無料ブログはココログ

« 菅原さんが掲載されていました | トップページ | 週刊昭和41年 1966年 »

2009年3月16日 (月)

手作りシンセサイザー、エフェクターの魅力

学研のシンセサイザーSX-150 の与えた影響は大きいものあります。
その値段!通販などしても5000円でおつりがくる・・・
その手作り感、簡単な組み立て、そして改造を含めると。

Img_3438

もともと70年代から手作り電子楽器の流れがありました。

自分は60年代から作れないか?と考えていました。
当時はまだ、電気楽器が中心でしたが。

それからいろいろな回路を組みました。
雑誌に発表した時期も、
メーカーで、日々試作に明け暮れた日々も。

染み込んでいるもので、資料などを見ないで回路図が描けるには自分でも驚きました。もう20年以上ブランクがあったと思います。

回路や改造はホームページで掲載しています。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/index.html
今でも検索やアクセスが多いようです。

« 菅原さんが掲載されていました | トップページ | 週刊昭和41年 1966年 »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作りシンセサイザー、エフェクターの魅力:

« 菅原さんが掲載されていました | トップページ | 週刊昭和41年 1966年 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ