無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

吉祥寺 ヨドバシ開店

以前は3月開店という話が、6/28となって昨日開店した。

Image7115

ただ、まだ全館ではない。1~5Fのヨドバシ部分のみ、来週になると衣食を含み全館オープンとなる。

歩いて8分ほどで、いつでも行ける我が家はまだ行っていない。

平日もAKIBAヨドバシなら毎日ひる休みに使える訳で、混むであろう開業したての休日に行く必要はない訳である。(見学なら平日夜帰宅前でも)

そしてまだネットの情報も少ないようだ。

本日は中央線高架工事もあって吉祥寺の街はどうか?と思ったが意外と穏やかだ。先週の休みに効果があったクリスタルビル前のガードマン監視も無く、また違法駐輪の山となり歩行者の通行はまた大変なことになった。

2007年6月29日 (金)

最新ハイビジョン情報2

最近、キャノンのHV-10を買ったわけであるが
この1年、一般ハイビジョン・カメラ事情は大変複雑になった。

ハイビジョンの撮れるカメラとしては

●HDV方式
●AVCHD方式
・DVDタイプ
・ハードディスク・タイプ
・メモリー・タイプ
があるが

配布を考えるとハイビジョン用の次世代DVD(ブルーレイ、HD-DVD)に変わることは明らかながら、思ったほど普及していない現実もある。

多くは普通DVD配布な訳である。そこで、収録はHDVで、編集はダウンコンしてというころで、これは火曜のセミナーで講師の小寺さんから話のあったところだ。

ブルーレイでバックアップという方法もあるが、ソニー製ブルーレイはHDVからのダビングモードを持つが、松下はDVからでDVで有り、昨年末のビデオサロンにあったHDVからのダビングは現行品ではうまく行くとは限らないようだ。

2007年6月28日 (木)

ハイビジョン、最新情報

最近、キャノンのHV-10を買ったわけであるが
この1年、一般ハイビジョン・カメラ事情は大変複雑になった。

ハイビジョンの撮れるカメラとして

●HDV方式
 テープ方式です。従来のビデオで使用していたDVテープを使用。
ビクターが一番古いがソニーが出始めて、急に普及したタイプ。
今は、ソニー、キャノンで業務用含め10機種ほど。
 この方式は一部ケーブルテレビなどプロも使うフォーマットです。インターフェイス
はいろいろな言い方があるが、i.LINK、IEEE1394 、ファイヤーワイヤー。
ビデオマニアと称する人たちはこのタイプのカメラを使っています。理由はDVとの
互換があるのと、編集環境が整っていること、高速パソコンなら編集が可能なことなど。

●AVCHD方式
 メディアはいろいろで、テープ式ではない。昨年、ソニーと松下が方式を発表
夏、秋に製品を出しました。メディアはDVD、ハードディスク、メモリーの3タイプがあります。
インターフェースはUSBを使う。

・DVDタイプ
 8cmDVDを使いますが、録画しても普通にプレーヤーでは見ることができない。
 SONYなどの対応対応プレーヤー、パソコンで見ることが可能。録画時間は短い。
 現行製品でソニー2機種、松下1機種、キャノン1機種で4機種。

・ハードディスク・タイプ
 画質も選べたり、長時間録画が可能な反面、消して使うことになるので、録画後は
データを転送するしかない。時間・容量がかかる。現行製品でソニー2機種、ビクター2機種で4機種。

・メモリー・タイプ
 パソコンなどに簡単にデータを渡すことができる反面、メモリーの大きさから長時間の録画
ができない。2GBで20分程度。まだ、これからの方式でしょう。松下1機種、ソニー1機種の2機種。

 秋葉原で販売されるカメラはテープ式がすでに半分以下ということ。今後、DVD、メモリー、ハードディスクのどれが、後継になるかは微妙なところ。というのも今使われているDVDもハイビジョン用の次世代DVD(ブルーレイ、HD-DVD)に変わることは明らかながら、思ったほど普及していない現実もある。

2007年6月27日 (水)

DV-7技を磨く

早いものでビデオサロンの7月号が発売された。
今月のコーナーのテーマはハイビジョン(16:9)をどう編集するか?である。

R0013499

図を使って、非常に丁寧そして的確に説明している。

そして「まずどんなアスペクト比で編集するかを決める」は大切なところ。

R0013500

そして混在するアスペクトでの編集するテクニック。

これは参考になる。

R0013501

2007年6月26日 (火)

ローランド内覧会・東京

東京青山のテピアホールで
技術セミナーと新製品紹介が行われました。

技術セミナーは音響と映像の2本立て。
ご覧のように、満員の盛況。皆さん関心が高いです。

R0013486

映像の技術セミナーは
映像テクニカルジャーナリストの小寺信良氏の講演。

R0013487
「VC-300HDが実現する新ワークフロー」

画面いっぱいのデモンストレーションで機能実演。

R0013489

マルチフォーマットコンバーターを使って
ファイナル・カット・プロからの出力をリアルタイム変換。
一気に制作効率を上げる。

R0013494

展示は、アプリケーション展示でテーマを設けてのご提案。

ピアノ演奏を3カメで押さえスイッチング、ブルーレイディスクに収録する実演。
さすがに高画質に収録されておりました。

R0013476

ハイビジョンのプレゼンターがいよいよ登場です。

R0013461

新製品ということで人垣ができております。

おかげ様で無事終了、帰りのテピアも美しいです。
R0013497

名古屋・大阪でも同様の内覧会が開催されます。

http://www.roland.co.jp/products/ss/event/2007priv/index.html

2007年6月25日 (月)

東京・青山

内覧会の準備で来ております。

お昼は久々のオムライスです。

R0013456

お店はこんな感じです。

R0013498

タイプはケチャップライスのケチャップ掛け。

オムレツ・ブロークンタイプ。ベーコンとチキンが入ってます。

思ったよりは美味しいです。★★です。
全国をご覧になりたい方は、こちらです。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page036.html

R0013496
ということで準備、リハーサルも完了です。
新製品も明日お目見えです。

2007年6月24日 (日)

吉祥寺 TAKANO

七夕限定があるようです。

R0013450
詳細は絵柄がなく不明です。

R0013451 

色も美しいパルテール。
ケースに入ったカットフルーツとでも言いましょうか。
メロン、レッドメロン、スイカ。特にスイカの赤が美しい。

吉祥寺産経学園 ビデオ講座

今回はメモリーカードの利用の他、CD-ROMデータを使って、タイトルを作る方法などをやりました。

R0013453

そして、受講特典として、会員さんに素材CD-ROMをプレゼントしました。
活用方法もご紹介致しました。今後入会した方にも特典として進呈致します。

R0013455

2007年6月23日 (土)

キャノンHV-10 評価

最近聞く話では、各地で販売価格も下がっているようで
画質・機能から言えば、買いという感じになっている。
これは、どうも生産も終わって、在庫が消化されている状況なのかもしれない。

このタイプのカメラが他のないことを考えると
同様のものがリリースされない限り、
欲しい方は在庫がショートする前に対策を取るのが良いでしょう。
専用の周辺機器も要注意。
欲しい時にはない・・・ということがないように。

R0013435

九州放送機器展でも、メモ代わりにHV10をを使われている方を何人か見かけた。
個人的なのかもしれないが、プロの方でもお使いの方がいるようだ。

R0013423

長年映像をされる方でも小型・縦型のカメラには慣れが必要であり、
上手に撮るコツはある。カメラのせいににする方もあるが、
こうした道具はどううまく使うかである。

R0013421 
ところで九州放送機器展で人気であった

マルチフォーマット・コンバーターVC-300HDあるが、

Top_l

ローランドの内覧会で展示されるので、東京・大阪・名古屋周辺の方々はご覧になる良い機会になるだろう。特にVC-300HDのセミナーも開催されるのでチャンスであると思う。

http://www.roland.co.jp/products/ss/event/2007priv/index.html

東京は今月の26日と日が近づいているのでご注意ください。

2007年6月22日 (金)

九州放送機器展 最終日

2日間の会期のため、本日が最終日となる。

雨のため、出足が心配されたが、皆さん目標を持たれて来ているようである。

R0013434_1

ローランドブースのレポートである。一番の人気はマルチフォーマットミキサーV-440HD。認知は非常に上がっており、「これが」という方が多かった。またVer.2.0で追加された機能をたずねられる方もいた。補充してもカタログが飛ぶようになくなってしまう。

R0013427_1

またすでにビデオプレゼンターPR-80をお使いで、HD対応のPR-1000HDをご覧になりに来たかたも多かった。細かい仕様をたずねるかたもいる。

R0013428_1

VC-300HDは放送関係の方を中心に、マルチフォーマット・コンバーターとして関心が高まっている。

R0013429

東京近郊の方にとっては、さらに充実した展示・セミナーで、26日にご覧頂くことができる。詳しくは以下URLをご覧ください。大阪・名古屋地区でも予定されています。

http://www.roland.co.jp/products/ss/event/2007priv/index.html

ということで、展示会も終わり、搬出。

お疲れ様です。

R0013437
福岡空港の「風月」で、今回はいつもと違う「玄海丼セット」で夕食。

R0013436
あいかわらず、空港の離発着風景を見ながらである。

羽田空港の混雑のため、福岡で出発待機で遅れ、
さらに、羽田空港滑走路の障害物による空港閉鎖で大島上空で旋回、さらに到着が遅れた。
ということで、「特急田中3号」最終回の放送には間に合わず・・・
タイマー録画で見ることになった。

2007年6月21日 (木)

九州放送機器展 2007

福岡国際センターにて6月21日(木)初日であります。

昨年より出展も多く、来場も増加。関心の高さがうかがえます。

ローランドもブース出展、新製品をご紹介。映像系は
HD対応のプレゼンター(映像送出機)PR-1000HD、
3月に発売されたコンバーターVC-300HDなど。

音響系は24チャンネルのデジタル・オーディオ伝送、コンパクトなS-1608/S-0816など。

またアトリエビジョン社の著作権フリー素材のデモもされています。

お近くの方は是非実物でご確認を。22日までです。

Image182

R0013397

対象は放送関係、プロ向けの展示会、入場は無料です。

(開場:10:00 閉場17:00)会 場/ 福岡国際センター

なお遠くて見に行けないという方には朗報。

http://www.roland.co.jp/products/ss/event/2007priv/index.html

こちらもプロ向けになります。

2007年6月20日 (水)

博多

展示会準備のため博多に参ります。

羽田で朝食をとりました。

R0013379

博多のお天気は荒れ模様、時々強い雨が降ります。
市場を見つつ、準備の買い物・準備です。

雨の後は、相当の湿度ですが、仕事の準備も終了しました。

R0013382

夜は博多の駅前で、美味しいものを頂くことになりました。

地物の美味しいお料理が出てまいりました。

R0013389

お刺身もさすがにものが良いです。

R0013385

そしてイカは甘い・・・

R0013388

ゲソはてんぷらになりましたが、これもうまい。

R0013391   

焼いて貰いましたが、これもやわらかく甘い。

R0013392

これは特別メニュー。なすなど野菜の素揚げを作って貰い

煮魚のたれにからめて食べました。これも大変旨い。

ということで、明日本番の打ち合わせも終わりました。

明日はおおいにがんばりましょう。

2007年6月19日 (火)

九州放送機器展 2007

福岡国際センターにて6月21日(木)22日(金)(2日間)ローランドもブースを出展、新製品を展示する。
最新のハイビジョンのコンバーター、プレゼンター、オーディオレコーダー、デジタルオーディオ伝送などが展示される。
ということで、自分も展示説明に立たせて頂きます。VC-300HD、V-440HD、PR-1000HD、V-44SW、R-4PROが見たいという九州の方はこの機会に。

Image182

対象は放送関係、プロ向けの展示会です。

======

九州放送機器展 2007
Qsyu Broadcast machinery Exhibition 2007
(略称) QBE2007

会 期/ 2007年 6月21日(木)22日(金)(2日間)
          (開場:10:00 閉場17:00)

会 場/ 福岡国際センター

対 象/ 内外の放送局技術者、番組制作会社、放送設備導入会社、CATV及び放送技術に関連する層を対象とします。

入 場/ 無料

http://www.q-kikiten.com/

主 催/ (社)日本ポストプロダクション協会九州支部
協 賛/ (社)日本映画テレビ技術協会
九州映像制作社連盟
協 力/ (株)映像新聞社、電波新聞社

2007年6月18日 (月)

同窓会名簿

 以前から、同窓会の準幹事のようなことをしている。
10年ほど前、中学の同期会をやる・・ということで、その前の会の名簿をフロッピーでいただいた。

残念ながらそのデータは読み出すことができず。名簿のコピーから手入力で300名以上を入力した。今なら読み取りソフトもかなり賢いものがるのでそんな苦労はまずいらないのだが。

今回は小学校の名簿をまとめることになった。  これは15年前。
R0013376

FDなのだが、PCが6台あっても、FDDは1台もついていない。
すでにそういう時代になってしまった。
もう何年も使っていないFDDを探した。30分はかかっただろう。

R0013377

エクセルのデータのメニューからデータを展開した。
どうもメーカーワープロのデータであったようだがOKであった。
ここから15年分の修正を行う訳である。

Image192

こんなことなので、1年に何回か、学生時代は1度も話したことのない同級生から転居の電話があったり、だれだれの消息が判ったとかのメールを貰ったりする。

幹事にとっては、日々が同期会であって、特に地元に近いということもあって先生がどうのとか、冠婚葬祭話も聞こえてきたりする訳である。
自分は数年に1回とか1年に1回とか、懐かしい面々に会う・会えるためなので何の苦労と思ったことはない。

ただ、そうした同期会に参加される一般の方とは温度差があることには配慮しなければいけないようだ。

つまり、普通の人にとっては昔の同級生に会い昔に思いを寄せることは年1日、後は皆さんの通常の日々なのである。それは当然と思う。

 特に自分は60年代のホームページを持ち、平素から昔を思い出したりで深い郷愁を持つ。しかし、この年齢になれば、1年に1日だけでなく、いろいろな時にそんな思いがあるかとも思うが、それも人はいろいろのようだ。

昔の友人を見つけ、そうした会に出席して貰うために1年いろいろ考えている自分は一般から言えばやはり変わった人なのである。

 以前、そんなことで迷惑をおかけし、自分自身も目が覚めた覚えがある。

それは誤解であると思うのだけれど、平素の日々にそんな事は持ち込まないという主旨から、一途に謝るだけで、気持ちを伝えることは止めにした。

 何か気持ちが届かないことは、あの頃と変わらず・・

あの頃のすれ違いは視野の狭かった幼いころで仕方が無いが、今はやはり淋しいなと思った。

 名簿のメンテなどは何も感謝されたいなど思ってやっている訳ではない。

 自分も、たった1日懐かしい人々に会って楽しく語ることができれば良いのであって・・・

 ただ違うとすれば、自分はそのためなら1年いろいろやりたい、ただそれだけなのだ。

2007年6月17日 (日)

日曜の午後 吉祥寺

吉祥寺ロンロンのお弁当戦争も最近は落ち着いたようで、各店で独自の路線が見られますが、特にこ春より、各店、ラインも変わったようです。

大増は安い・高いで2分しか感も有り、ヘルシーや30品目が見えない代わりに、500円と800円台となり・・・

注目は「まごはやさしい」。3種の中から夏野菜。なかなか品もよく、ズンダの餡子玉もついております。

R0013370

吉祥寺TAKANOのケーキはピーチで

ピーチのショートは生のピーチ

R0013371

クレメタンジュは煮たピーチですが
R0013372

ゼリー、ムースと多層に作られています。

2007年6月16日 (土)

季節の変わり目

ということで、ゴールデンウィークに撒いた朝顔が大きくなってきました。

ツルも出る頃になりましたので・・・

R0013367

例年は行灯タイプですが、本年は画像のようにしました。

R0013368

今年はどんな花が咲くのか、もう3年ほどになりますが、
毎年前年取れたタネからです。

2007年6月15日 (金)

HV10 評価 便利機能を使ってうまく撮る

東京は真夏のような天気。
暑いですが、安価な小型カメラでも良く見えて撮れるというところはあります。

R0013365

まず、便利なところ、簡単なところから
内蔵レンズカバー:未使用時は閉じてくれる。
デジカメなどでは多い機構ですが、便利です。

撮影アシスト機能:ゼブラ、ピーキング
ゼブラは昔から高級機に付く機能ですが、液晶のようにDレンジの狭いモニターでは潰れを確認するのにありがたい機能です。メニューから70%,100%が選べます。限られたDレンジを有効に使い、つぶれなどを逃げるに良い機能です。

R0013374
ピーキングはエッジをたてて、フォーカス合わせをし易くする機能もこれも選択支になります。

マーカー機能これもメニューから、 水平マーカー、グリッドを組合せで選べます。色も白・グレーで選べます。カメラの水平や構図を見るのに都合の良い機能です。

R0013373

フォーカス・アシストこれは拡大して見せて、フォーカスを合わせやすくするのですが、某誌では、HV20に比べHV10は機能なしのように書かれていたのは間違いです。

R0013375

このブログで使い始めに書きましたように、フォーカス、露出、ファンクション、メニュー、フォーカスアシストを同一平面に置き、親指操作内に納めたことはこのカメラを大変使い易くまた機能的にしています。そうした視点で見ると、撮影モードを横に滑らすことで選べるところも納得できるところです。

2007年6月14日 (木)

HV10 評価 静止画機能

HV10 評価 静止画機能

hamaproさんがブログでSR7の静止画モードを解説していたので、
ここではHV10の静止画機能を解説致しましょう。

R0013246

1)静止画モード:ファンクションで設定した解像度(4種)でフォトボタンで撮影可能
    310万画素、200万画素、150万画素、31万画素(VGA)

2)動画モード:テープ再生中、フォトボタンで静止画化。(あとからフォト)200万画素
3)動画モード:カメラ撮影中、フォトボタンで静止画化。(同時記録)200万画素 初期設定はOFF
4)動画モード:カメラモード  フォトボタン 初期設定はOFF
5)動画モード:テープ停止  フォトボタン 初期設定はOFF

R0013250

HV-10では3モードをうたっています。

2007年6月13日 (水)

お土産

小さくで、便利だったのこれ。空港内のANAフェスタ(手荷物検査後)にも売ってます。

皆さんに試食で分けるにも良いですね。「コーン」「白樺樹液入り」は変わっています。

R0013351

2007年6月12日 (火)

HV10 評価

北海道の観光地で使ってみて。今回は静止画撮影も行ったのですが、両方撮るとなると以前のカメラ(SONY PC-300K)との違いがつかい易さの違いが出てきました。

R0013360

以前も、メモリーとテープの切り替えはあったのですが、そちらのモードでも静止画・動画を撮ることができました。HV-10の場合、テープモードでフォトボタンを押すとメモリーのアイコンがフラッシングして警告します。これが以外に気づき難く、現地では撮影したつもりになってしまうこともあるようです。インターネットやメールで静止画を扱うとなると、VGAサイズ、写真用には高解像度、簡単に切り替えて撮影できたら、やはり便利ですね。

2007年6月11日 (月)

HV10 評価

そう言えば、先日北海道に行った際、北海道のDV-7ユーザーさん7名とお話をさせて頂きました。その時に丁度、持っていたHV10を触って頂きました。

R0013358 

皆さん、小型・軽量にはびっくり。これがHDVのカメラ?

小さすぎてという意見もありましたが、旅行には機動力は抜群。

ただ、ビューファインダーが見難いという指摘がありました。

R0013357

このくらい小さくなると見易い・見難い以上に、ビューファを覗くという姿勢を続けるのが結構苦しかったりするのです。液晶を開いて撮る姿勢はずっと安定する。これまでの常識は違うと思いますが、この大きさでは自分はそう感じています。

2007年6月10日 (日)

吉祥寺 日曜の午後

休みですが、朝からイベントの準備です。

ANAの機内限定販売でこんなものを買って来ました。

Image814

色鉛筆塗り絵のセットです。

R0013345

消しゴムで消えるタイプ。解説DVD付というところが面白い。
水性色鉛筆の解説も収録されてました。

塗り絵は今ブームなのだそうです。

吉祥寺TAKANOのケーキはチェリー特集ですが、

例年どおりで宮崎マンゴーのマンゴーデセール登場。

R0013339

ココナッツババロアと味の濃い宮崎マンゴーがマッチしています。

R0013340

2007年6月 9日 (土)

札幌

いよいよ3日目。最終日。
こうして来ても札幌は涼しくない、タクシーの運転手さんも言っていた。
昨年夏来たときも暑かった。
はやばや、新千歳空港へ。妻は買い物である。

R0013322

帰りもスーパーシートプレミアム。
747-400なので、先頭部。

R0013327
747-SRは2階席だった。
777はご存知の前部の不思議な空間。

R0013329

昼食は和弁当。何故か味噌汁はなかったが。
いくら、うに、かに、そしてアスパラと名物入り。
下降して雲の下に出ると千葉から東京湾と地形が見えた。

R0013328
これを母に見せたかったのであるが。
電子機器は使えない時間帯で映像もなし。
そして無事羽田に到着である。

R0013324

行きも帰りも同じ機体であった。

そして帰宅。札幌の小島さんからは六花亭のお菓子の詰め合わせを頂き、早速珈琲でお茶をさせて頂いた。美味しいお菓子でしたありがとうごいざいます。ということで早速反省会である。

R0013338

今回の旅行ではやはりJRタワーの朝昼夜の30階からの景観は素晴らしかった・・・ということで、お礼にその静止画をお送りした。(メールなので小さくリサイズしましたが)

2007年6月 8日 (金)

小樽そして札幌

北海道には何度も来ているのだが、小樽は一度もない。
ということで、小樽見学である。

昨日、以前札幌セミナーを受講されていた方からの小樽の情報をもとに回ることとした。

札幌からは電車で約40分、途中進行方向右手には海も見えて爽快である。小樽駅、昔懐かしい感じの駅舎。

R0013303

船見坂より運河へ向かう。
ここは、映画などでも何度もロケに使われている。

R0013305

北運河側には観光客は全く見えない。
40m幅の運河は当時を偲ぶことのできる姿である。R0013241

そしてここが、観光写真でもよく使われる場所。幅は20m。

R0013253

ウォール街と呼ばれたこの場所は
映画「Love Letter」でも名シーンを生んだ場所。

R0013256

小樽と言えば「鮨」、ガイドブックをもとに入る。
ここのお店のあなご鮨は絶品。

R0013310

この後、オールゴール館など見る。
北菓楼のイートインで休憩

お土産ものを買い、南小樽に抜け、札幌へ。
本日の宿は狸小路。
以前セミナーをしていた時の定宿の隣である。

そして夕食は当時、毎回利用していた「うおや一丁」
一人あたま2000円でたっぷり食べられた。

R0013315

Image87

Image8

Image6_1

R0013320

2007年6月 7日 (木)

出発

母は平熱はもどりましたが、旅先のことですので、大事をとることとしました。
今回の目的が母の夢でしたので、内容・目的は変えることになりましたが、
母から、二人で行ってきて欲しい・・・という言葉もありまして。
妻にとっては18年ぶりの札幌。自分は10ヶ月ぶりですが、仕事でないのは妻と同じ。
まずは飛行機のキャンセルから始まりましたが、これもクリア。母に合わせ飛行機はスーパーシート。機内色も出ました。(アナゴ飯)

R0013191
東京から1時間30分で北海道玄関札幌に到着です。画像は本日宿泊のJRタワー日航です。

R0013195
18年前は、北斗星で16時間かけて来ましたが。
今回、母の夢実現は無くなりましたが、気持ちを切り替え、退院できた妻へのサービスにもなればと思いました。
母にはお定まりの観光コースを用意しておりましたが、妻は一通り回ってますので、まず駅前の雪印パーラーへ。

Image2_3
宿泊は3人部屋で、よさこいの時期ということもあって空きがなくなんとJRタワーの角部屋というリッチなことになりしたが

Image81
それは大変豪華な景観でして。各階4つある角部屋としては西北方向。
JR札幌駅と北大、植物園が見える、30階の部屋でした。駅が真下に見え、正に鉄道ジオラマですね。

R0013203

観光はまず時計台。

R0013215

久々に中に入りましたが、改装されて、内部は演武場に戻って、全く変貌しておりました。
昔は市電などが展示されていたはずです。

R0013208

注目は塗装の時代変化。昔は今の色では無かった。でも昔の色もそれぞれの時代で素敵です。

R0013209

壁の塗装断面で判るですね。まさに歴史の年輪。

大通り公園も久々。

R0013217

この後、駅前のホテルに戻り、妻はJRタワー内22Fのスパのエステへ。自分は仕事です。

18:30、以前やっておりました札幌セミナーのメンバー、今のDV-7研究会、北海道支部の皆さんと食事をかね情報交換。

DV-7の札幌セミナーは2002年から。最初は年3回ほどでしたが、ピークは毎月1回となり、ご使用の方もうなぎのぼりに増えました。そこで講師も後任に交代。
皆さん、撮影に編集に日々頑張っておられるようです。7人も集まって頂きました。ありがとうございます。
自分からはお手製のDV-7用の素材集をお土産です。

R0013223

うーん、海の幸も美味しい。

R0013232

カニもホタテも焼くと甘くて美味しい

ということで大変盛り上がって、懐かしいお話も飛び出し・・・

R0013236

そして戻ると部屋は大夜景状態です。(画像はAM3:30ですが)

R0013237

2007年6月 6日 (水)

出発前日

自分の仕事が一番心配のところでした。それも何とかクリアしまして。
いよいよ出発準備、スチルカメラは母に担当して貰い、自分はDRデジタルで済ませることにしました。
そして・・・ところが母が風邪で熱を出したのです。
母の経過を待つこととしました。

2007年6月 5日 (火)

母の望みの実現

会社の仕事の締め切りが今日有り、その確認が明日あって、仕事の続きはまだまだあるという状態ですが・・・

今年78歳になる母には、空から地図ような地形を見たい・・・という夢があって。
しかし、飛行機にも乗ったことのないということで、その夢を実現させてあげるべく、札幌への旅行を企画しました。

札幌には以前仕事で毎月行っていましたので、高齢でも無理のない、また思い出となるような計画をたてました。
無理のない・・というところでは、小樽の散策を加え、2泊3日ながら、最終日はほぼ帰ってくるだけに近いような日程致しました。

ちょうど、札幌は「YOSAKOIソーラン祭り」、予約をどうにかとることができました。
仕事もぎりぎりのところ、会社全体ではこれからという所で忙しい中、恐縮で2日休みをとっての実現であります。
これより早くもまた遅くも実現は難しいというぎりぎりですね。
出発は明後日に迫りました。

2007年6月 3日 (日)

HV10 評価・実用

そして旅先で本体スピーカーでは困る、ヘッドホンを。というときの緊急対策用。

これは以前書いたように、ヘッドホンのインピーダンスなどもあって、お勧めはできない。

R0013175
知識がある方が自分の責任の範囲でという話だ。ヘッドホンのインピーダンスは本来低いので出力アンプには負荷が重すぎるのである。
対策はいろいろあるが、結局はアンプを入れることになるだろう。

吉祥寺 日曜の午後

いちごが終わるこの季節は果物のバラエティーの多くなる時期でもある。
吉祥寺TAKANOは今月はチェリー・フェアらしく、いろいろ期待されるところ。

ジュアン・パフェ

R0013180

6月のパフェというだけあって、チェリーともものコンビネーション


ピーチのクレメンタンジュ

R0013183

これも年間を通していろいろな果物がある。最近ではダークチェリーがあったが、期間的にはピーチがもっとも長いのではないか。一般の缶詰ピーチと違い肉質がぐっと詰まって味も濃厚。

マンゴー・レアチーズ

R0013181

マンゴーとチーズケーキの組合せでは、マンゴー・ベイクドもこの時期あって味が楽しめる。このレアチーズは年間通してある定番ケーキ。

アップル・パイ

R0013184

こちらも年間の定番ケーキ。パイはサクサク地ではないタイプ。リンゴはさすがに、肉のしまった風味の良いものがつまっており、あらためてリンゴを食べるためのケーキと感じさせる。

2007年6月 2日 (土)

吉祥寺 土曜の午前

吉祥寺の北口西側には中道通りがあるが、最近、特にホットである。
ということで
 ここで「麦わら帽子」というお店は、武蔵野市の姉妹都市の商品・生産物を販売している。

R0013177
産地直送の野菜は大変な人気、休みの午前でもレジも混んでいる。
野菜やお花は早い時間に完売となることもあるらしい。
そして長野などのお菓子や変わった食料品も扱っている。

R0013182
「栗甘納豆」は525円を購入してみた。
中もほっくりやわらかく、風味も良く、お得であるとおもう。

2007年6月 1日 (金)

HV10 評価

さて、HV10も試用の段階から実用の段階に入ってきた。
近々、母を遠方まで連れて行く予定ができて、その際ビデオカメラを回すことになった。

ビデオカメラは多数あるのでどれを持つか・・・ということだが、遠方ということもあって小型のキャノンHV10に決めた。

ここで、これまでやってきた評価が物を言う。

まず、バッテリーはカタログデータでは、BP-310の実用時間は約45分となっているが、このところの自分の評価では30分と見た方が安心という結果がある。昼間の撮影が何回かあるとなると、現状のBP-310を2本では心配な感じなってきた。60分テープを1本撮るのには単純に30+30分なのであるが、夜の充電までに時間が持たない・・・というケースもあるだろう。
そこで大型のBP-315である。カタログ値で実用80分となっている。2倍までの容量はないが、これがあれば、うまく組み合わせて使いまわせそうだ。

R0013173

そうなると本体充電だけでは当然心配ということで、専用のバッテリーチャージャーも購入して備える。バッテリーを考える上では撮影時間もあるが、充電方法と充電時間も考えるのも大変重要である。

会社の近くのYカメラに在庫が有り、昼休みに購入することができた。

売り場を見ると、HV10の販売価格が1万円ほど下がっていた。これならサブカメラ(特にSONYのHDVカメラを持つなら)として迷わず買いであると思う。(SONY製をもっているなら、編集上の接続などでも何とかなる。)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ