無料ブログはココログ

« 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て | トップページ | 大人の科学付録のシンセサイザーSX-150を操作解説する第1回 »

2008年8月15日 (金)

シンセサイザークロニクル SX-150 演奏の前の評価は

大人の科学の付録で話題のシンセサイザー。

 

R0016255_2

 

昨日入手元を紹介したところ、夕方には完売になっていました。

 

無理をしてまで入手すべきものなのか?

 

付録のテルミンは楽器としては音域は狭く使えないものでしたが・・・

 

Image13

 

これが付録シンセの最低域波形。ただしスピーカー端なので、インピーダンスから、パルス性の波形になります。約70Hz。

 

Image14

 

これが最高域約1.3kHz。だいぶ鋸歯状波(ノコギリ波)を越え少し丸い波形に近づきます。
音域で、4oct(オクターブと少し)と安価な単音シンセとしてはまあ及第というところ。

 

過去の名機を見てものこぎりは綺麗でないほど味のある音になっているのでこれで良いでしょう。

 

Image11

 

↑VCFの掛かり方、レゾナンスOFFで、12時。

 

Image10

 

↑レゾナンスONでカットオフ1時。これトランペットなんかで使う波形。

 

Image9

 

↑結構良い掛かり方です。ウーという感じ、管楽器を吹き込んだり、ジャズギターのウーンというような感じの音、波形のようなホワンとした音。カットオフ12時、最高音域で。

 

Image8

 

カットオフ3時。金属ぽい音。

 

以上、それなりの波形で、お買い得ですが

 

レゾナンスが2段階、連続発振はできない・・・ということで音のバリエーションとしては狭いです。しかしこの値段では、このあたりは難しいでしょう。

 

VCOは不安定で周波数が絶えず微動・変動します。まあ効果音作りではそれも良いですが。本当に澄んだ音にはなりません。

 

昔、毎日シロスコープの波形を見ながらいろいろな音作りをした日々が蘇りました。

 

ホームページの電子楽器コーナーもご覧ください。

60年代 懐かしの宝箱 (coocan.jp)

« 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て | トップページ | 大人の科学付録のシンセサイザーSX-150を操作解説する第1回 »

音楽」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンセサイザークロニクル SX-150 演奏の前の評価は:

» トランペットが体の一部になる吹き方とは? [【目からウロコのトランペット上達法】]
あなたもトランペットの吹き方の「コツ」を知りたくないですか?何をどうしても上手くなれなかった私がなぜ、1日30分1ヶ月でコンチェルトを吹けるまでになれたのか?!その秘密を全てあなたにお教えます!! [続きを読む]

« 学研 大人の科学 シンセサイザークロニクル SX-150の組み立て | トップページ | 大人の科学付録のシンセサイザーSX-150を操作解説する第1回 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ