無料ブログはココログ

« 追悼 赤塚不二夫氏 | トップページ | 通販での真空管購入を紹介していますが、 »

2008年8月 4日 (月)

編集でのインターフェース

ひところはi.LINKはその役目をしていました。
DV、DVCAM、そしてハイビジョンになってHDV。

もちろんハイビジョン編集ではHDVを中核すえるのが現在でも常套だと思います。

しかし、ハイビジョンのインタフェースでは
ディスプレイから始まったHDMIの勢いは強いですね。

これは当然でD端子接続よりHDMI端子の方が画質が良い。
D端子は「D]なのにアナログだから(Dはデジタルの意味ではなく端子の形D)

PCもRGBはアナログからデジタルへ、端子はDVIに。このDVI-DはHDMIに似ている。
ケーブル変換も可能です。

ということで、浜プロさんのブログにもGAME SWITCHの話が出ている訳です。
http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/

コピーガードに関しては通さないではなく、出し側の機器から見ると、表示可能なディスプレイとして認識されるので映像信号を出力するということでしょう。

« 追悼 赤塚不二夫氏 | トップページ | 通販での真空管購入を紹介していますが、 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 編集でのインターフェース:

« 追悼 赤塚不二夫氏 | トップページ | 通販での真空管購入を紹介していますが、 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ