無料ブログはココログ

« 吉祥寺 GW2日目 | トップページ | 昭和の日 »

2007年4月29日 (日)

ペンタックスK10DのistDSとの比較

ビデオ編集専用機DV-7DLシリーズをお使うようになって、高級デジカメを買った・・・という方が多い。DL PROにはデジカメの静止画がパン・ズームなどの動きをつけた綺麗な動画を簡単に作り、編集で利用することができるからだと思う。このところハイビジョン・ビデオ・カメラHV10を使っていて、静止画機能がしっかりしている・・・と感想を書いたりしていたので、それでは一眼デジカメのこともアップしておこうと思う。

 スチルカメラ歴は長いが、一眼レフを使うようになったのは高校生の頃であった。その頃、学生は、アサヒペンタックス、トプコン、オリンパスなどの一眼レフであって、ニコンやキャノンは社会人以上という感じであったと思う。
 ということでレンズの資産があるため、SP→ME→Z1と使った。ホビーの雑誌や本の執筆では自分で撮影が必要なため、凝って・・・という訳ではなく実用として必要だった訳だ。デジタルになってistDsを使っていた。軽量ではあるが不満もかなり多かった。それが、K10Dが出て、手ぶれ補正、1000万画素となり、重量・小型よりは性能を優先した設計となってきた。

Image16  

左K10D、右istDS 見た目一回り以上大きい

Image20

上から見てもボディーの厚みがあるK10D。実使用状態で重量をはかるとDSが約880g、K10が約1080gで200g重い。(カード、バッテリー・電池、ベルト実装)

Image18

左のK10Dで内蔵ストロボの打点が高くなったことが判る。
DSでは使うレンズの長さに苦労した。

Image21

液晶も大きくなり、撮影情報も見やすくなった右のK10D。

R0012729
左DS、右K10Dの表示

R0012730

右K10Dでは感度優先など露出モードが増えている。

R0012735_1

背面のスイッチなどが増え印象は大きく変わったK10D。

R0012731

表示部分のデザインも変わった。
メディアはSDカードで変わらない。

« 吉祥寺 GW2日目 | トップページ | 昭和の日 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

セミナー」カテゴリの記事

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスK10DのistDSとの比較:

« 吉祥寺 GW2日目 | トップページ | 昭和の日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ