無料ブログはココログ

« 浜谷さんのブログにF-1の試用レポートが出ています | トップページ | 講座最終日、そして反省会・忘年会 »

2008年12月26日 (金)

レコーダーF-1とSSD、Vマウントキット取り付け

    F-1付属の録画メディアは120GBのHDDです。これがリムーバブルになってまして、今度発売されるのがSSDメディア。つまりリムーバブルなので入れ替えができる。SSDでメカレス録画ができるので、録画用途が広がるという予定品のことなのです。

Img_3069

こう比較すると面白いですね。もちろん、左が試作品のSSDです。

これが取り出したユニット外形、右が付属のHDDです。

Img_3070

さて、F-1の運用では、電源をどうするか?これは大切です。

長時間フィールドで使う、またVマウントタイプのカメラでしたら、Vマウントキットを取り付けましょう。

Img_3089

まず、裏ぶたをあけ、

Img_3071

次に取り付けねじをはずします。これには時計用+ドライバーを使います。

Img_3073

このようにコードを通す切り欠きができます。

Img_3075 Img_3076

バッテリーケースをはずして、Vマウントキットのケースを入れ、

Img_3078_2

切り欠きにコードを通して

裏表でねじ止め8本で取り付けます。Img_3079Img_3080

こんな感じで取り付きました。

Img_3085

VマウントでF-1を取り付けた様子、これでバッテリーでF-1とカメラに給電されます。

F1image36

SONYのS270などで使用するアングルです。

Img_3090

なおキヤノンのH1/SやAではカメラ付属のVマウント用のフレームを取り付けますが、なおキヤノンのカメラにはDCのカプラーは付属しませんので、IDX製のキャノン用のカプラーを取り付ける必要があります。

その点、SONYのS270は最初からVマウント仕様ですが、取り付け位置が低く接続端子のある部分までの距離がないため、上手のアングルを入れて取り付けます。

« 浜谷さんのブログにF-1の試用レポートが出ています | トップページ | 講座最終日、そして反省会・忘年会 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

参考になります。近々、F-1とともに試させて頂きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レコーダーF-1とSSD、Vマウントキット取り付け:

« 浜谷さんのブログにF-1の試用レポートが出ています | トップページ | 講座最終日、そして反省会・忘年会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ