無料ブログはココログ

« 全国市民映像研修会 埼玉県上尾開催 | トップページ | 週刊 鉄道模型少年時代を考える1 »

2009年8月30日 (日)

週刊 鉄道模型少年時代の良さと昔作ったレイアウトムービー

週刊 鉄道模型少年時代の詳細を検討すると

創刊、そして2号と進んで行くと、週刊ものとしてこのまま進めて行くべきか、
この迷いは付いて回るものですね。

そのヒントはやはり、DVDでしょう。もちろん動くものを見るのは動画ですが、
すぐれものはライティングや音で、なかなか写真では伝わり難い。

自分もレイアウトを作って感じたものです。ですから自分の著書ではレイアウトビデオを作ろう!
という章も作りました、早いものでもう10年以上前の1998年のことになります。

このレイアウトは、雑誌掲載では、月刊「鉄道模型趣味」季刊「Nゲージマガジン」
イカロス出版「N」(表紙)、月刊「RM モデルス」と鉄道模型雑誌の大ところは全部掲載されたものです。
東京松屋の鉄道模型ショーや大阪の鉄道博物館でご覧になった方も
長く東京のホビーセンターKATOでも展示されていのをご覧になった方もいるかもしれませんね。
KATOでは機関紙にも掲載されました。
近年では、TBSドラマ「特急田中3号」の背景小道具として、KATOのカタログやEIOS5DⅡのサンプル写真・・・
しかし、そのいずれもが静態展示の状態であったと思います。

唯一動くところがお見せできたのは模型ショーの会場くらいではなかったでしょうか。

ですから、動きや音、光を作者として見せたい、見たいというのはとても良くわかります。レイアウトの楽しみとしては大変高度なものだと思います。
どのあたり、この週刊からどれだけ感じられるか、これは製品の出来と購入者の関わりで、そこまで見てこの週刊ものの価値が見えてくる感じがするのです。

たとえば、トンネルや山川のお粗末さはぜひ工作力でカバーしてあげたいですね。

ホームページもご覧ください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

« 全国市民映像研修会 埼玉県上尾開催 | トップページ | 週刊 鉄道模型少年時代を考える1 »

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊 鉄道模型少年時代の良さと昔作ったレイアウトムービー:

« 全国市民映像研修会 埼玉県上尾開催 | トップページ | 週刊 鉄道模型少年時代を考える1 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ