無料ブログはココログ

« 「思い出の愛唱歌、愛聴曲」 | トップページ | のど飴・ガム機能論 »

2008年2月27日 (水)

 記録もののビデオ編集で感ずるところ

イベントなどをまとめるという編集で行き着くのは、映像の編集は音の編集でもある・・・ということですね。
映像だけみれば簡単につなげる素材もそこに声や言葉、音楽が入っていると好き勝手なタイミングでつなぐことはできなくなります。つなぐ場所によっては意味が分からないだけではなく、違った意味を持ってしまう場合もあります。しかし、音声のタイミングでつなぐと絵柄が・・・そこが工夫のしどころですね。
やはり、素材の活用があります。リハーサルで撮った画、サブカメラで撮った素材、デジカメの静止画から作った動画など、そこは臨機応変な対応が必要ですね。しかし、考えるとある程度決まった手を使っているような気もします。言葉が進行するような映像では、言葉の意味や全体の流れとして、言いたいことを大切にした編集が必要です。まさに「紡ぐ」というのが正しい感じがします。

« 「思い出の愛唱歌、愛聴曲」 | トップページ | のど飴・ガム機能論 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  記録もののビデオ編集で感ずるところ:

» ビデオ 編集調査隊 [ビデオ 編集情報館]
ビデオ 編集のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« 「思い出の愛唱歌、愛聴曲」 | トップページ | のど飴・ガム機能論 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ