無料ブログはココログ

« ビデオ編集専用機DV-7セミナー | トップページ | SONYからHDカメラの新製品 »

2008年1月17日 (木)

ブルーレイの躍進・ハイビジョン配布への道

 新聞などでデータが公表されていますが、この冬の商戦ではDVDレコーダー系商品の3割がブレーレイであったという・・・
ただこれが金額ベース。台数では2割程度。分析では各社10万円台前半に機種を集め買い易くなってきたことを原因にあげています。
本年の北京オリンピックを睨んで、年末に向かって6割を超えるという予想も一部出ているようです。ブレーレイ陣営のシェアもSONY6割、松下3割というデータもあります。
 12月発売のHD-DVD東芝の新製品も市場影響は僅かのようで、ワーナーの方針変更でソフト陣も方向を決めてくるにでは・・・という予測も出ているようです。販売店さんの中ではブルーレイの好調の理由にこの決まった感も上げているところがあるようです。
予測がどの程度当たるか?ですが、再生環境の整備は言うまでもありませんが、やはりディスクの価格が下がることは大切な要素。そして新規購入がまずありますが、その蓄積である全体の保有率・使用率がどうかで、そう言う意味ではいよいよハイビジョン配布の時代がそこまで来たということでしょうか。

« ビデオ編集専用機DV-7セミナー | トップページ | SONYからHDカメラの新製品 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーレイの躍進・ハイビジョン配布への道:

« ビデオ編集専用機DV-7セミナー | トップページ | SONYからHDカメラの新製品 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ