無料ブログはココログ

« 昨日は、大阪の勉強会での講師で。 | トップページ | 学研シンセサイザー SX-150改造 増設ユニット自作 »

2008年10月16日 (木)

学研シンセサイザー SX-150改造増設ユニット製作

方針を説明しておりませんでした。
まず、本体。皆さん鍵盤を付けたい・・・
わかるのですが何十年前にシンセサイザー自作をしていたものとしては
そっちの道にはSX-150が向いているとは思いません。
それなら、新規に自作した方が良いと思います。
つまり苦労が結果に結びつきにくい。
パーカッションシンセ!しかしこれも、それにはエンベロープが弱い。
そこで外部拡張なのですが、まずノイズ音源を付けました。
汎用IC、1個で可能というところはホームページに回路図掲載済み。
出る音もやはり掲載済みです。

シーケンサーも考えましたが8ステップ程度ではどうか・・・と。
それに設定操作も面倒そうですし、ボリウム設定にすれば安定度・再限度の問題も。
それならノイズ音源も別ユニットにしてしまったので、S/H(サンプル&ホールド)も増設。

Noise8
シンセサイザーの典型音である、ランダムノートをしてみては。
そしてノイズをサンプルするだけでなく、LFOのサンプルも可能に。
ということです。

Saw9

ポルタメントがかかります。

Trid

回路定数もチューニングしました。今週はホームページに回路図を掲載しましょう。

Sx81

ホームページもごらんください。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/index.html

« 昨日は、大阪の勉強会での講師で。 | トップページ | 学研シンセサイザー SX-150改造 増設ユニット自作 »

音楽」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学研シンセサイザー SX-150改造増設ユニット製作:

« 昨日は、大阪の勉強会での講師で。 | トップページ | 学研シンセサイザー SX-150改造 増設ユニット自作 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ