無料ブログはココログ

« ビデオα5月号にF-1エディターの評価掲載 | トップページ | ハイビジョン事情 »

2009年4月25日 (土)

60年代のオーディオ

もちろん1960年代のオーディオのお話である。

R0018051

当時も今と同じに真空管アンプが趣味の世界に混在しているのは不思議な話。しかし、趣味性というのはそういうものかもしれない。

昨今のデジタル化は再現というところでは極限に達したのかもしれないが、一般には反面楽しみの可能性としては少なくなってしまった・・・のかもしれない。

60年代~70年代初頭、まだ素材・デバイスではこれからというときにも定番はやはりあって、それが趣味の世界でも人気あったりするのは、どこか楽器の名機などにも似ているような気持ちがするけど、存在価値というところでそれはそれでほっとする感じもする。

忙しくなると、オーディオシステムの更新を画策したりする・・・

オーディオ話題はこちらへ

真空管は話題はこちらへ

« ビデオα5月号にF-1エディターの評価掲載 | トップページ | ハイビジョン事情 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60年代のオーディオ:

« ビデオα5月号にF-1エディターの評価掲載 | トップページ | ハイビジョン事情 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ