無料ブログはココログ

« A&Vソリューションフェア2008 | トップページ | 次のプロジェクトへ »

2008年10月 4日 (土)

学研シンセサイザー SX-150 改造第4弾ノイズジェネレータ

本日も貯金分で失礼します。
予告でありました、いよいよ外部ユニットです。
まだ基板状態です。

 

Img_2806

 

本当はワンチップで出来るのですが、外部接続としたのでOPアンプのバッファーをつけました。

 

Img_2808
こんな簡単なものでノイズ音源ができるのです。専用ICでもありません。もちろん放送の局間ノイズを使う必要もありません。

 

この改造シリーズでアクセスは増えたのですが、質問がないのも不思議ですね。
簡単な回路ですので、SX-150 本体に内蔵することも可能です。

 

Img_2807

 

外部ユニットを接続しての音だし。

 

付録についている外部入力(これはVCO)、そして増設したオーディオ入力、VCFCV入力へとこのノイズユニットを接続する豊富な音色が得られるます。またホームページにも動画で掲載しましょう。

60年代 懐かしの宝箱 (coocan.jp)

« A&Vソリューションフェア2008 | トップページ | 次のプロジェクトへ »

音楽」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

エフェクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学研シンセサイザー SX-150 改造第4弾ノイズジェネレータ:

« A&Vソリューションフェア2008 | トップページ | 次のプロジェクトへ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ