームページもご覧ください。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

2007年4月19日 (木)

ビデオ講座

次の編集の講座では音編集のその2ということで
基本復習に加え、ナレーションの入れ方をやる予定です。

まず機材の準備から。

パソコンと違い、DV-7は専用のMic端子を持っています。
皆さん、ナレーションのうまさは悩むのですが、
意外にマイクにこだわりがなかったりします。
カラオケマイクや付録ようなMic。
やはり1本は準備しましょう。
カメラの外部マイクが使える場合もあります。

R0012605

こちらはSONYのECM959.
ただ、多くはバックエレクレットのコンデンサ型が多いので
音は良いのですが、ナレーションでは吹かれたり、へったったりします。
ナレ録り、DV-7用にはステレオタイプのMICはあまり向きません。

やはりタフでしっかりダイナミック型です。
詳しくは講座でご説明。

R0012604

これはシュアーのSM58というマイクですが
昔は数万円しましたが今は1万円半ばで買えます。

エディロールDR-50はご自宅スタジオでの
近接でのナレーションにはおすすめです。

Top_m

こうした音関係や周辺機器は使い方しだいで結果が大きく変わってきます。
論より証拠、実際を見れば何だということも多い訳です。
それでは日曜の講座で、技術的なところから詳しく、
判りやすくご紹介しましょう。

2007年4月18日 (水)

記念日

早いもので、今の会社につとめ20年がたちました。
最初の会社が3年、次が6年でした。
この春に、社内の異動で、10年ぶりに本社に戻ってきました。

社会人になって30年、早いものです。
また新しい気持ちでがんばりましょう。

映像関連も15年、放送局にも製品を持って行けるようになりました。
お蔭様で、オーディオも映像もPC周辺もやらせて頂き
今のように垣根のない状況では大変役立っております。

いくつもの職場・会社を卒業して参りましたが
皆さんどうされているのでしょうか。

2007年4月17日 (火)

ビデオの基本

hamaproさんのブログに、撮影の基本が出てます。

http://blog.so-net.ne.jp/hamapro/2007-04-18

確実な方法論、なぜかそれが出来なかったりします。
でも編集される方はそれをすることで編集が簡単に出来栄えの良いものになります。

だまされたと思って是非やってみてください。

アマチュアの方こそ、はやく基本をクリアーして楽しみの領域に入ってください。

感性の世界はその後に知らないうちにでも確実にやって来ます。

Image510

今月の吉祥寺産経学園のビデオ講座は4月22日13:00~、見学大歓迎です。

内容はご参加の皆様の疑問解決ですので、何でもありですが、

前回の音編集の基本の復習から始めようかと思ってます。

ご参加ください。ビデオ編集が充実するはずです。

2007年4月16日 (月)

「特急田中3号」テレビスタジオ見学

ホームページにも書きましたが、以前に作った鉄道ジオラマ(レイアウト)がテレビドラマの撮影で使われています。番組は、TBS系金曜日22時~「特急田中3号」です。先週その第1回が放送されたところです。
 本日、ドラマのセットへの組み込みの確認、実際の収録の様子を見学させて頂きました。

Midoriyama
 
ということで、撮影中の緑山スタジオへ出向いた訳です。実は緑山スタジオは自分の実家の隣でして、スタジオのできる前から知っております。もうスタジオが出来て20年以上、スタジオが出来た時に地域住民として、施設見学をさせていただいたことがあります。

14時に到着、撮影中のスタジオをおたずねすると、カフェバーのセットも出来上がり撮影が着々と進行しておりました。まず、ジオラマの設営を確認。カフェバーのセットの一番奥にショーケースに大切に入っておりました。これで1回目の放送で確認できなかったところもうなずけました。

1カット分のカメラテスト・リハーサルから本番を何テークか、そして最終プレイバック確認までたっぷりと拝見。まさにドラマが出来上がる様を現場とモニターで見ることができました。

このドラマの拘りは、寝台特急の豪華ラウンジを本物そっくりの寸法でスタジオ内に作ってしまったことからも判りますが、カフェバー店内の装飾・小物も本当に本物を持ち込むなど。自分が作って長年メーカーショールームの看板として活躍している鉄道ジオラマもスタジオに入れて撮影するという意気込みにも納得した訳です。

ドラマは始まったばかり、物語の進行も楽しみです。ホームページでもささやかながら応援をさせて頂く予定にしております。

以上絵柄がありませんので
吉祥寺TAKANOのケーキです。桜も終わってランナップも一新しました。
本日のご紹介、スイカのジュレ。底の部分は爽やか杏仁。

R0012598

そしてクレメンタンジュ・スリジェ
ダークチェリーとフロマージュブランのムースが絶妙なハーモニーです。

R0012596

2007年4月15日 (日)

最近の編集から

この2週間ほどで撮り貯めた姪の入学関係30分ほどを編集、DVDに焼ました。
ワークフローとしては、
1)HDVで撮影(HC-1)
2)DV変換ONでDV-7に取り込み
3)カット編集、白ミ、黒ミ入れ、OL、テロップ・タイトル入れ。
4)出来上がりをマスターとしてDVテープにバックアップ
5)DVD化は簡単にVAIOの「CLICK TO DVD」で行いました。
配布用に4枚焼き込みました。
昨日書道展が終わってから、いろいろやりながら3時間ほどであったでしょうか。

じっくりと作品作りも大切ですが、待っている家族・親戚関係には早さも必要です。
編集とはもともと時間のかかる作業ですが、仕事の流れがしっかりしてれば、結果は早いように思います。

こちらもご参考に
「60年代懐かしの宝箱」
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

2007年4月14日 (土)

九段下

実家の母は通信教育で書道を勉強しているが
その作品展である書道展が九段下の科学技術館であるというので出かけた。

R0012559

科学技術館へ行く方法はいくつかあるが、地下鉄九段下駅4番口から出て清水門から北の丸公園を抜けて行く方法は意外に裏コースとなっている。季節が良ければ良い撮影スポットにもなる。

R0012557

駅を出ると「昭和館」。今は特別企画として「手塚治虫の漫画の原点」をやっている。
「昭和館」は要チェックなのだが昭和30年頃までが対象という話もあって、資料館にはどんなものがあるのだろうか。

R0012558
その隣は九段会館、そして千代田区役所を経て、お堀、清水門から北の丸公園である。

R0012564_1
本日も修学旅行の記念写真を撮っていた。

R0012566

山桜が満開。

R0012570

科学技術館、

R0012572

以前はイベントなども多かった、その昔はオーディオや楽器関係、企業の展示会などもここでやっていた訳だ。本日は書道の展示会。

R0012578

さてお土産コーナーには科学教材や書籍の山。その中で60年代を偲ぶものは・・

R0012579

この鉱物見本。あの当時は升目に区切って・・・と思ったが、科学の付録の貝殻標本はこの標本と同じで1枚の台紙に接着剤で固定されていたのを思い出した。

R0012589

さて食事は新宿に移動して釜飯となりました

2007年4月13日 (金)

DV-7ビデオ研究会岩手支部始動

岩手の千田さんからFAXを頂いた。

R0012556
4/24、4/25mの両日で体験セミナーをやるそうです。
会場は江刺生涯学習センター
13:00~16:00
もちろん無料だそうです。

お近くの方はこの機会に、
カメラ、テープ持込で編集体験ができるようです。
千田さん、岩手の皆さん活動開始おめでとうございます。

2007年4月12日 (木)

新学期

新学期

姪が小学校に入学し、真新しいランドセルで登校しています。
丁度、自分が朝、家を出る時間に集団登校して行きます。

Dsc00475

入学式じたいはとりませんでしたが、最近はご両親のビデオ撮影は当たり前。
ハイビジョンカメラ、DVDカメラも増えているとか。

入学祝いなど一連のビデオを撮りましたので、簡単に編集してDVDにしょうと思います。

こうしたものも、単品で考えず、一連の流れ、季節で捉えると作品になると思います。ただ長いのも、困りモノ、良い区切りは必要ですね。

2007年4月11日 (水)

HD編集機

HD編集機

hamaproさんのブログに

http://blog.so-net.ne.jp/hamapro/2007-04-07-1

HD編集のリアルタイムマシンが出ておりました。
編集専用?夢のようなマシン。どこかで聞いたことがある・・・
ソフトも日本で開発したとか・・・

別ルートからお値段を聞いたらどうもシステムで400万円を少し切るようなお値段のようです。

2007年4月10日 (火)

東京都心

東京都心

 桜の盛りもすぎたようですが、まだあちこちでみかけます。

R0012552

本日はあるところへ来ております。

 前のお庭も大変綺麗です。

R0012553

 ハイビジョン機器のデモンストレーションで1日。

お昼は社員食堂でとらせて頂きました。

 お蔭様で、マルチフォーマット・コンバーターVC-300HDも販売され評判も良く、ハイビジョン対応のプレゼンターPR-1000HDの登場が待たれるところです。

2007年4月 9日 (月)

機材選び

 今、機材選びは難しいのですが、それだけ楽しいところもあります。

そんな話題も扱って行きましょう。

デジカメ、フォトプリンター、ビデオカメラ、レコーダー、オーディオ・プレーヤーといろいろ選び方のポイントがありますね。

R0012554

まあそれだけ、製品が充実してきた・・・ということかもしれません。

2007年4月 8日 (日)

ハイビジョン、ワイド編集

 ご質問のメールを頂きました。

テレビが普通にワイドになってきましたので、DV-7でもワイド編集をされる方がふえて
きました。

フォーマットなど多種になってますので、ホームページでも整理してご説明したいと思っています。

2007年4月 7日 (土)

小田原

昨晩母から急に電話があって、明日、墓参りをしたい・・・ということで・・・

最近、足腰の調子も良くないようなので、同行することにしました。R0012525

途中の駅で待ち合わせ、

母方の祖父の墓は道が険しいので、自分がお線香を上げに、R0012520

父方の祖父の墓はいっしょに回ることにしました。

親戚を回れば、久しぶりに従兄弟3人に会うことができました。

食事は、駅ビルに入っている「魚国」

地元では有名な魚屋さんだそうです。

ランチもこんな感じでした。

墓参りには丁度良い穏やかに1日でありました。

R0012532

2007年4月 6日 (金)

東京 八重洲 

 本日は人間ドック。毎年たいてい誰かに会うのですが。今年は会社のTさん。 以前、DV-7のセミナー受講の方にお会いしたことも有り、油断はできません。

R0012514

 待ち時間はありますが、雑誌が充実しているので、情報jは沢山入手できて嬉しいです。
 今回も良い情報がいくつもありました。
また、こうした時に、編集技のアイデアが浮かんだりします。

R0012512

検査も終わりほっとです。
さて結果はどうでしょうか。

2007年4月 5日 (木)

名古屋

また、仕事で名古屋に来ております。今回も日帰りです。

R0012502

ここは名古屋より電車で30分ほどの郊外。
天気も良く、桜は満開。しかし花冷えというやつで少し寒い。

R0012422

大きな学校さんにDLシリーズが1度に20台近く入りましたので
その講習会の講師で来ております。
それにしても大きな学校さんです。山1つが学校ですから。
ここにはいくつも本格スタジオがあり、番組制作や実習をする本格的設備があります。

まだ春休みというのに、クラブ・サークル、有志の学生さん、そして先生方が講習受講のために集まりました。授業はこれからと言うのにもう使い込まれていて5時間の講習。そのうち2時間はレベルの高い質問でした。

Image309

皆さんからはこれまで編集システムはいろいろあったが、
DLシリーズの導入で本格稼動。講習前半でほとんど皆さん習得され、
使い安さにびっくり。データパックアップの安心感、パソコンとの連携には納得されていたようです

Image310 

もう早速、本年度の様々な活用に話が進んでいました。

運営管理の便利さは編集専用機ならではのもの。これだけ出来て本当お値段もおやすい。

R0012503

へとへとで帰途につきましたが
(正門に戻るだけでも、学内は広く)
目を輝かせる生徒さん、そして熱心先生方の様子を拝見すれば、疲れも何のその。
それにしても、こうした環境で勉強できる皆さんは幸せだなと思った次第です。

<以上、お仕事の関係で写真は全てイメージです。>

DV-7DLシリーズの第一の活用はハードディスクを始めとするする編集管理・設計です。
そして、技はデータのハンドリングですね。

R0012506

そして帰りの電車で食事。
弁当の選択でも明日は人間ドックとなると少し迷いが・・・
いつもなら、味噌カツあたりでしょうが。

R0012508
最近は塩分控えめ、野菜沢山の健康志向のこんなお弁当も。

そしてご飯も別バージョンがあり、あったかいのです。

R0012510

2007年4月 4日 (水)

桜のこの季節から

桜のこの季節から

 桜が開花するころから、ビデオ撮影も素材・環境で快適になって参ります。

 ビデオ撮影がなかなか上手にならない・・・そういう方も多いです。

 見る・見せるというのはビデオ撮影を実践で上達するには良い方法ですが、やみくもにやってもやはり効果は小さい。

 撮ったそのものを他人はまず見てくれません。やはり編集をしないと。

 編集を始めると、「ここはこう撮るべきだった」とか、「こんな画もとれば良かった」というのが出てきて勉強になるわけす。

 ビデオは経験でもあるのですが、自己流や癖が付く前に、基本は知っておいた方が良いでしょう。

 長年やっている方は、どう自分の殻が破れるかですね。

 hamaproさんのブログは参考になりますよ。

 http://blog.so-net.ne.jp/hamapro

 その中にもありますが、「行き詰まったら、出発点にもどれ」これですね。

Dsc00472

2007年4月 3日 (火)

DVDを焼くには

DV-7のDVD対応を待っている方がいる・・・とも聞きますが
DVDドライブとオーサリングソフトが出るのを待つ・・・
それは以前よりないだろうとお話していると思います。

これも以前よりお話しているように
対応とは、お好きなDVDレコーダーを選び、購入する、それが対応です。

自分としては
・DVDレコーダーとPCソフトを使い分けています。

たぶん
好き好きも有り、DVDにされる内容でも違うと思います。

つまり1作品を1枚で焼くのと作品集(何作品も)を焼くのでは違うので
期待するところは違うと思います。

アバウトに言えば
DVDのオーサリング=メニュー画面・構成や自動再生設定を作り
と言っても過言ではないでしょう。

1つの作品よりはずっと上にあることであり
自分は編集の中でやるべきこととは感じていません。

編集が終わって、どう見せるか、どう束ねるかで
DVDのオーサリングソフトもDVDレコーダーも
複数の作品を集めてくるのが基本かと思います。

DVDレコーダーが編集とは別なら、DVD焼き込み中も編集が可能ということで、
編集をするには大切なところに以前より対応出来ていることになります。

2007年4月 2日 (月)

楽しいアニメーション

hamaproさんのブログでクレーアニメが展開されていたので少しふれましょう。

R0012498

もちろん、カメラなどにコマドリ機能はありますが、DV-7などに付属するコマドリ機能はハードディスクのデータで行うので、精度も高くとれます。

R0012496

そして、このアニメーションの命は動かし方(勿論その前にストーリーですが)です。

R0012495

この動かし方演出では絶対、DV-7DL PRO SEにあるようなオニオンスキン表示機能があるとぐっと良くなります。

設定もいろいろできますね。

取り込みを停止すれば自動でアニメが完成。

R0012499

タイムラインにおいて、タイトルと音声を置くだけです。

2007年4月 1日 (日)

吉祥寺 井の頭公園の桜

 桜のピークで、公園も大変な人です。
道路まで陣取った団体さんもあったりで・・・

Dsc00471

 ということで画像で楽しんで頂ければと思います

Dsc00468

吉祥寺TAKANOのケーキです。

メロンのショートケーキ

R0012493

さすがですね、こんな時期にジューシーなメロン。

クリームとのハーモニーは本当に幸せの味のケーキ。

カステラも大変きめ細かく焼けています。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ