無料ブログはココログ

« 60年代の資料 | トップページ | レーザーディスク撤退 »

2009年1月15日 (木)

名監督

毎年ですが・・・、
本日は映画監督 大林宣彦さんとお仕事とそしてお食事をご一緒しました。8時間ほどですが沢山のお話、引き出しが多いそして暖かく深い。

Vfi5mage3
もう5年ほどになります。そのたびに違ったお話が聞ける、作品作りだけでなく、仕事についても、生き方についても。いつも観客を意識をされ、そのために何をするべきかを考えている。チームはどう力を出し合えばよいのか・・・さすが名監督。

大林さんを知ったのは32年前、映画「ハウス」でした。まだ自分は学生でしたが、遠い未来に同じステージに立って仕事をするなんて考えたこともありませんでした。

Img_3235

以前も紹介しましたが、この雑誌、ある年代の方はご存知でしょう。小学館のGORO、篠山紀信さんの「激写」グラビアが有名でしたね。
自分は学生ながらオーディオページの企画や取材、データの原稿書きを1年ほどやっていました。
そんなこの号には自分でも出演、自作自演状態です。

Img_3236

その同じ号の何ページか前に大林宣彦さんが出ています。運命の不思議さですね。1977年のこと。

Img_3237

そして来月末には、青山のステージでビデオフェスティバルでごいっしょします。

その名監督ぶりを会場で皆さんに感じて頂くことになります。

« 60年代の資料 | トップページ | レーザーディスク撤退 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名監督:

« 60年代の資料 | トップページ | レーザーディスク撤退 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ