無料ブログはココログ

« 懐かしいセミナー | トップページ | 大人の科学 4ビットマイコン »

2009年7月 4日 (土)

60年代のオーディオ復活? シュアーM44試聴

1960年代のオーディオでは前半のLP電畜からHifi(ハイファイ)ステレオの時代、中期からのソリッドステート化(真空管からトランジスタへ)、そして後期のコンポーネント化をはじめてとする、本格・多様化の時代と小生は認識しています。その中で影響力も大きく、個性も在り、チョイスが比較的簡単にできたのがカートリッジで、これもプレーヤーシステムの確立でできたものです。(トーンアーム、シェル、カートリッジ分離の構成)。

Image1

<1960年代後期のレビュー記事から>
(モールドの色やスタイラスカバーなどが現行と違うことがわかる。)

その中で60年代後期に王様として君臨したのが、米国シュアーのカートリッジV15シリーズで、当時値段も30000円前後はしていたのではないでしょうか。芸能界の有名人なども使用していることで有名でもありました。
その中で庶民の味方としては、オーディオテクニカのAT-VM3、マイクロ精機のM-2100などが6000~7000円で国産でも人気も有り、雑誌の評価もそれなり良かったりしたものです。当時シュアーでも低価格であったのがM-44シリーズで、V-15の音とは違うものではありますが、ジャズやロック音楽ファンでは結構人気のあったモデルです。

Image3
<現行のM44G、ボディーは黒で、スタイラスカバーが一体>

その現在のモデルを入手聴いてみたという訳です。

(仕事のイベントや、ホームページのトラブル停滞してお待たせしました。)

当時持ってはいませんでしたが、友人がM44-7を持っており、聴かせてもらった印象は今でも鮮明であります。
さて、その現行品ですが、オーディオ・テクニカのシェルAT-LT13aに取り付けて試聴。

Image2

<左より比較試聴したV-15TYPE3、V-15TYPE2、そしてM44G(現行品)>

さてその結果は・・・他のカートリッジとも聴き比べなどをホームページで紹介致しましょう。

60年代 懐かしの宝箱

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/index.html

【シュアー ターンテーブル用 MMカートリッジ ◆ 税込・送料無料 ◆】SHURE M44G カートリッジ 【シュアー ターンテーブル用 MMカートリッジ ◆ 税込・送料無料 ◆】SHURE M44G カートリッジ

販売元:chuya-online
楽天市場で詳細を確認する

« 懐かしいセミナー | トップページ | 大人の科学 4ビットマイコン »

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60年代のオーディオ復活? シュアーM44試聴:

« 懐かしいセミナー | トップページ | 大人の科学 4ビットマイコン »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ