無料ブログはココログ

« 第6回ビデオフェスティバル | トップページ | 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て »

2008年8月13日 (水)

大人の科学 シンセサイザークロニクル

 この企画、テルミンが出たときに見えていた感じがします。
R0016242

 

 このような付録がついていて、自作シンセが出来るということです。
このミュージック・シンセサイザーにはSX-150という品番までついています。もちろん基板は完成状態ですので、単純な機械的組み立てです。

 

R0016241

 

 本誌にはシンセサイザーの歴史や機種など、メーカーなどの話も出ています。

 

今また、こうした、電子楽器自作ブームがあるのでしょうか
 
 ご存知かもしれませんが自分は70年代アマチュアとしてシンセザイザーを自作して雑誌発表しており、その後プロとして設計をしていました。
組み立てや解説、改造などをブログ、ホームページでも展開できると思います。

 

Image47

 

これが当時の自分の部屋で、メーカーでもポリシンセが多く出る前の頃です。この後、YAMAHAのDX-7、KORGのPoly6などを所有する訳ですが・・・。

 

Image31

 

当時、自作したシンセサイザー群です。

 

Image39

 

これは当時出ていたウェーブキットをベースに自作したもの。(雑誌発表から)

 

Image37

 

ローランドのSH-5の機能を持った自作シンセザイザー。(雑誌発表から)

 

Image36

 

モジュールタイプも自作しました。

 

Image38

 

自作のポリフォニックタイプ+61鍵のキーボードインターフェース

 

Image45
1981年記事発表の自作ポリフォニックアンサンブル(ストリングス+オルガン)

 

Image34

 

自作アナログシーケンサー

 

Image35

 

自作のディレイマシン

 

Image41

 

記事発表した自作のマルチエフェクター

 

Image43

 

記事発表した自作のオーディオミキサー

 

詳しくはホームページをご覧ください。

 

自作した頃の資料や部品なども残してありますので、これを機会に何かできるかもしれません。

 

 

ミュージックシンセサイザーやエフェクターなどの自作・改造に参考になる執雑誌執筆記事です。

 

http://mtomisan.my.coocan.jp/page141.html

« 第6回ビデオフェスティバル | トップページ | 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て »

音楽」カテゴリの記事

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の科学 シンセサイザークロニクル:

« 第6回ビデオフェスティバル | トップページ | 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ