無料ブログはココログ

« 同期会 | トップページ | 昭和タイムズ »

2007年10月22日 (月)

ビデオサロン11月号

先週書いていたようにBDレコーダーの特集が巻頭に来ています。

R0014484
切り口として、気になったのは、AVCのDVD記録、自分は全く本質ではないと思っています。
BD促進には、こうした紛らわしいものは不要で、BDが安価で利用され易くなれば良く、そのためにはよりBDを使うべきでしょうから。

その証拠にはSONYは非対応、松下のみ。SONYはカメラでの記録が再生できれば良く、またそのカメラもHDVを持っている訳。
やるのならもっと早くそれもBDレコーダーの搭載機能であるべきのか?

BDレコーダーを買って、DVDにHD記録では何か変。BD不振、BD不信という感じ、BDとDVDにはあまり大きな価格差があるということもあるからでしょう。

また、松下の機種にi.LINK端子の搭載を評価しているようですがが、これはDVとTSということで、HDVのバックアップまたはHD編集結果を落とすということまた別だと思います。松下としてはHDVカメラはやっていない訳で何もサポートの必要ない・・・そんな目的でブルーレイを考えている方には要注意。昨年末も松下でHDVが録れるという噂も掲載されたがどうもその後、ハードが変更された・・・という話もあります。

HDVや編集系で考えるなら、SONYで考える方が安心というのがいまのところの個人的な見方です。

« 同期会 | トップページ | 昭和タイムズ »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオサロン11月号:

« 同期会 | トップページ | 昭和タイムズ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ