無料ブログはココログ

« 市民ビデオ研修会IN軽井沢 | トップページ | 愛知県 »

2007年8月 1日 (水)

フルHDカメラ時代

 2年前くらいのセミナーからHDV編集のことを良く聞かれた。そのとき表示系が整えば、きっとHDVの画質が問われるとお話した。HDVはフルHDではないのである。

 8月1日、各社よりフルHD対応の、すなわちHDVでないカメラが発表された。

Cimage14
 JVCは春のフルHDのHDDカメラ、エブリオで気を良くしたそうでHD3、松下はSDカードを使ったSD5他、キャノンはHDDのフルHDカメラを8月末~9月で発売する。
 ソニーも少し前にHDDカメラ、メモリースティックカメラでテープレスのカメラのラインナップ中心となったが、さらにフルHD化は当然のこととなるだろう。

統計ではTV販売の2割がフルHD、カメラも25%とのことだ。編集人口はカメラ購買では全く微々たるものであり、現実、HDVの普及カメラは現行SONY HC7とキャノンHV20の2機種しかない。

 これも以前より判ったことではある。2005年夏にある人からHDVは終わるよ・・・と聞いた自分ではあるけれど、編集マニアたちが今後どちらに向かうのか?、昨年春のセミナーでここでHDも一度やり直しなるかもと冗談のように言ったけれど、まだまだ話題はつきないと思う。

 

« 市民ビデオ研修会IN軽井沢 | トップページ | 愛知県 »

セミナー」カテゴリの記事

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルHDカメラ時代:

« 市民ビデオ研修会IN軽井沢 | トップページ | 愛知県 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ