無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

秋葉原 → 小金井

休みを取って面談した病院2つから、早期入院は不可能という返事が昨晩返ってきました。

直後、父の入院している病院から転院できるかもしれない病院の紹介が有り、面談してほしいとの連絡がありました。
朝予約を取り、午後から休みを取って参りました。JRから私鉄に乗り継ぎ1駅。そこから、歩って路地を入るとありました。
相談員の方と面談を進めます。これまでの全説明になります。丁度キャンセルが出て空きがある・・・
退院を告げられて1ヶ月やっと転院先が決まった瞬間でありました。
今月はGWがありながら、7日もお休みを取ったことになります。
安心はできません。休み明けは自宅から2時間の道のりの病院を朝から退院のすべてをやって、
そしてこの病院に父を移送してくることになるのですから。

しかし、正月時とは違い、ケースワーカーの方がてきぱきと手配をして頂いているようです。
老健入所から3年、今の病院入院以来2ヶ月、いろいろありましたが、家から30分ほどのところに父がやってきます。

2008年5月30日 (金)

製品ホームページが更新されています。

ローランドの ビデオ・フィールドレコーダー F-1ですが
製品ホームページが更新されています。
http://www.roland.co.jp/products/jp/F-1/index.html

リムーバブルタイプなので、本体から外して
パソコンに接続、取り込みせずにそのまま編集
というスピーディーでスマートな運用はできる訳ですね。

Info_01l_m

そしてこちらが予定されている
ブラウザーソフトとエディターソフト。
当然、パソコンは必要になりますが、
データの整理が簡単にまた編集へと・・・ということになります。

Info_10l_m

2008年5月29日 (木)

エディロール ビデオ・フィールドレコーダー F-1

hamapro(浜プロ)さんのブログに屋外で使われた実例が紹介されています。
http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-24-2

こちらは、SONYのZ7Jとの組み合わせですね。場所は八丈島。
専用のキャリング・バッグCB-F1も発売されますので屋外ではこれが活躍しそう。

Image146

この次にはブライダルで使うという予定もホームページには出ています。

2008年5月28日 (水)

吉祥寺いせや開店?

実は情報は以前より入手してましたが、混乱もあるといけないと思い抑えておりました。

Image145
テスト営業、関係者のおひろめでしょうか?

となると開店日は噂どおりなのかもしれませんね。あと一週間でしょうか。

2008年5月27日 (火)

転院先さがし2日目

本日は病院から紹介のあった1年まで対応可能という療養型の病院さんの面談・申し込みに出かけました。バスで15分ほどのところの小さな病院さんですがこんなところにあるとは知りませんでした。施設の見学、父のことなどたっぷり面談をして頂き2時間30分ほど。 相談員さんも大変ですが、こちらもこれまでのことの全説明ですから、へとへとになりました。安心をしたのは昨日の病院の相談員の方ともご存知とのことで、こちらがすぐに無理であれば調整も可能とのお話でした。 とりあえず、先方さんの審査待ちというところまで行きました。この病院での診療方針までの話にもなり、父もそうした時期に来たのかという感慨がありました。 夕方になりましたが、入院中で母不在のマンションの荷物整理に行き、新マンションへの荷物運びが始まりました。新マンションからの夕日が美しく、早く母に退院して貰い見せてあげたいと思いました。 家に戻るとさすがに体は鉛のようでしたが、本日までの状況を現父入院の病院のケースワーカーさんへFAX、入院中の母から電話があって、少し元気な声に希望を持った次第です。

2008年5月26日 (月)

中山(横浜)→八王子→武蔵境

父の転院先探しが始まりました。
本日は朝から2時間をかけ中山の病院へ行き、ケースワーカーの方とご相談。そして、とりあえずこれまでのお支払い。今後どう進めて行くのかをご指導を受けました。入院している父の状況も見ましたが、素人が見ても1ヶ月前の時以上に介護施設の受け入れは難しいという感じになっていました。

高齢者の転院は、普通の病院の紹介入院のように簡単ではないことも判りました。つまり、簡単に紹介状を持って行くと言ったそれではないのです。

午後からは、地元に戻って(と言っても自宅の2駅先ですが)、紹介のあった病院での相談を取り付けることができました。
ルート検索をかけるを八王子周りが近いことが判りました。八王子の街は昔6年働いた街であり、2年住んだ街でもあって懐かしいです。
食事をしたこともありましたが、次の病院への移動は2時間40分もかかりました。

武蔵境は昔隣の駅前に2年住んだことも有ります。
駅から3分の療養型の病院です。この近くにアパートを探しにきたことがありました。当時まだ都市ガスもなかったアパートでしたが・・。
病院は小さいながら、新しく、設備もスタッフも充実しています。さっそく申し込みをさせていただき、見学もさせて頂きました。
しかし、この病院に転院しても入れる期間は3ヶ月なのです。そして、この病院に入るためにはこの病院を出てゆくべき病院が申し込まれていないといけないのです。
明日は1年以内ならと言って頂いている病院への相談へ行くことになりました。

今日の病院も現在ベッドがあいていないので、それまで入れて頂ける病院を見つける必要かもしれず、明日の午後は一般病棟で受けれても良いと言われている練馬の病院へ行かないといけないようです。
明日も1日病院周りとなりそうです。つまり高齢者の入院や転院はまさにパズルのように複雑、ケースワーカーの方の力を借りて,芸術作品のような微妙な組み立てを家族が体と時間を使ってやるということなのです。

本日午後もご相談・見学できたのは1つの病院だけです。予約をとっても十分2時間がかかりました。
以前からこうしたことは、仕事を中断してやらない限りできない・・・つまり日ごろやるような仕事として臨まないいけいないとは聞いてましたが、休職されて介護あたられる方々の状況も、ほんの少しですがわかった次第です。
しかし、入院でかかる医療費などを考えればそうも行かないと感ずる訳です。こうして本日も暮れて行きました。帰宅すると夕方で、体に重く疲れが圧し掛かって、1時間眠ってしまいましたが今後を考えるとそんなこともしていられない状況です。
とにかくまず、父を転院させて、近くに連れてくるところまで行かなくてはいけません。やはり入院している母や義父も気になりますがまず父のことからです。

2008年5月25日 (日)

産経学園ビデオ講座

ビデオ編集のための撮影について、
そして、切り替え効果のタイプと使い方をやりました。

R0015670

Tさんが旅行で撮影したビデオを拝見しました。

R0015669

さて、母が退院後、入居するマンションの引渡しも終わりました。いよいよ新居と転居の準備、こちらも進めて行かなければなりません。

R0015666

公園の入り口も見えるところです。

2008年5月24日 (土)

吉祥寺 いせや本店新装

今週は父の退院の調整、母の見舞いで、稼働5日うち、1+0.5+0.5=2日休んでしまいました。

R0015658
しかしおかげで来週のめどがたち、父の退院への実作業へ移れるかもしれない・・・何より近くの病院に転院の可能性も出てきました。
そんなところを府中の病院に入院中の母に報告です。

R0015659

ということで久々の吉祥寺TAKANOのケーキになります。
背の高いケーキが増えておりまうす。ビワパフェ、そしてイチジク。

R0015668

R0015661

さて近隣のいせや本店もできあがり、

R0015671_2

噂では6月4日あたりに開店とか。もう少しですね。
R0015672

2008年5月23日 (金)

エディロールビデオ合宿の案内が来ました

ユーザー登録をしている私にも、ビデオ合宿の案内が来ました。

Img_2608

7月8~9日になります。

Img_2609

ハイビジョン収録から編集へ、新製品F-1です。

Img_2610

裏面が申し込みになっております。

もうすでに受付がはじまっていますよ。

自分にはまだ来ない・・・という方は

ホームページからどうぞ。

申し込み用紙もダウンロードできます。

http://www.roland.co.jp/DTMP/VCseminar.html

2008年5月22日 (木)

ビデオフィールドレコーダーF-1のメリット続々

オーソドックスとユニーク。
やはり操作系はオーソドック。
最近のデイタル機器には珍しく、
スイッチやボリウムがパネルに存在すること。
やはり、確実で判りやすく、操作し易い。

Img_2594

操作性でユニークなのはRGBモニターを接続して、
録画素材がサムネイルで見られること。
そうして操作にはなんとUSBマウスが使える。

Img_2593

キーボードこそないがまるで小型パソコンのよう。

これは、今後対応・発展の足回りと言えるでしょう。

2008年5月21日 (水)

ビデオ合宿のご案内でビデオくんクラブ訪問

新橋駅前の会場で例会を開催されております。
ちょうど、昨日ご案内で電話したところ明日というお話で訪問となりました。

R0015663

ビデオ合宿は豪華の講師陣、ハイビジョンの今後や、作品作りについてたっぷり1泊2日。

新製品F-1については、ご質問も多くでました。

ビデオくんクラブ例会の講師は東京だけでも100回以上、毎月でしたので、懐かしいですね。

今回は曜日を変えての開催でご都合の悪い方も多かったとのことでした。

R0015662

2008年5月20日 (火)

昭和タイムズ 昭和36年 1961年

いよいよ登場。1960年代を考える上では重要な1961年です。
この年はいろいろの始まりの年だと思う訳です。

Img_2602

表紙にもありますが、クレージーキャッツの人気もこのころ、
映画も楽しかったですね。
ホームページではこのあたり
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page035.html

Img_2605

そしてスポーツでも
ホームページではこのあたり
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page027.html

Img_2606

テレビ、朝ドラも
ホームページではこのあたり
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page027.html

Img_2604
ディスニーの人気もキャラクターものとして
ホームページではこのあたり
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page107.html

Img_2607

「クリープ」も、大衆車「パブリカ」も、「虫プロ」も、「若大将」も、
ジェット機「DC8」の就航も、資生堂「サンオイル」も、
「ケネディー大統領」誕生も、宇宙時代も(ガガーリン飛行)、
・・・
そして昭和タイムズには掲載されていませんが
この年の4月「みんなのうたの放送」が始まります。
ホームページではここ。
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page023.html
画像ばかりでなく、音楽も聴くことができます。

いろいろ始まる1961年。
自分も小学校1年、松本市の今は無き学校に入学。
http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page010.html#label7

そして来週は1967年号がいよいよ発売!

2008年5月19日 (月)

エディロール・ビデオ合宿研修開催

ローランドのホームページにいよいよ発表となりました。
http://www.roland.co.jp/DTMP/VCseminar.html

エディロール・ビデオ合宿研修開催

4年前DV-7DL発売とともに浜名湖畔で開催された合宿も記憶される方も多いでしょう。
あのときも、時間・費用以上の素晴らしく貴重なものだった・・・と参加の皆さんから感想をいただきました

Image58

今回は講師も、また製品など内容もさらに魅力的な合宿開催されます。

7月8,9日、浜松のローランド研究所で開催されます。

皆さんご存知の、浜プロさん、松本豊美先生、近藤先生・・・

そして噂のハイビジョン機器F-1も

詳しくはまずホームページをごらんください。
なお、予約も開始、人数に制限がありますのでまずご予約を!

2008年5月18日 (日)

フィールドレコーダーF-1のメリット(続)

F-1が注目している点として音の問題があります。
ハイビジョンで画質が向上した一方で、HDVでは音質が悪くなってしまったことです。
これは圧縮のため仕方ない。
それなら・・・もちろんR-44やR-09と言った、オーディオのフィールドレコーダーで別録りする・・・
もちろんありますが、一人でやるとなったら簡単なことではない、それに映像と別の処理というのも。

Img_2594

F-1なら、非圧縮音声2chが本来の映像音声に加えてとれてしまう。
本来の音と合わせて4chという考え方もできるし、追加2chで映像だけでなく、CD作りという手もある訳です。

2008年5月17日 (土)

フィールドレコーダーF-1のメリット

浜プロさんのブログでは連日ローランドのフィールドレコーダーF-1のレポートが出ております。ついに実際に収録に使われたようですね。

http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-18

Img_2591

すでに市場ではHDV収録できるフィールドレコーダーは出ている訳です。

第一世代とでも申しましょうか。以前のものは、小型・軽量・省電力、そして低価格化ということで、行くところ行ってデザインなども、家電機器のようなところまで行っている傾向もあります。

その中でF-1は新しい視点で生まれた第2世代。

専用リムーバブルタイプで、撮影終了すれば外し、編集へ。新たなのハードディスクを入れて、撮影も続けれます。HDDでも内蔵タイプに比べての大きなメリットになります。

テープと違い、連続9時間録画。ドロップアウトの心配もありません。連続ファイルになります。

HDDが苦手な大音量の会場での振動にも耐えるフローティング構造。専用リムーバブルだからできるところです。

Img_2592

軽量化、小型化、省電力追求のために失われてしまう大切な部分に着目した実力志向とでも言いましょうか。

2008年5月16日 (金)

キャノン XL H1S発売イベントでもエディロールF-1

キャノン XL H1S発売イベントでF-1

話題のキャノンのカメラ、XL H1が新しくなっての記念イベントが南青山で開催されました。

R0015640
カメラだけでなく、周辺として、カノープス、アップルジャパン、ローランドも出展。

R0015657

バンド演奏を撮影するという企画もありまして

R0015655

エディロールのフィールドレコーダーF-1がVマウントで装着。

R0015642 

HDVカメラながらなかなかの格好・バランスですね。
形だけでなく、これならテープ式のカメラでも、HDD増設で9時間の長時間連続録画可能。
そして非圧縮音声も2ch録れます。

そして、LANからのリモートも可能。

R0015650 

昔、セミナーに来て頂いていた、
Mさん、Tさんにもお会いすることができました。
また7月のビデオ合宿でお会いしましょう。

2008年5月15日 (木)

F-1の評価、レポート

ハイビジョン、HDVではおなじみの浜プロさんのブログに、

キヤノンの新しいビデオカメラXL H1SとローランドのビデオフィールドレコーダーF-1との接続レポートが出ております。

Top_m

http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-15

これはVマウントの例ですが。

Info_16l_m

i.Linkで受けてF-1はmt2ファイルとして保存する訳ですので、SONY製のカメラでも接続できるのです。

編集を考えても、長時間もの、ドロップアウトなどでもテープよりはHDDで、コストを考えれば、メモリーよりはHDD。カメラでテープを回せば、バックアップにもなる訳です。

F-1のハードディスクは、リムーバブル。はずしてもUSB接続でき、編集にまわし、カメラには新しいHDDで・・・という実践的な使い方も。

この構造は、HDDの変わりに、シリコン(メモリー)が入れば・・・と

今後の夢も広がりますね。

2008年5月14日 (水)

名古屋 

久々の出張です。本日は名古屋にある高校さんの放送室にDV-7DL-Gが入ることになりまして、その設置と操作説明でおじゃまいたしました。

昼食はいわゆる「名古屋めし」。
はじめて「あんかけスパゲティー」です。こちらがお店の外観。

R0015631

種類は多いのですが定番と言われるミラカンを頼みました。

R0015632

ふしぎな食感の麺です。太く、ぶよっともせず・・・
味もスパイシーで甘すぎ・・・
野菜、ハム、ウィンナー具はたっぷり
これがまた不思議で、少し食べ始める止まらなく、一気に食べてしまいました。
満足感。なるほど、そうなるように微妙にチューニングされているということのようです。
たまねぎ好きの自分としては好きな内容・味です。

そう昔スパゲティーと言えばナポリタンとミートソースしか無かったのに。
たらことか、和風とか、カルボなんてのはずっと後の話。

このお店東京・新橋にも支店があるそうです。

さて、高校さんの説明会は放送部さん対象ですので、
ご理解も早く、1年前に入っていれば・・・多い話です。
皆さん、PCでばりばりやっていてもノンストップ編集には驚かれますね。

R0015634

さてご説明も終わり、ここは先週全国規模のニュースでエスカレーター事故が報道された地下鉄交差点。駅の中に模型がありました。

R0015635

さて名古屋は駅弁のバラエティーが多い。
おいしいお弁当いろいろあって迷いましたが「健康宣言」には弱い・・・

R0015636

東海道の名物がいろいろ入って・・・

R0015637

食べ終わって気づくといつの間にか夢の中、連日の疲れも出て、気づくと東京駅でした。

2008年5月13日 (火)

ローランド F-1の詳細レポート

浜プロさんのブログに、さらに詳細なレポートが出ています。

http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-11

ご覧頂くと、F-1のもたらすものが何であるか・・・見えてくると思います。

キャノンのXL H1sとの組み合わせですが、

もっと安価なHDVカメラとの組み合わせで良い訳ですので。

現場で、リムーバブルHDDにキャプチャ取り込みしてしまうということで

HDV編集へ進める・・・

2008年5月12日 (月)

終売

 Dコーヒーのサンドウィッチ・メニューが14日からまた新しくなる。
ミラノサンドAとBが変わるのだけれど、このAはおそらく10年のロングラン。
Dコーヒーの顔で、ビーフ&生ハム。本当に長いことお世話になりました。
ということで明日13日が終売となります。お店の人はシュウバイと言うのです。

R0015630

新しいAサンドは生ハム+ロースハム+ソーセージで、バージョンアップと言ってますが値段も370→390円。Bも上がって、ミラノサンドは390円に統一。
以前新聞で、コーヒーも食べ物も値上げ・・・と言っていたのはこれなんですね。
これでメニューも総入れ替えに近い状態(ベーグルが上がっていないがチキンベーグルは昔240円、再登場で280円)です。

 緩やかにでも確実に変わっている・・・ということです。

2008年5月11日 (日)

吉祥寺 いろいろ

土曜というのにGWの影響で出勤なのですが、

母のマンション関係や母の入院関係でお休みを頂きました。

プログを見た親戚から、電話がありました。正直、昨年とは違って少し時間がかかりそうです。義父の入院も間近の様子。ついに親3人が入院。これを妻とで支える日が来ることになります。

さて賃貸マンションの方はそろそろ完成とのことで契約へ進めることになりました。本日は時間指定で下見です。駅が見えます。

R0015623

吉祥寺TAKANOのケーキの価格・メニューも変わりました。

R0015626

びわが登場です。びわパフェ。

R0015596

ティアラです。チョコのスポンジ、ローズのムース。

R0015627

これは発見。アールエフワンのオムライスコロッケ。チキンケチャップライスがコロッケになっています。

R0015589

2008年5月10日 (土)

スタジオ・ラボ京都の中島さんからご連絡を頂きました。

大阪ビデオくんクラブの今月の例会が5/8にあって、近藤洋史先生が新製品F-1の紹介をしたようですね。F-1については紹介の合宿セミナーが7月に浜松で予定されています。またそちらは詳細をご紹介しましょう。
大阪ビデオくんクラブはハイビジョン研究会と言う名前もプラスされましたのでのHDVのレコーダーでもあるF-1はまさにセミナーの好材料だったでしょう。そして会長さんも新しく鵜飼さんがなられたとも聞きました。

大阪ビデオくんクラブの情報は
事務局のスタジオラボ京都さんのホームページにも

大阪ビデオくんクラブ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/marks37/page003.html

またMARKSさんのホームページにも

大阪ビデオくんクラブ
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/marks37/page003.html

掲載されています。

2008年5月 9日 (金)

小寺信良さんのブログにEDIROLのF-1

AV機器レビューではおなじみの小寺信良さんのブログにRolandの新製品、ビデオ・フィールド・レコーダー F-1の評価が掲載されています。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080507/zooma360.htm

キャノンの新しいカメラXL-H1Sとの組み合わせですね。

2008年5月 8日 (木)

9回と1回

昨年からPCもデッキも買うのはちょっと待った方が良い・・・
そう言われてきました。
録画コピーの基準が変わるそう判っていた訳です。

1回ではあまりに窮屈。
しかし1回のムーブは判るにしても9回のコピーとは?

家族3人で3回、つまり3×3=9ということなのだそうです。

2008年5月 7日 (水)

電子ブロック

1960年代がマイキットの時代であった・・・とすると1970年代は電子ブロックの時代であった・・・

SONYのCDクラブに復刻版の電子ブロックの案内が。ガイドブック込みの商品。これはEX-150という当時のデラックスなタイプで150の実験ができます。当時はこの上にシンセサイザーの実験ができるEX-172がありました。

R0015604

R0015605

ラジカセ風で、原理より実用を優先したのが電子ブロック。これで電子機器に興味を持った少年も多いでしょう。しかし60年代のマイキットは手配線で原理・組み立ても体感・学習できました。電子技術者を生んだのは明らかにマイキットが多いはずです。そしてマイキットも大人の科学シリーズで復刻されています。

当時のマイキットについては「60年代懐かしの宝箱」でも紹介しています。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page045.html

大人の科学と言えば、昨年末、完売した「テルミン」の号は今再版されていますが、書店にはまだ残っているようです。これは実用も原理も体感しにくい出来だっただけに一時的な人気であったことを表しているように思います。

2008年5月 6日 (火)

スタジオラボ京都からダイレクトメール

大阪の例会は5月8日、ゴールデンウィーク明けですね。

R0015591
黒田先生、岡崎講師のセミナーです。
3月度の近藤先生のハイビジョンセミナーのDVDが出来たようです。
そして、注目はやはり作品郵送レクチャー、7分以内、DVD提出、1回6名で
越えた分は翌月くりこしのようです。

R0015592

ローランドの新製品案内では、R-44、V-8、P-10、F-1ですね。
スタジオ・ラボさんのハイビジョン特集のカラー8Pのニュースカタログはなかなか豪華です。
スタジオ・ラボ京都
http://www.studio-lab.net/

R0015593

さてGWも終わり、後半4日間は毎日、母の病院に通うことに。

新しいことだけでなく、片付けもできない休みでした。

2008年5月 5日 (月)

タイムトンネルの入り口

60年代のその昔住んでいた松本市、市の公式ホームページを見ていたら
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/tiiki/matidukuri/hanaippai/kinensi/ayumi/S36/index.html

1961年のページに
「5月5日、城山公園につくられた「てるてる坊主」の除幕式に、小学生の手で1,000個の「花の種」をつけた風船が放たれた。その小学生のもとに県内外から友情のたよりが相ついで届いた。」
とありました。そう、城山は松本の北西にある小高い山で・・・、そうこの当時小学生、今なき松本市立田町小学校の生徒、入学したばかりの1年生であった自分も除幕式に行ったようで。

Img0110

<松本市のホームページから1960年頃の城山方面、消防楼から>
確か快晴ではなかったと思います。どちらかと言えば、天候は良くはなかったと思いますが自分の手から風船が離れ、赤い風船がどこまでも小さくなったような記憶が蘇ってきました。その風船の糸には四角い小袋が付いていて、それは「花の種」であった訳です。空に見えた風船は1000個に及んだようです。その日は母の体調が悪く、銀行を休みであった父に連れられて行ったように思われます。たぶん午前、城山から午後は家に帰ってきていったい何をしたのか。
放たれた風船が県内に届いたことは学校でも話題になったと思います。

この記載に行き当たる前は、小学生の時なぜか、ピクニックでもないのに休みに城山に行った記憶はありました。アルバムにも「てるてる坊主」の碑の写真があった記憶がありました。あのとき、空に放った風船はどこまで行ったのでしょう。

さて5月5日と言えば、端午の節句。ホームページでも紹介した「読む、歌う 童謡・唱歌の歌詞」(池田小百合編著:夢工房)にも、「背くらべ」(♪柱のきずはおととしの・・・)、「鯉のぼり」(♪甍の波と雲の波・・・)、「こいのぼり」(♪屋根より高いこいのぼり・・・)が掲載されています。こうした歌も思い出への入り口を作ってくれます。

R0015594

「てるてる坊主の碑」からすでに45年以上が経過していますが・・・

調べてみますとまだ、残っているようです。

Image181

2008年5月 4日 (日)

新潟アポロンさんのビデオセミナー

4月29日に新潟で開催されたビデオセミナーですが、講師をされた近藤先生からお話を聞かせて頂きました。
なんと言っても、ローランドのビデオ・フィールド・レコーダーF-1の紹介。今回、日本ではじめてのF-1のセミナーでして。
皆さんもびっくり。というのも、米国で開催されたNAB、4月14日が世界初公開でしたので。

Top_m

HDVのHDDレコーダー、これをカメラに接続すると・・・浜プロさんのブログも参考になります。
9時間の連続録画がNTFSで可能。圧縮のかかるHDVの音声2ch以外に非圧縮の2chWavファイルも記録
できる(ステレオまたはモノ×2chも可能)など。 F-1の「小型コンピュータ」的な部分、今後の拡張性などもDV-7ユーザーの今後の新たなハイビジョン機器として魅力では・・・
パソコンを接続しての「F-1ユーティリティー」ソフトのデモもしっかりやったようです。

Top_mr44

新製品を含めたデモではR-44が人気で、 価格もR-4の半分!というのも人気だったようです。
お客さまの反応はやはり興味津津といったところにのようでした。
今後雑誌などにも記事が出てくることでしょう。

2008年5月 3日 (土)

DV-7ビデオ研究会長野支部大会

研究会代表の千葉さんからご報告を頂きました。
「長野支部のセミナーが4月25日軽井沢で開催されました。
セミナーは20名の参加の盛会でした。
スタジオ・ラボ・の中島さん、岡崎さんの親切なセミナーで会員の方も大喜びでした。」

研究会から体験用のDV-7DL PROも1セット持込まれ、編集専用機ならではの
軽快・安心・使い易いで今回新規導入の方も出たようです。

Dv7dlg
講師は岡崎さんはコンピュータ・ミュージックや音響の専門家でもあるので
詳しい音の知識や機材の活かし方、映像への上手なBGMの入れ方など4時間にも渡るセミナー
となったようです。

新製品のR-09HR・R-44・F-1やアトリエビジョンのBGMシリーズの紹介も岡崎講師からあって、
さらに会員の方の質問に詳しい応答されたとのことです。
DV-7ビデオ研究会とスタジオ・ラボとのコラボという形の支部大会セミナー成功だったようですね。

Cover

講師の岡崎さんからもお電話を頂きましたが、皆さん機材に対して強い興味を持って頂いたようで、
参考になるとところも多かった・・・とお話されていました。
スタジオ・ラボさんは京都⇔長野の出張セミナーでしたが、今後もこうしたセミナーを実施して行きたいとラボの中島さんのお話も頂きました。

スタジオ・ラボ京都

http://www.studio-lab.net/

2008年5月 2日 (金)

浜プロさんのブログにF-1

浜プロさんのブログ
エディロールのビデオフィールドレコーダーF-1のレポートが出ています。

http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2008-05-01

「新発想」ということで、さらに実際の使用レポートが出そうですね。

Hamapro

2008年5月 1日 (木)

小島さんのブログに紹介されました

小島さんのブログ

札幌の小島さんが東京においでになった時のレポートが出ています。

http://hajimevision.blog.so-net.ne.jp/2008-04-27-1

穏やかな顔で映りこんでしまいましたが
結構忙しい中でして・・・
いや、それにしても、小島さんにはお忙しいところ足を運んで頂きまして、
懐かしいお話などいろいろさせて頂きましたが、
新製品の発表は16時でしたので・・・ぎりぎりの時間で内容のお話は出来ない状態で、札幌にお着きになったら、ホームページ見て・・という感じでした。すみませんでした。

Hajime

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ