無料ブログはココログ

« ビデオ編集系情報 | トップページ | 久々の大阪 »

2008年6月 9日 (月)

60年代 4番バッター

出張に出たりすると、自分も「60年代 懐かしの宝箱」の1読者になったりします。
みんなのうたを試聴して、思いにふけったり
記事を別人になったように読んだり。

Googleで「60年代」で検索をかけると・・・4番目に出てきました。
「60年代通信」が5番目。何か申し訳ありません。自分が長年お世話になったサイトですから。
BIGLOBEも、niftyの検索も同じ結果でした。
4番バッターにしては非力、まだ2年半にも満たない・・・

サイトを見た方から仕事でやっているの?と聞かれたりしますが。
これは、漂流ビンみたいなものでいつか届くかもしれない・・・そんな思いなのです。
いつか誰かに届いて、懐かしく語らえれば・・・
それがいかに難しいことなのか。努力でも積み重ねでもなく、本当に一期一会であること、それも知りました。
でも、ビンを日々流す訳です。きっと誰かに、きっとあの人に届くかのしれないと。

4番バッターとするともう少し頑張らないと・・・とは思うのですが。
やりたいことの1割も出来ない日々が続いています。

« ビデオ編集系情報 | トップページ | 久々の大阪 »

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60年代 4番バッター:

« ビデオ編集系情報 | トップページ | 久々の大阪 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ