無料ブログはココログ

« 青山デジタルビデオ研究会 | トップページ | 鉄道模型ショー »

2007年7月27日 (金)

ワイド対応

ワイド編集には2つあり、HDV素材をDVに変換しての編集と、DVワイド(スクイーズ)で撮影した素材の編集がある。

前者はカメラの再生時の設定で画角をレターボックス、エッジクロップなど決めて出力できる場合があるが、後者はスクイーズとなるのが一般的だ。
DV-7DL PROスタジオ・エディションは再生するTVのオートモードなどを利用できるアスペクト比設定機能がある。(ただし、ワイドモードのない古いテレビでは問題外になる。)

R0013681

« 青山デジタルビデオ研究会 | トップページ | 鉄道模型ショー »

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイド対応:

« 青山デジタルビデオ研究会 | トップページ | 鉄道模型ショー »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ