無料ブログはココログ

« 真空管 通販 | トップページ | 大阪でセミナー »

2008年9月11日 (木)

電子楽器の自作

最近、やはり最近検索で多いのが電子楽器の自作関係です。
今は記事なども少なくなくなりましたが、
反面、大人の科学の付録のテルミンやシンセサイザークロニクルなどが人気があったりします。シンセサイザーSX-150は引き続き改造が進んでおります。こちらの進捗はまた。

 

R0016413

 

自分もアマチュア時代には、雑誌で発表をしていました。

 

その紹介は60年代 懐かしの宝箱 (coocan.jp) にあります。

 

ここでは自分以外のもので過去の資料からほんの少し60年代~を振り返ってみましよう。

 

Tlmimage8

 

やはり、オルガンの自作には長い流れがあります。

 

Tlmimage10

 

シンセサイザーの自作は主に1970年代の中ごろで

 

雑誌は電波科学に始まって、電子展望、初歩のラジオ、ラジオの製作、トランジスタ技術に掲載されました。(小生もトランジスタ技術でたびたび書きました)

 

関連記事としては泉じゅんさんが無線と実験にも参考回路や原理を書いています。

 

これはそれ以前の電波技術です。

 

Tlmimage4

 

こうした、電子パーカションもありました。(電波技術別冊、これは自作というよりキットの紹介)

 

Tmlimage2

 

そして、今人気のテルミン(これはトランジスタで構成、回路は球体の中、手前は音だしのための真空管アンプ)

 

テルミンは人気で1950年代~60年代、音の出るおもちゃとしての位置づけの自作記事は沢山ありました。

 

Tlmimage6

 

学研SX-150の改造の流れ、別ユニットとして、アナログシーケンサーやノイズジェネレータを作ろうと思っています

 

 

« 真空管 通販 | トップページ | 大阪でセミナー »

音楽」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子楽器の自作:

« 真空管 通販 | トップページ | 大阪でセミナー »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ