無料ブログはココログ

« FM放送40周年 ラジカセ懐古ブーム | トップページ | 週刊 昭和42年 1967年 »

2009年3月23日 (月)

ビデオフィールドレコーダーF-1の使い方とエディターモード

先日、大阪でセミナー受講された方から「F-1は別に屋外に持ち出してカメラにつないで録画しないといけない・・・いうことはないんですね」
と聞かれ、「室内で編集に使うという使い方で良いということに気づきました」と言われ、確かにと思った次第です。

広告などもグリーンを使っているので屋外、カメラを繋いだアプリも多いので、旅行ビデオに不要ではと思われるようです。その方は「テープで取ってキャプチャですよね!」

R0017854

そのとおりで、Ver1.2からの変更でHDVテープ再生してF-1で録画すれば、自動的にカットごとに分割して、取り込んでくれるので

R0017853

あとはF-1をPCに接続して編集すれば良いということになる。

R0017855
無償エディターソフトでのハイビジョン編集となる訳ですね。

その方は「DV-7と同じような画面なのでパソコンソフトでも安心です」、F-1からはじまるハイビジョン制作の世界を理解されたようです。

そして、ローランドのサイトから「エディター」モードを搭載したユーティリティーVer.2.0がリリースされました。

http://www.roland.co.jp/products/jp/F-1/index.html

Editer

F-1の映像データをハイビジョンでカット編集。映像では画像ファイル、インサートトラック、スケーラー機能搭載でSDの映像も交え、さらにアクセプト比を設定した混在編集が可能。音声はステレオで4トラック扱え、各レベル変化、音のフェード・イン/アウトも設定できます。

Info_11r_l

タイトル機能・映像の効果機能は搭載されません。しかし、お絵かきソフトで文字の静止画を作れば、映像に入れることができ、ビデオに説明をつけることが可能です。

完成形はm2tファイルの書き出されるので、他のソフトに受け渡してテープなどに出力をします。

« FM放送40周年 ラジカセ懐古ブーム | トップページ | 週刊 昭和42年 1967年 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオフィールドレコーダーF-1の使い方とエディターモード:

« FM放送40周年 ラジカセ懐古ブーム | トップページ | 週刊 昭和42年 1967年 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ