無料ブログはココログ

« イベントのハイビジョン中継 | トップページ | 吉祥寺 食べる »

2009年7月24日 (金)

地デジ化 アナログ停波まで2年を切る

7月24日というので、様々な方面で大キャンペーンや特集が組まれる・・・と思っていましたが。今年3月、やっと地デジ対応テレビの所有率が6割をこえ、あと2年でどうにか・・・

と思うのはどうだろうか。最近総務省からの封筒には地域での地デジセミナーの案内があるように、本当の普及には障害もあるように思う。上の6割にもマジックがあり、地デジ受信できているのは5割であって、なぞの1割は地デジテレビながらアナログを受けているという。

単純にテレビがデジタル化されれば済むというだけでなく、電波のデジタル化であって、放送波帯もVHF→UHFと変わるので、特に都市部では、共同住宅アンテナで自己負担していないだけにややこしい問題も残っている。さらに地域に行けば難視聴の問題もある。

ケーブルへの移行も勧める向きもあるようだが、受信器が家庭内に複数あるマジックとともに単純でない部分でもある。こうしたことへの理解や、さらに社会経済事情や個々の家庭内の事情など。

しかし、それはここで起こった話ではなくもうすでに10年も前から判っている話であるのが問題なのである。

« イベントのハイビジョン中継 | トップページ | 吉祥寺 食べる »

ハイビジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ化 アナログ停波まで2年を切る:

« イベントのハイビジョン中継 | トップページ | 吉祥寺 食べる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ