無料ブログはココログ

« 日本型Zゲージ、PROZその後 | トップページ | 真空管通販再び »

2008年2月 8日 (金)

真空管の通販2

 秋葉原に勤めていながら、たくさんある電気店に行けない、もったいない日々が続いています。そんな時、PCからアクセスするネットショップの方が手短ということでして。

Img_2197_2

Tri(トライオード)というアンプメーカーがあるようですが、そこが自身のアンプ用に供給して球で、案外安くに入手できます。つまりそれを、ヨドバシが通販している という訳ですね。シルクも綺麗で、しっかりした球のようです。昔、国産の同じ球ですが6CA7のPPアンプを作った(高校生のころ)記憶が蘇ります。トランスはラックスでした。あのころは山水もあって。でもタンゴはまだその地位には無かった、そんなころです。6CA7はお金がないので松下でしたが、今ならペアで30000円はするでしょう。この球ならその何分の一で買えるということです。

Img_2199

こちらは6L6GC、友人のS君が中学時代にアンプを作ってました。シングルで6.5Wは、6AR5や6BM8のシングルアンプであった自分らには大出力(笑、実はそんな差ではなかったりすることは後年学ところ)・・・そんな思い出が・・・

Img_2198

以前からTriのKT88はどことなくオリジナル形が違う感じがしていました。手に取るとそれにしっかりしています。この形を見ていると6L6の同属ですが6550のダルマ型を思い出します。大学の時に6550のアンプをクラブの先輩や同期が作ってましたね・・・。さすがにKT88は大人の球で学生がいじるようなものではなく、マッキントッシュなどそれなりのアンプ用という感覚でした。

ということで、それぞれいろいろな思い出が過ぎるわけです。

秋葉でもヨーロッパなどの最近のKT-88を見かけますが、安いと言っても2本で1万円を超えると、そう冒険もできません。

そうした球はMTの出力管のペアで2千円、GTのペアで5千円以内であってほしい・・・でもこれだけ簡単に入手できるというのは昔では考えられないことです。

もっと真空管をごらんになりたい方は

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page058.html

まだ所有の全部を収録できておりませんが。

« 日本型Zゲージ、PROZその後 | トップページ | 真空管通販再び »

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管の通販2:

« 日本型Zゲージ、PROZその後 | トップページ | 真空管通販再び »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ