無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

最近のアクセス

ビデオフェスティバルも終わってほっとできるかと思って・・・いましたが
各方面へのお礼や、データの整理やまとめで、結局、睡眠3時間という日も出たりしています。

皆さんの関心で言えば、Webサイトのアクセス解析を行うことで見えてまいります。
検索ワードやアクセスページランキングでさっくり言うと・・・

1.オーディオ・真空管
2.鉄道模型・Zゲージ
3.電子楽器・テルミン
4.昭和・懐かしもの
5.カメラ・ビデオ関係
6.吉祥寺・食べ物
と言ったところでしょうか。

これからもマルチに展開して行こうと思っております。
リクエストなどありましたらよろしくお願いします。

早いもので第5回ビデオフェスティバル本番から1週間が立とうとしています。会場に来ていた昔の生徒のTさんからデジカメ写真をメールで頂きました。自分で出ていると写真無いんですよね。ありがとうございます。Vfimage3

終了後の処理で今週も徹夜に近い日が何日かありました。

なおビデオフェスティバルに関しては

ホームページにもコーナーをつくりました

もちろん、ブログのレポートはごらん頂いていると思います。

円城寺佳子さんのブログにもレポートがありますし

リンクまで貼っていただきました。

お仕事いっしょにして頂きありがとうございました。

2008年2月28日 (木)

のど飴・ガム機能論

仕事がらのどには注意をしておりますが、この時期、なかなか大変です。

そんな時役立つのが「のど飴」。最近品種も増えております。

もちろん、のどに良いのでしょうが、その昔なら薬くさいヴィックス。

近年になって龍角散のどあめ、カンロなどの薬草系、カリン、キンカン・・・

最近の特徴として「おいしい」やバラエティー。

R0015120

きざみゆずのつぶつぶの触感。

R0015009

2アソートで2つの味が楽しめる

R0015212

サンドイッチタイプで箱入り

R0015053

塩が刺激で習慣になるけど本当にのどに良いのか?

ビタミンCなど健康系は皆さんご存知のところ。

そしてガムは機能化しております。

R0015213

2008年2月27日 (水)

 記録もののビデオ編集で感ずるところ

イベントなどをまとめるという編集で行き着くのは、映像の編集は音の編集でもある・・・ということですね。
映像だけみれば簡単につなげる素材もそこに声や言葉、音楽が入っていると好き勝手なタイミングでつなぐことはできなくなります。つなぐ場所によっては意味が分からないだけではなく、違った意味を持ってしまう場合もあります。しかし、音声のタイミングでつなぐと絵柄が・・・そこが工夫のしどころですね。
やはり、素材の活用があります。リハーサルで撮った画、サブカメラで撮った素材、デジカメの静止画から作った動画など、そこは臨機応変な対応が必要ですね。しかし、考えるとある程度決まった手を使っているような気もします。言葉が進行するような映像では、言葉の意味や全体の流れとして、言いたいことを大切にした編集が必要です。まさに「紡ぐ」というのが正しい感じがします。

2008年2月26日 (火)

「思い出の愛唱歌、愛聴曲」

昭和タイムズの発売の火曜日ですが、
本日はSONY CDクラブオリジナル企画からご紹介。

Img_2258

小学生の頃に聴いた音楽、歌った歌。
詳しくは画像を見てください。

Img_2260

各コーナーのはじまりにチャイムが入っています。
もう何十年も前の小学校の始まりはどんなであったでしょうか?
自分は違う地方の小学校を3つ通っているので記憶がごっちゃです。
そのはじめの学校は、転向して2年後、統合化され、廃校となってます。
これには不思議な話があってホームページに掲載しました
そのお昼の時に流れていたのは、ビゼーの「アルルの女」のメヌエットでした。
今でも聴くと、あの薄いお茶の味を思い出します。
CDの収録曲は、オーソドックスなものばかりで、持っているCDのどこかに入っていそうですが忘れていた曲もあります。
「こぎつね、コンコン山の中・・・」「かすみか、雲か・・・」などなど
ハイケンスのセレナードも学校では校内に流れていておかしくない曲です。

こう集めて聴いてみるとやはり小学校の頃の生活を思い出します。
2つ目に行った小学校は2年間で、入学も卒業もしていない生徒でして、全く友達との音信もありません。
そんなこともホームページにコーナーを作りまして1年ほどになります。
先週、自分からは10歳ほど後輩にあたる、その小学校卒業の方からメールを頂きました。
年代は違っても学校や商店街など共通の体験をしているようです。
孤立した無人島から流した漂流瓶が届いたそんな感激がありました。
自分の記憶の中で風化していたいろいろを思い起こすことができました。
お祭りのみこしをかつぐと、世代の違う自分の頃も近くの銭湯の入浴券と梨を貰うという同じ経験をされていました。私がその当時に持っているいくつかの謎についてもお聞きしたいと思っています。

2008年2月25日 (月)

吉祥寺

ビデオフェスティバルの家庭内打ち上げはいつものように「まぐろ人(びと)」でしたが、デザートはやはり・・・吉祥寺TAKANOのケーキです。

R0015204

吉祥寺TAKNOは桜まつりです。
ゼリー、クッキー、ジャムなど多種多数あります。

ケーキも桜まつりです。ビデオフェスティバルに打ち込んでいて知らないうちにこんなになっていたんですね。

R0015135

こちらは爽やか風味のSAKURAミルクプリン

R0015134

こちらはケーキ仕立てのSAKURAリーフです。

宮崎の日高さん、応援ありがとうございました。

またご心配をおかけしましたが、これより更新がんばりたいと思います。

2008年2月24日 (日)

●産経学園ビデオ講座

昨日のビデオフェスティバルに生徒さんが参加されておりました。

話題は入賞した作品のことで、ここでは作品の見方、創り方という話を生徒さんの感じたところ中心に話し合いました。

R0015197

エディロール・ビデオ・フェスティバルでは司会進行をつとめた円城寺佳子さんのお仕事ブログからも当ホームページへリンクをはっていただきました。

良質の作品をテーマして、作品への取り組みを考える・・・フェスティバルの翌日という偶然の講座でしたが、昨日見た作品で有意義なディスカッションができました。

R0015205

お茶をしながら、生徒さんの作品をゆっくり鑑賞しました。

DV-7DLシリーズの操作ではプロジェクトの削除と考え方について。

そして、次回はいよいよ春の井の頭公園の撮影会講習。実地でいっしょに撮影、ご指導差し上げます。

参加の方は3月23日吉祥寺産経学園教室に集合の上、公園に出発、約2時間を予定。4月は撮影の分析・反省、そして編集へと進んで参ります。お申し込みはこちらです。TEL0422-40-2261

ビデオカメラ、三脚をお持ちください。

入会希望の方はチャンスですよ。

入会特典データCD-ROM進呈は3月まででした。現在休会中の方の再入会でももちろんかまいません。

2008年2月23日 (土)

第5回エディロール・ビデオ・フェスティバル本番

ついに発表の日がやってきました。会場は青山TEPIA。

今回で5回目になるビデオフェスティバルです。

R0015186

R0015188

ホワイエの展示、お客様を迎えるスタンバイOKです。

ノミネート作品上映、DV-7DLシリーズ、新製品R-44などです。

こちちらは、ホール内。

いよいよ本番。オープニングカウント106・・・・

R0015189

・・・ということで受賞作品発表会が開催されました。

表彰は感動的なもので、

受賞された方々おめでとうございます。

R0015192

多数応募の中、11作品が受賞されました。

第2部は近藤洋史さんのビデオセミナー

R0015183

新製品R-44を中心のセミナーでした。

たっぷり、4時間以上にわたるビデオフェスティバル無事終了しました。

今回は前回に続いての主幹、4回目の司会進行。リハーサルが一番緊張するタイプなので、本番は微力ながらのびのびやらせて頂きました。

ご支援、ご協力の方々ありがとうございました。おいで頂いた方で30人以上はお顔を存知あげていましたが、ご挨拶もできず本当に失礼しました。

審査員奨励賞を受賞された石山さんは数年前、自分が大阪のビデオラボの講師のお手伝いをしていた頃の生徒さんでした。こんなすばらしい作品を作られ、うれしく思います。

R0015194

さて舞台裏です。

R0015179

こちらはリハーサル前、円城寺佳子さん登場。今回は司会進行のお手伝いをお願いしました。 1年ぶり、3回目の司会をごいっしょしました。

午前、リハーサルも無事終了。お昼はスタッフ弁当でした。

R0015185

お弁当をごいっしょしましたが、本番前、台本に目を通されておりました・・・

R0015195

こちらは、ほっとして。ちょっと自然な感じ。

R0015196

こちらはきりっとした感じ。

今回はステージでも受賞インタビューのマイクホロー、ハイビジョン製品での被写体モデルもこなしお疲れ様でした。

そして搬出も無事終了、

準備から8ヶ月のイベントの終了です。

家に帰って、妻から貰って、この日のために開けずにいたワインを開けました。そういえば、正月以来、お酒を飲んでいないことに気づきました。

R0015201

そして、本当に久々の7時間の睡眠に・・・

2008年2月22日 (金)

エディロール・ビデオ・フェスティバル設営準備

準備と言えば、6ヶ月。この3ヶ月ほどは家族の病人など出て、ホームページ、ブログ、そしてメールなど手抜きで不愉快な方も多かった・・・と思います。不慣れな妻に手伝って貰った数々、感謝の日々です。

そして明日の授賞式のための会場の準備が本日終わりました。

いえいえ、まだ明日の準備を家でしています。

明日が終われば・・・ということばかりで自分でも情けないですが、

とにかく、ご応募頂いた皆様、関係者の皆様の感動のために

明日のその時までがんばらせていただきます。

何ヶ月ぶり・・・という方も明日お会いでできるんですね。

楽しみにしております。

R0015177

ということで準備の終わったホールです。数々作った資料や打ち合わせ、そして造作などすべてこのためだった・・・かと思うと作品を作られた方の感動のほんの僅かでしょうが感ずることができる気持ちがします。本当に手作りのイベントではありますが、責任が果たせる・・・無作法・無礼もあるかと思いますがお許し頂きたいと思います。

それでは、外苑前のTEPIAホールでお会いしましよう!

2008年2月21日 (木)

真空管の通販

先日の続きです。

Img_2254

こう球も揃ってくるとアンプを作りたいですね。
そういう意味では使いやすい価格で提供されるのは嬉しいところです。

Img_2257s

最近は有名どころもロシア製なんですね。

Img_2256s

若干、球のゆがみは気になりますが、この価格も魅力です。

2008年2月20日 (水)

昭和タイムズ

Img_2249 今回は60年代ではないのですが・・・
1957年。

Img_2248

オート三輪「ミゼット」の発売、

Img_2251

コカコーラの日本上陸

Img_2250
料理番組のスタートなど

60年代を作るような年であったこと知る次第です。

2008年2月19日 (火)

DV-7ビデオ研究会の会報が届きました。

あけると・・・

Img_2244

ビデオフェスティバルの受賞作品発表会の開催案内です。
そう今週の土曜、外苑前まで、おこしください。
作品に、機材に、きっと満足の半日になると思います。

そしてBGMコンテスト募集。
こちらはアトリエビジョン社のBGMアーティストシリーズなどを使ったものです。

そして、本文には、松本先生の講座や
先日紹介しました岩手の千田さんのセミナーの報告、
名古屋の杉山さん、群馬の津久井さんのお話が。
なかなか興味深いものばかりです。

2008年2月18日 (月)

Zゲージは進む

ProZや、リアルZと言ったところで日本型Zゲージの話題が盛り上がりましたが、このところ少し静かです。
多くはトイから脱しない状況の中、本格的な日本型のZゲージであるスタジオ・フィールのキットを通販しました。

Img_2253
ビデオフェスティバルが終わったら始動する予定です。
Img_2252

2008年2月17日 (日)

HD-DVD撤退、そしてブルーレイ

2007年の春から形勢は見えていたとは言うものの、強気を通していたHD-DVD陣営も、結局は実質東芝一社の孤軍奮闘もここに終止符ということだと思います。

Img_2207_2 

教えられるもの、感ずるものは多い訳です。年末に買ってしまった方など・・・いろいろな心配もあります。あらためてメーカーの責任とは事業の存続でもありますが、それを支える経済効果があってのこと言うことでしょう。

一見日本では、ユーザーが市場が決めたとも言えそうですが、実は米国などのソフトや流通など業界が決めたようです。しかし、その業界はユーザーを見ている訳で、大手メーカーほどエンドユーザーが見えていない、舵取りは遅くでも急で、そして無理なものになりやすいようです。

しかし、これで終わりではなく、昨日偶然にもビデオカメラの多様複雑なメディア・フォーマットの課題が新聞に出ていました。これも整理・明確化する必要がある訳で、今回同様の問題を秘めている訳です。(この図もまったく不明確、未整理である意味混沌を表しています。)

Img_2208

次世代DVDの市場構成がシンプルになれば本質が見えてきます。一般が高画質レコーダーを普通に求められるか?価格競争も他フォーマットとの対抗ではなく、競合他社、いや消費者の財布との戦いになると認識すべきでしょう。
地デジに関しては昔からお話していましたが、本来目的は高画質化ではなく、チャンネル数確保であって、それもソースや用途から来る・・・でなく2000年に入いろうとした時のアジア、ワールドワイドでの見た時の放送デジタルへの流れでの乗り遅れ・あせりも多くあったことで、国際的乗り遅れは排除できたものの、先行したはずの米国などの状況は多くの課題を物語っています。

これでハイビジョンも決まったではなく、まだ課題は多い中、その1つに見えたものがあるということで、それに右往左往させられるのはやはり一般ユーザーということでしょう。それなら規格はなぜ統一されなかったのか・・・

しかし、製品は早く、次々、変化するものだけを評価するエンド側にも考えるところはないでしょうか。メーカーもいろいろ出してしまうのではなく、沈思黙考すべき勇気もあるべきということ、これはずっと感じているところです。

2008年2月16日 (土)

ブルーレイの勝利!

 決着はオリンピック前につきました。

実質は決まっていましたが、

 東芝の気持ち次第だった訳です。

これで、あとはデジタル系のコピー、そしてメディアが安くなり、

我々が皆使うかということになったと思います。

2008年2月15日 (金)

真空管通販届く

本日届きました。

Img_2201

こんなシールが貼ってありました。

Img_2202

緩衝材もたっぷり入っていました。

Img_2204

選別データがついています。

Img_2205

中身のことはまた後日に

Img_2206

保証書もついております。

実は会社では今風邪がはやっており、小生も本日は調子が悪く早退、病院へ行っての帰りでして、このあたりで失礼を致します。

2008年2月14日 (木)

バレンタイン

会社でも、家でも貰いました。妻と母からはゴディバのチョコレート。
R0015132

吉祥寺パルコ内で1つづつチョイスさせて頂きました。

R0015133

さて60年代はと言えば、テレビなどの情報では60年代のはじめの頃、お菓子メーカーが画策したとも言われますが自分は60年代、小学生、中学生として過ごしたのですが、記憶にないのです。
これは実際そうした行事が行われていなかったのか、自分を避けて通っていったのかも判らないです。
進歩派の方々はチョコを贈ったり贈られたりがあったのかもしれません。
当時の子供たちですので、仲良しもこっそりと別の世界であったとすれば、全然しらないこともありえます。
確かに最近、昔の仲間に会うと仲の良い仲間どうしで、ハイキングに行ったなんて聞くこともあり、驚く訳ですが、確かに当時の写真が残っていたりで、その中に当時ちょっと気になった子が写っていたりする、そんな世界を知らなかった自分の世界の狭さを改めて思い知るのです。
今の義理とかでないだけにひっそりプレゼントが行われた・・・隠れたほんのり話はあるのかもしれません。
硬派?全盛の時代だけに、バレンタインよりバルタン星人という男の子も多かった?のかもしれません。

2008年2月13日 (水)

更新が滞ってますが・・・

更新が滞ってますが・・・

 最近、開催が迫ってきましたエディロール・ビデオ・フェスティバルの準備などがありまして、更新が滞っております。
2月23日は是非、東京・外苑前、TEPIAホールまでお集まりください。

http://www.roland.co.jp/video/vf5/index.html

 優秀受賞作品の発表は映画作家の大林宣彦監督、そしてVJアーティストのVJ MASARUさんらによる発表会となります。
そして第2部は久しぶりの近藤洋史先生のビデオセミナーも楽しみなところですね。
そして、恐縮ながら、小生司会進行をつとめさせて頂く予定になっております。

なお、円城寺佳子さんも司会のお手伝いをして頂きますのでこちらの方もお楽しみに。円城寺さんのブログにもお仕事日記で掲載されていますね。

もちろんハイビジョンファンにもDV-7ファンにも見て頂きたい内容です。 会場では製品の展示もあります、作品もご覧もなって頂けるということで土曜の半日たっぷりビデオがらみで楽しんで頂ける内容となっております。
遠方からも、ご来場頂いても損の内容。きっと来て良かった・・・そう言っていただける・・・と思います。

 ということで、よろしくお願い致します。そして今回は入場無料、登録も入りません。ご自由に参加ください。

 なお内容などホームページにも掲載してまいりますので、こちらもお楽しみに

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/

2008年2月12日 (火)

BDに決まり!?

BDに決まり!?
 ブログなどに書いているせいか、人に会いますと必ず買った?と聞かれます。今日もお昼を食べに行って、買ったんでしょうねダンボールをお持ち帰り方に普通にお会いする、と言うことはやはり売れているようです。
メーカーは・・・勿論SONYのあの黒い箱。だってシェアー6割と言われておりますので。お勧めを聞かれますが、シリーズ的にはi.Link端子付きですね。
松下さんも良いと思いますが、HDVのカメラから取り込めるか?やってみた方は結果をご存知でしょう。
ちなみに、店頭やカタログではできそうもない・・・そんな感じがする・・・しかし・・・どうなんでしょうか

2008年2月11日 (月)

ICレコーダー

 新聞に出てましたが、人気のようです。
まあ、以前からあったのですが、最近人気なのは高音質というキーワード。
昔あった、会議を録音して、ジージーガーガーというあれではない訳です。

 流れから言えば、もう30年以上前にあった生録(ナマロク)。あの当時はオープンテープ。
自分も、サンパチツートラ(テープ速度38cm/秒 2トラック)もやりました。
カセットなどの時代を経て、DATなどはまさにナマロク最適のように思われたのですが。
やはりテープというメディアを屋外で、また本番1発で使うトラブルは怖いものがありました。
そしてこうした時代になってメンテの問題も出てくる。
 そんな中で、新聞でもありましたように、そのかわきりとなったのローランドのR-1というレコーダー(CFカードだった)、

Top_mr1

そしてその後継が今人気のR-09(こちらはSDカード)です。

Top_m

そして今度出るのがR-44

http://www.roland.co.jp/products/jp/R-44/index.html

Top_mr44

こちらはなんと4チャンネル録音ができる。つまりラインとエアーを同時に各ステレオで録れるのです。それまであったR-4シリーズがHDDだったのが今度はSDカードなので小型・軽量で扱い易い・・・
これからの発売で、まだ実機を触っておりませんが、長年のナマロクファンの小生としても楽しみです。ビデオフェスティバルで新製品が触れると嬉しいですね。

2008年2月10日 (日)

3連休のかたづけ

やらなければいけないことは多いのですが・・・

一番の懸案事項が部屋の片付けです。整理できていないものが妻の実家の妻の部屋を借りて入れてあります。

その整理です。

ビデオタイトラーが出てきました。

R0015095

もう20年くらい前?でも動きました。

R0015090

リアルタイムの映像が入れられるといのも何か感激です。

R0015104

そして、カセットデッキ。テープをれて再生ボタンを押したら、音が出ました。

R0015105

そしてチューナー、こちらもアンテナが不十分ながら選局も、音もかすかに聞こえます。

まだまだ片付けは続く訳です。

2008年2月 9日 (土)

真空管通販再び

このところのアップ停滞の理由として、調査・研究の上・・・というのもあります。
先日も自分のホームページをご覧頂いて半年以上もメールのやり取りをして頂いている方が多方面の情報を頂いて調べてみるとこれが興味深いことが多い・・・という訳です。

今回も真空管の通販のサイトを教えて頂きました。
ということで早速、ネットからオーダーしました。到着が楽しみです。
具体的なアドレスなどは商品が到着してからにしましょう

2008年2月 8日 (金)

真空管の通販2

 秋葉原に勤めていながら、たくさんある電気店に行けない、もったいない日々が続いています。そんな時、PCからアクセスするネットショップの方が手短ということでして。

Img_2197_2

Tri(トライオード)というアンプメーカーがあるようですが、そこが自身のアンプ用に供給して球で、案外安くに入手できます。つまりそれを、ヨドバシが通販している という訳ですね。シルクも綺麗で、しっかりした球のようです。昔、国産の同じ球ですが6CA7のPPアンプを作った(高校生のころ)記憶が蘇ります。トランスはラックスでした。あのころは山水もあって。でもタンゴはまだその地位には無かった、そんなころです。6CA7はお金がないので松下でしたが、今ならペアで30000円はするでしょう。この球ならその何分の一で買えるということです。

Img_2199

こちらは6L6GC、友人のS君が中学時代にアンプを作ってました。シングルで6.5Wは、6AR5や6BM8のシングルアンプであった自分らには大出力(笑、実はそんな差ではなかったりすることは後年学ところ)・・・そんな思い出が・・・

Img_2198

以前からTriのKT88はどことなくオリジナル形が違う感じがしていました。手に取るとそれにしっかりしています。この形を見ていると6L6の同属ですが6550のダルマ型を思い出します。大学の時に6550のアンプをクラブの先輩や同期が作ってましたね・・・。さすがにKT88は大人の球で学生がいじるようなものではなく、マッキントッシュなどそれなりのアンプ用という感覚でした。

ということで、それぞれいろいろな思い出が過ぎるわけです。

秋葉でもヨーロッパなどの最近のKT-88を見かけますが、安いと言っても2本で1万円を超えると、そう冒険もできません。

そうした球はMTの出力管のペアで2千円、GTのペアで5千円以内であってほしい・・・でもこれだけ簡単に入手できるというのは昔では考えられないことです。

もっと真空管をごらんになりたい方は

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page058.html

まだ所有の全部を収録できておりませんが。

2008年2月 7日 (木)

日本型Zゲージ、PROZその後

 このブログにはいくつかの話題がありますが、その1つが鉄道模型。この10年ほどで数的に大きな位置を占めていたNゲージは飽和状態となってまいりました。

 そんな中で生まれてきたのは日本型のZゲージです。年末には、東京マルイのPROZもその1つです。車両・コントローラ・レイアウトが発売されました。

 レイアウトを買わなかった方はどうやって走らせているのでしょうか?

R0015121

Zゲージの線路関係は、食玩から登場したアキア(左)、その道床付き(左から2番目)、マイクロトラック(左から3番目)、メルクリン(右)があります。線路幅は6.5ミリで同じですが、皆個性的です。

 Nゲージと違うといえば、道床付きでもベース固定が基本という常識でしょう。そして日本型にはまだポイントが発売されていない・・・ところでしょう。線路の充実も期待したいところです。

手前からメルクリン、奥がマイクロトラックのポイント

R0015123 

2008年2月 6日 (水)

PC退院

ホームページ用のPCがついにダウン、修理に行ってました。

本日戻ってきました。ホームページの更新をしなかった・・・という週末はこれまでまずなかった・・・のですが。

年末の忘年会でワインをこぼされまして、痛手は大きかったです。

ソニースタイルで購入のため保証は3年なのですが、ワイド保証ではなく、スタンダードだったため、過失は無料ではなく、出費となりました。

ACアダプターの電圧が落ちている・・こちらは無料保証でした。

ということで遅まきながら2月の更新をしました。

2008年2月 5日 (火)

昭和タイムズ

火曜日ですので。

R0015041

今回は昭和40年、1965年です。覚えていますか?

「私にも写せます~」フジカシングル8、そんな頃だったんですね。

サウンドオブミュージックの公開など、音楽ではエレキブーム。

社会ではいろいろな事件もありました・・・

R0015042

通販で真空管購入

通販で真空管購入

専門店なら今どき・・・と思われるかもしれませんが。
実はヨドバシの通販。
それも意外に安い訳です。
不思議な感じもしますが。これはキットなどの保守パーツとして用意されたものが、通販の口座に存在するようです。

Image1

またブランドも今時ではありますが、ゴールデン・ドラゴンなどなので決してマイナーなものではありません。その後調べたら、さすが同じブランドでもっと安価に通販するところはあるようですが、一般店の通販というところがポイントですね。
GDの2A3ペアーで1万円しません。安いことも有り、12AX7,12AU7,12AT7などを購入しました。

Image3

秋葉原店頭でも、安価な真空管が流通しているようです。これは有名なKというお店などですが、
6BQ5がペアーで2000円!、6L6がペアーで2500円でした。6AU6はなんと1本300円でした。

もっと真空管がご覧になりたい・・・という方は

「真空管の宝箱」をご覧ください。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page058.html

2008年2月 3日 (日)

姪の美術展

東京はこの冬2度目の雪です。
作った貼り絵が優秀だったということで、学校を代表して市の小中学校の合同の美術展に展示されることになりました。
本日は雪ながら、市民文化会館の展示室まで見に行くことなりました。

R0015014

さすがに小中学生と言っても力作、工夫した作品が多いですね。

R0015022

びっくりです。そして・・・

R0015018
これが姪の作品です。まだ小学1年ですが将来が楽しみです。

そんな訳で、子供たちの作品に大きく刺激をうけました。

こんな展示会の三脚撮影は難しいですね。そんなときは今回のようにデジカメ撮影。そうしておけば、ビデオ編集機DV-7DL PROのズームパン機能で静止画から動画素材を作成してビデオ編集をすればOK。パソコンソフトにもある?これがあってもビデオ編集ソフトと統合されていないと、なかなかできなかったり。いろいろできるよ・・・というのと実際やっているのには大きな距離が。パソコンではいろいろなところで経験しているのでは。専用機の便利さは使ってみないと判らないですね。興味のある方はホームページで。

ということで見終わってもまだ雪が降っております。

R0015024

帰りは吉祥寺ロンロンに戻りまして、吉祥寺TAKANOのケーキを買うことになりました。

バレンタインフェアとなっております。

R0015025

今月はデコポン祭りに苺祭りです。

R0015026

あまおうフレーズ、とちおとめパフェ・・・おなじみのシリーズです。

R0015012

2008年2月 2日 (土)

地デジ導入

サブに使っているテレビが壊れ、ヨドバシのネットで注文しました。
今回は置く(入れる)場所が決まっているので大きさで選びました。
この時期、買うテレビには迷いますね。
アナログのVHS帯チューナーも持つ地デジ対応テレビであれば良かったのですが、そうでなかったため、自分側の地デジ対応が必要になりました。

 これまで、撮影・編集・再生・上映のHD対応は済んでいましたが、放送には関心が正直なかった訳です。地上放送には別段品質を求める訳でもなく、違ったソースがあるという訳でもなかったからです。

R0015031

ということでこれが設置の様子。シャープのLC-16E1です。大きさは16Vですが1366ドット、さすがにシャープ、小型ですが今の液晶はきれいですね。しかし色の設定は自分流にやり直しました。初期はやはり電気店の展示向きになってますね。

R0015032

 そして地デジ・アンテナは室内外兼用でブースター付き(MASPROスカイクラブSC2B)を自分でべランダに設置、壁に配管もしました。ベランダのフェンスには出していませんが、方向・位置調整をしてとりあえずの感度が保てています。

R0015034

アンテナは在庫なしの機種も多く、お目当ての感度の高いタイプは欠品でした。

2008年2月 1日 (金)

ホームページで

 私のよく拝見するIさんのホームページにビデオ、特に編集ソフトではお馴染みのC社(自分にブログに自動でトラックバックされることも多い)のことが出てました。
「・・・C社からもご挨拶があり、外資系の日本法人となって状況が変化し、会場とし
ての提供を打ち切らなければならなくなったと、苦しい状況の説明があり・・・」
これまで、HD編集ソフトなどをいち早く出しパソコンファンには人気で、地域のアマチュアビデオクラブへ会場を貸すなどの便宜など頭の下がることが多かったわけですが。 外資とありますが、放送業務系中心の会社であって、アマチュアのビデオ編集には興味を持たれていない?のかもしれません。クラブへの会場貸し出しだけでなく、アマチュアサポートの今後、そして製品の今後がちょっと気になります。(すでに電話1本2000円、ショールーム個別サポート1万円という話も聞いてます)
 マニアとしては製品の内容ばかりに目が行き勝ちですが、企業の健全経営、それを支える経済活動が大切ということでしょう。

 自分は模型の分野で、これは感じており、良い製品を期待するファンとしては、必ず購買という経済活動を通じての支援が必要ということを感じています。これは私の持論ではなく、1/700艦艇模型(ウォーターライン・シリーズなど)で衣島尚一氏が長年提唱されたところで、良い経済活動が循環してこそ潤沢に良い製品が出て来るということなのです。一見人気で売れていても、健全な利益が出なければ、サポートや今後の製品などで不幸がおとずれるといことなのでしょう。日本ではこれまで、こうした循環・原理はある程度長い時間をかけて起っていましたが、最近のように企業合併や、会社・ブランドが資本に簡単に買われるとなると、瞬間に発生することになる・・・ということなのかもしれません。
 

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ