無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

明治大学 東京国際マンガ図書館公開

明治大学 東京国際マンガ図書館公開

米沢嘉博記念図書館が本日オープンしました。
ある報道を聞いて、これは大変な資料がある・・・と思った訳です。
マンガ、雑誌はある時期までほとんど残されてこなかったところもあって
今回、公開された故・米沢嘉博氏蔵書には国会図書館にもないものが多数あると報道されていました。

1960年代に思い入れのある自分は早速検索をして、はやる気持ちでこの図書館のことを調べました。
学生意外は有料で、閲覧などもすべて1冊あたりの有償、しかしこれまでどれだけ時間がかかったのか・・・
を考えると会員などになって閲覧して・・・具体的な活動を描きました
無知な小生は米沢氏のことを存知あげなく、本日の報道でその道の研究の大家と知った訳です。

すでにホームページには蔵書の検索がありためしに
検索をかけました。
当然、「少年サンデー」「1962年-1963年」と「少年マガジン」「1962年-1963年」
の検索です。

結果は前者が5冊、後者2冊・・・・

1961-1966年の学年誌、1961-1966の主要少年月刊誌についてはいずれも0でした。

ホームページをごらん頂ければお分かり頂けるように
小生の蔵書のほうがずっと多く・・・

今一度、自分の報道の聞き方の甘さと、世間の常識「凄い」というところの一般性を思い知った訳です。

大きな期待は簡単にやぶれてしまいましたが、これまでの苦労はそれなりのものであったと言うことであった訳です。

やはりこれまで同様、地道調べ探すということのようです。

ということで60年代のマンガや雑誌についてごらんください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月30日 (金)

真空管アンプ TU-880LAB

もちろん、そんな機種は発売されていませんが・・・
イーケイジャパンのエレキットシリーズの真空管アンプキットは好評で、出力管やトランスを変えて楽しめるTU-LABことTU-8300も発表されました。この差し替えは3極管や3極接続を志向しているようです。
5極管、ビーム管の差し替えはTU-879で実現されておりますが、
これはGT管ファミリー。

それなら・・ということ先日作った6BQ5のTU-880改造を開始しました。計測するとB電圧が高めに出ており、まずこのあたりから改造に入りました。

そして、B電圧と出力管のプレート電流を監視できるように。
パネルメーターを付けました。

R0018715

もちろん、イコライザーアンプは外し、セレクターは直結、入力はパラっています。(スルー用です。)

フロンパネルは工夫をしましたが。ここまでの材料費約3000円です。工作時間はパネルを除くと2時間、試行錯誤1時間。

B電圧切り替えも可能。平日、夜の小プロジェクトです。

R0018717

後編の活用に続く・・・

2009年10月29日 (木)

パイオニア PE-101

スピーカーユニットとしては定番が出回ってから出てきたものなので、古い・・・という意識がないのですが、
このたび復刻され、市場で入手できるようです。復刻記念でだされた専用箱(エンクロージャー)は、限定だったらしく、市場ではレアなようですが、新品に近いものをオークションで譲って頂きました。

R00187031
昔一時期、サブシステムで使い、就職して(その会社にですが)寮ではメインのシステムで使っていました。
そんな訳で、懐かしい音を聴くことができました。PE-101は1977年頃、自作の箱を設計、「週刊FM誌」のコンテストに入賞しユニットを頂いて実際に作り、編集部でオーディオ評論家故長岡鉄男先生と二人だけで2時間ほど試聴した懐かしい思い出のあるスピーカーです。このスピーカーメーカーに就職、3年で辞めるとは思ってはおりませんで、今では思い出深いものがあります。

最近入手できるフルレンジスピーカーもいろいろありますが、往年のフォステクスは別として、最近キットメーカーが推奨するウッドコーンなども原理から勉強し経験している自分にはどうも簡単に馴染めないものがあります。

懐かしい60年代、70年代のオーディオをホームページで扱っております。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月28日 (水)

小学五年生、小学六年生休刊

少子化と長期不況で子供向けの雑誌が低迷している・・・とのこと、雑誌、活字離れはどこでも共通したところだけれど。
小学館創業の1922年に創刊ということで「ドラえもん」など人気のマンガもあって黄金期1973年で「五年生」が約63万部、
「六年生」が約46万部まで伸びたけれど最近は6万~7万部程度になったらしい・・・。(これも公表数だけれど)
「小学校高学年は趣味の多角化が進み・・これは今に始まったことではないと思います。
自分が小学生であった40年以上前、小学館の小学●年生を購読していました。

R0018708
しかし記憶をたどると購読は小学2年までで、小学3年は縁日で買う少年サンデーやマガジンの古本。
小学4年からは学研の科学と学習でしたので、小学五年生、小学六年生という雑誌とは縁がありませんでした。
当時もおそらく高学年になっても小学館のこれらの本を読んでいる友人は近くにはいなかったと思います。

1966年の夏、小学6年のとき、昔住んでいた松本の友達の家に行ったとき、
小学6年生を見せてもらったくらいで、マンガも多く、学研の本との違いに驚いたものです。

先日、姪が「小学三年生」の特派員として、ギザミミピカチュウの声優をやった中川翔子さんをインタービューしました。
進級して小学四年生はあるものの、それで終わりとはきっと悲しいのではないでしょうか。
上級生ともなると、生活も嗜好も変わるので編集・企画も難しいのでしょう。

ところで学研の「学習」と「科学」は、79年5月号の620万部をピークに、現在の部数は「10分の1以下」らしく、
「科学」は月刊を続けているけれど、「学習」は季刊となっているらしいです。

小学○年生を含む、懐かしい60年代の雑誌はホームページで扱っております。
http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月27日 (火)

エレキット 真空管アンプキットTU-880組み立て

以前より入手していたイーケイジャパンのキットですが、

思い立って組み立てることにしました。

R0018695

想定9時間とありましたが、4.時間ほどでした。

R0018700

6BQ5シングルアンプです。

懐かしいですね。

このキットはイコライザーアンプも搭載できるのでプレーヤー直結もできます。

R0018702

6BQ5はSOVTEC製のものが付属していました。

試聴するとあの6BQ5独特の音がします。

2009年10月26日 (月)

誠文堂新光社 電車ガイドブック

1965年、小学校5年で買った本なので44年になります。

0910252
すでにぼろぼろです。当時750円しました。ラーメンが1杯50円の頃です。
お年玉で買いました。それからずっと参考になってきました。
最近までオークションで1~2万円していたのですが、
先日、2500円で入手しました。

0910253

この本も参考にしてホームページを更新しました。
修学旅行専用車、まさに1960年代です。
http://mtomisan.my.coocan.jp/

R0018697

2009年10月25日 (日)

各種ヘッドフォンアンプを比べる

このところ入手して作ったヘッドホンアンプキットの組み立ても終わったので簡単に紹介しましょう。

■秋月 AE-HPPML

低歪オペアンOPA2353を使用、両電源で出力コンデンサなしでダイレクトなサウンドが売り。コンデンサーも音響用でケースあるので手っ取り早いというのはあります。ケースまで用意されているので注目でしょう。

R0018690

マルツ電子で見つけたヘッドホンアンプのキットを2つ
■マルツ MHPA4881

R0018679

部品、特に抵抗が少ないので、カラーコードの読めない初心者でも簡単かもしれない。
ただし、ボリウムが半固定なので工夫は必要です。また電源は単3が3本と変則的。アルカリ4本では電圧が高すぎるのですが
自分はエネループ4本で、対応しました。
どうもこのキット店頭在庫かぎりのようです。値段(1380円)の割にはそこそこの音がします。ICはLM4881を使っています

■マルツ MHPA-FET

R0018681

部品点数も多く、ボリウムも付属しません。また調整用のテスターが必要です。4480円と高価ですが、原理なりに相当しっかりした音がします。
ケースや組み立てに手がかかりますが、アイドリング電流のせいか馬力のある結構良いがします。

音質は使うヘッドホンや、好みでも変わるでしょう。
また実装方法をどうするかも大切な要素ですので過去の製作をおみせしましょう。

■NJM2073
秋葉原で入手できるヘッドホンアンプICでビデオカメラ用に以前作ったものです。

R0018693

■レベルメーター付き
これは、便利です。自作にしては良いデザインでしょう。

R0018688

■以前雑誌発表したヘッドフォンアンプ

R0018683
音はやはりこれが一番良かったのような。

R0018686

R0018694

ヘッドフォンは手持ちのSONYのCD900を使いました。

R0018691
ホームページのオーディオコーナーもごらんください。
http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月24日 (土)

武蔵野ごちそうフェスタ LONLON改装関連情報

10/24-11/23でごちそうフェスタが始まりました。

R0018678

今回で5回目。
加盟店で飲食するとムサランカードが貰え、応募ができます。
当たれば、地デジ液晶32インチテレビ。
そして加盟店紹介の豪華ガイドブックは吉祥寺・三鷹・武蔵境を紹介してカラー164ページ。

本日からということで、加盟店のロンロンBFのチャオカレーで。
限定のシーフードカレーはこくがあって、イカがやわらかい。

R0018676 

こちらも限定のビーフカレー

R0018675

そして、ロンロン地下のカフェアロマところから、花火の広場の地下まで通路が出来ています。

R0018677

2009年10月23日 (金)

新しいOSはどうか Windows7

22日は、秋葉原ヨドバシの店前では朝からイベントをやっており、秋葉原の駅ではそれを見る人垣が出来ていました。

最近このブログを訪問された方々のOS内訳を紹介しましょう。

OS          訪問数   割合

1 Windows XP     9,834    61.6%
2 Windows Vista    3,306    20.7%
3 MacOS-X       775     4.9%
4 Windows 2000    445     2.8%
5 MacPowerPC    387     2.4%
6 Windows Me     175     1.1%
7 Windows 98     83      0.5%

XPが圧倒的に多いですね。これからどう変わって行くのか。

さて23日、LVS-800、VC-50HDのデモンストレーションで静岡日帰りです。ひかりに乗れば1時間です。

R0018672

2009年10月22日 (木)

秋月電子 オシロスコープキット

9月末発売になってあっと言うまに在庫0でしばらく待ちましたが、再入荷したということで早速購入、組み立てました。

Img_4266

これは便利そうです。

組み立てマニュアルは英語、秋月のサイトに日本語の説明がありますが、チェックの方法に不適当な部分もあって注意が必要です。

2009年10月21日 (水)

エレキットの新製品真空管アンプキットTU-LAB(TU-8300)

300Bの実験と数々のグレードアップで話題になっていましたが、いよいよ販売の発表、受付がはじまりました。

Tu4

LABという名も実験ができるという意味らしい・・・です。
これまでの同社のラインアップしては、
エントリー用の6BM8のシングル、
レコードのイコライザーアンプを内蔵した6BQ5のシングル、
そして類似管の差し替えが楽しめる6L6のシングルアンプで、
ここまでの通常在庫品。値段も5万円まで。
このほかに限定企画ものとして、2A3のシングル、
300Bのシングルがあって、これが6~8万円というところでした。

今回発表されたものは300Bシングルながら、KT-88(3結)の差し替え(別ソケットを用意)で・・・それで8300の型番?
これまで、問題とされた出力トランスは既成品の取り付けが可能で、
ユーザー側でグレードアップができる・・・となかなか魅力のあるものです。

これまで5極管・ビーム管の差し替えアンプキットは有り、それとの住み分けもされているようです。3極管の差し替えまで考えたかは・・・

メーカーサイトも予約を開始しました。当然価格は定価(88,200円)並ながら、ユーザー名の特注銘板がつくと言うもの。
シャシー構造も今回大きくかわるようなので、改造面での可能性を期待しています。
11月20日頃の発売になるようです。ネットでも調べると販売店の予約がはじまりお得な安値も出ているようです。

【予約受付中】EK JAPAN(エレキット)[TU-8300] 300B シングルステレオパワーアンプキット2009年モデル

【予約受付中】EK JAPAN(エレキット)[TU-8300] 300B シングルステレオパワーアンプキット2009年モデル
販売元:測定器・工具のイーデンキ
測定器・工具のイーデンキで詳細を確認する

\79500

2009年10月20日 (火)

ヘッドフォンブーム マルツのヘッドホンアンプキット

量販店のオーディオコーナーには高級ヘッドホンコーナーが出来、若い方、そして女性も試聴されています。
お店により違うのでしょうが1.5~2万円が売れ線。さらに5~6万、10万円というものも人気、それも学生さん、若いビジネスマンも。
ショーウィンドウを開けさせてお友達どうしで持参したプレーヤーで試聴する方々も、先日吉祥寺Y店で見受けました。
関連して、ヘッドフォンアンプも品種があり、関心が高いようです。そんなこともあり先日秋月のキットを紹介しました。
 秋葉原の秋月電子では組み立てサンプルを持ち込み機材で試聴する方もあって、やはりブームだなと思った訳でして、ほんの何軒か先のマルツ電子でヘッドホンアンプのキットを2つ見つけました。

R0018668
こちら1500円ほどの5V以下低い電圧で動くタイプ。

R0018669
こちらは4000円以上しますがOPアンプにFETの電流バッファーをつけた本格派、電源電圧が12~15Vでポータブル向きではありません。

ヘッドフォンはスピーカーのように部屋に影響されず、個性があって楽しめる、立派なオーディオルームには大変資金・スペースが必要。スピーカーも世界の名機は車が買えるほど高額。その点ヘッドホンは1点豪華も狙えるアイテムなのでしょう。特にインナータイプでは外にも持ち出せ、
分かる方にはちょっとした自慢もできるところはマニアの心をくすぐるのかもしれません。

スピーカーと違うのは、激しい消耗品である点を忘れてはいけないところでしょう。(良いスピーカーを買って、自分はすでに30年以上使っていますので。)

ヘッドフォンアンプキットは真空管式もエレキットなど発売されて本格的なブームになっている感じがしますが
秋月で言えば、実用向きのヘッドフォンアンプキットも以前ありました。メーカー製品ではある時期から機器のヘッドフォンアンプが省略されたり、
電流のとれるOPアンプ(たとえば4556など)で簡単に済ませられるなどの反動もあるのかもしれません。

自分は40年前の初のオーディオシステムでも2way式で1万円したパイオニアのSE-50を愛用していました。
その次が1975年頃のヤマハのHP-1で、これも1万円はしました。当時としてもずいぶん資金を配分していたと思います。

ですから、やはり1975年ころヘッドホンアンプは真空管式や、DCアンプ方式、パワーFET方式などを試作して使っていました。
専用ICも試したましたが、最後に試作したのは雑誌掲載用で2000年頃、丁度今回のマルツの高級版をトランジスタ出力でやったようなアンプでした。

現用は、定番ですが、この20年スタックスです。60年代後半追いかけたモデルSR時リーズの後継です。

ホームページもごらんください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月19日 (月)

ウィンドウズ7は必要か

R0018667

OS発売と言えば昔は花火が上がったり、たる酒が割られたり・・・大変な時期もありました。
思い起こせば、Win3.1、Win95、Win98、Win2000、XP、Vista、
その間にもありましたが。うちはパソコンの台数は多いのですが、今XPが標準、Vistaが1台。
過去をMS-DOSからたどると問題の多かったWin2000だけは走らせてません。
今回のVista もハード、ソフトの不整合から導入はなんと今年になってから。
Vistaでさえ、時間はとっても対応があきらめられたものもかなりあるようです。まだアプリのない新しいOSが必要なのはまず新規PC購入者ではないでしょうか。今回のウィンドウズ7はVistaからの改善増強のようですが
様子見の方は多いのではないでしょうか。
起動は早くなっても、動かないアプリを作っても仕方がないでしょう。ネットワークやウィルス対策などあって進化は分かりますが。
そんなことのないDV-7はとても平和です。相変わらずDVD画質でよい編集には活躍しています。ブルーレイでなんて編集はまず注文がないので

2009年10月18日 (日)

あの素晴らしい愛をもう一度 加藤和彦さん

1960年代で言えば、
1967年の「帰ってきたヨッパライ」、
1968年の「イムジン河」
同「悲しくてやりきれない」
同「青年は荒野をめざす」
あの頃の思い出がいっぱい・・・
忘れがちだけれど
ベッツィ&クリスの「白い色は恋人の色」(1969年)も加藤さんの作品。
1970年代も「あの素晴らしい愛をもう一度」(1971)も。
1980年竹内まりあの「不思議なピーチパイ」も
フォーククルセーダースの「帰ってきたヨッパライ」は驚きだった。
当時すでにオーディオマニアであった自分はその原理は知っていたけれど。
テープに彼らのレコードをコピーして、半分の速度で再生、納得したものだ。
1960年代のいろいろを掲載
60年代 懐かしの宝箱

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月17日 (土)

運動会の撮影・編集アイデア

最近、ビデオの撮影は大変ポピュラーになったこともあって、逆にマナーが言われるようになってきました。
学校・幼稚園関係の個人的な撮影でも、禁止事項がいろいろあったりします。

ということで姪の幼稚園の運動会は、自分の卒業した小学校のグランドで行われました。

R0018640
皆さんが撮影するとなれば、当然かもしれません。会のパンフレットの諸注意などは特に注意が必要でしょう。

こうしたイベントの撮影は2度とない・・・ということになりますので、
その瞬間を捉えるには十分な準備が必要になります。
しかし、何分リハーサルや段取りがある訳ではありませんし、大会側での撮影ではないということでは限界は当然あるものです。

場所的には自分が卒業した小学校で、ここでの撮影も何度もやっているので、過去の経験が活かせます。

本当は写真も撮りたくて、昔はビデオカメラ2台、デジカメ2台といこともありましたが、
最近、三脚は撮影ブースのみ、それも放置は禁止となりましたので、ビデオカメラのHD撮影にしぼり、
静止画は動画から抜く、テレコンを付けるのビデオカメラはとりあえず2台、三脚は1台としました。

R0018627

SONYのHC1はメインカメラで1.4倍テレコンを付けて、アップを中心に。
キヤノンのHV10はサブカメラでほぼ固定、中景~を担当します。

こうすれば、被写体がフレームアウトしても安心。
カメラ1台では冒険もできない固定に近い撮影で、自分のところの子供がどこにいるかわかず、逆に素人さんのアップでは
被写体が見え隠れするアップになるのは必至です。

R0018664

こんな工夫をすれば、三脚も1つでOK。実際、2台のカメラでチャンスも逃さず撮れました。

2カメ編集はDV-7DLPROの直感A/Bロールでまさにミキサーでスイッチングするように編集。あとはダイレクトリニア何度でも
やり直せ、止めて修正がじっくりかけられます。HDVで撮影、皆さんDVDで見るのですからSD編集で十分です。

ということで40分素材×2本ですが取り込みからマスターまで今回は時間をかけ4時間。作品は15分ほど、見易くまとめました。
DVDを5枚つくり、当日中の納品となりました。

2009年10月16日 (金)

浜プロ(hamapro)さんのブログにLVS-800が

新製品のビデオミックス/ライブスイッチャーLVS-800を
使った収録の実例が掲載されています。
http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2009-10-13

LVS-400も評価が高いですが、LVS-800はパネルプリセット機能搭載で使い易く、DSK搭載で
独立出力。1台で演出・収録ができるところもこれまでのミキサーになかった魅力でしょう。

ROLAND EDIROL / LVS-800 【 送料無料!】 ROLAND EDIROL / LVS-800 【 送料無料!】
販売元:KEY
KEYで詳細を確認する

2009年10月15日 (木)

鉄腕アトム ATOMの映画

リバイバルというか、僕らには変なという言うかどこかで見た感じもするアトムが登場している。
アトムが雑誌「少年」に登場したのは、1950年代のことであって、最初の1年は「アトム大使」としての連載だった。

R0018619

あらためて言うまでもなくマンガの神様手塚治虫さんの作品である。
今回のつるんとしてすましたアトムも変わってはいるけど、アトム大使のアトムは1963年にアニメ化されたアトムともまた雰囲気が違う。
最近のアトムはCGで少しお兄さんになったようにも見えるけれど、何かアトムのお兄さんのコバルトに似ているように見えるのは自分だけだろうか。
手塚さんに敬意を表しながらもなぜこのようなアトムが必要だったのか自分にはよく判らない。

アトムとなると、いつも最終回に関わる自己犠牲の話になるけれど、もし純粋にアトムをロボットとして見てしまうと、
あらためて、アトムの中に人間を見ている訳で、自己があって、一人のアトムで見るとそうなるけれど・・・
はたして手塚さんはそこを見せたかったのかとも思ってしまう。
たしかにロボットは人のために働くのであって、アシモフによれば、ロボットは自分を守らなければならないとすると、この自己犠牲はアトムの人間性であるのかしれない。

自分はアトムの最終回まで見て、育たないアトムは永遠のアトムであったことをどこか忘れていたことに当時気づいた。
実際最終回以後の話はいろいろあるのだけれど、アトムが再生や複製されてしまえば命の話も、犠牲の話も切り離されてしまうことになる感じがしてしまう。

生命のないはずのアトムに消えてしまうことの悲しさはいったい何だったのか。
我々の生きたと・・・いうことが「思い出」であることのように。

60年代のアニメ、マンガはこちらを

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月14日 (水)

鉄道記念日 宇都宮訪問

宇都宮は昔中学で同じクラスでクラス委員をいっしょにやったお友達が大学の教授をやっていて、お話をさせて頂いた・・もう3年ぶりくらい。

R0018608

3時間半の導入講習会でした。遅いお昼を駅で頂きました。

R0018617 

チキンのカレー味トースト。カレーは昔懐かしい学校給食に似て。

鉄道記念日を覚えていた自分はマニアなのでしょうか。

新幹線の中でこんなものを見つけました。出来はともかくお値段はいかがでしょうか。

R0018618

2009年10月13日 (火)

全日本模型ホビーショー2009

10月9-11日幕張で開催されました。一昨年のように自分の作品でのメーカーさんへのご協力もなかったので会場には参りませんでした。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page108.html
あれ、模型ショーって言う方もいると思います。年間で似ていて違うものがいくつも開催されるからです。

鉄道模型が展示されるもので大きなものでも
1.静岡ホビーショー   静岡模型教材協同組合
2.JNMAフェスティバル 日本Nゲージモデラーズ協会
3.鉄道模型ショウ    日本Nゲージ鉄道模型工業会
4.国際鉄道模型コンベンション 日本鉄道模型の会
5.全日本模型ホビーショー 日本プラモデル工業協同組合

Nゲージ中心なのが2と3で、3は大メーカー中心でエントリーから、2はガレージ系で自作派向け
4は各種ゲージでアマチュア参加+メーカー
1と3は広く模型で鉄道模型メーカーも参加している。1はローカル的に聞こえるがその年の新製品が1番最初にわかる。5はラジコンメーカーなども含んで非常にブロード、鉄道模型としては存在感は大きくない。5は鉄道模型大手のKATOでさえ主催社側ではなく協力社としての参加。

きっとどのショーを見るかで見え方もずいぶん違うはずですね。

2009年10月12日 (月)

週刊マンガ日本史 創刊

またもや週刊もの。検索でよく間違いが判るので、今回は朝日新聞出版。歴史と言っても人にフォーカス50人。この人選は学習指導要領にしたがっているとのこと。最新学説も紹介されるらしい。問題の1960年代に及ぶか・・・は、戦後のマッカーサーまでこれ50号で最終号。監修は世界一受けたい授業で知られる河合氏。マンガの執筆陣が自慢らしいが・・・自分世代では里中満智子さんくらい?

やはり思い出されるのは「マンガ日本の歴史」、石ノ森 章太郎氏の力作である。

さて、3連休も+介護の日々ですが、ほんの少しのホームページのネタしこみと、周囲のかたづけでした。

朝日ジュニアシリーズ週刊マンガ日本史 2009年10月25日号 [雑誌] 朝日ジュニアシリーズ週刊マンガ日本史 2009年10月25日号 [雑誌]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

週刊マンガ日本史増刊 2009年11月号 日本史人物カードホルダー [雑誌] 週刊マンガ日本史増刊 2009年11月号 日本史人物カードホルダー [雑誌]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

2009年10月11日 (日)

連休2日目、ホームページ更新 吉祥寺 歯の治療

本日は久々にホームページ特集記事の作成。
長年やりたかった1960年代の学研の「科学」と「学習」のふろくの研究です。
http://mtomisan.my.coocan.jp/page194.html

学研の「科学」も1950年代からあったかと思ってましたが、1963年の創刊、自分が小学3年のときです。小学4年には「科学」をとっていたので、創刊の翌年であったことにおどろきます。

R007_2 

戦後は、「団塊の世代」(1947年~49年までのベビーブーム生まれ)によって文化、時代は動いていきました。
しかし実際は少しずれがあって、ニーズに応えられたのは
団塊の世代の後であった・・・ということが意外にあることに気付きます。
特に、学校・教育で「はじめて」・・・というのは我々の世代であった・・・
当時は自分たちがそんなはじめてとは思っておらず、今1960年代を調べる判るというものです。
 たとえば学校給食の食パン化・牛乳化・食器の変化、ベルマークの創設、学校の教材の変化、鉄筋校舎、スチールのイス・机、現代っ子、テレビっ子、ちびっ子、鍵っ子、そして、みんなのうた・・・詳細はホームページをゆっくりご覧ください。
http://mtomisan.my.coocan.jp/

さて本日は虫歯の治療です。

吉祥寺に開業されました黒田クリスタル歯科。我が家からは徒歩1分ほど。
http://www.kc-kichijozi.com/index.html

R0018547

昨日発見された昔詰めたところの治療ですが、
拡大鏡歯科ということで、今まで見落としがちなところも治療して頂けます。

丁寧に確実快適に治療して頂きました。(古い金属を入れた歯→治療後)

R1010118
画像で治療の方針・方法や現在の状況もご説明頂き、大型ディスプレイで見せて頂けるので安心納得です。おかげさまで治療した歯の調子も良いです。

2009年10月10日 (土)

吉祥寺 歯の治療

3連休 第1日目
先週、内覧会で見学した黒田クリスタル歯科に歯の掃除をして貰うことになりました。吉祥寺駅では西側、ロンロンの出口向かいのクリスタルパークビル。産経学園の入っているビル。
皆さんにはやきとりの「いせや本店」の駅側のビルというのが分かりやすいかと。こちらが歯科入り口。

R0018605

まずはじめに、2枚ほど、アレルギーや歯の衛生習慣についてのアンケートが有りまして

R0018594

診療台の大型ディスプレイにはDVDで世界の風景が流れており・・・
まず簡単な診察の後、デジタルのレントゲン撮影。すぐに診療台のディスプレイに大写しにして・・・ということで

R0018559

そして歯石を取った後、クリーニング、そしてはぐきのチェック。

R0018598

さてカンファレンスルームに移動しまして

R0018596

治療前の画像と治療後の画像を比較し本日の状況と今後の説明、また日々の歯の磨き方などのアドバイスがありました。

ということで、引き続き見つかった虫歯の治療をすることになりましたが
画像を見せて頂いての説明は治療も分かりやすいのと、自分の歯磨きの問題点も良くわかるところとなりました。

R0018599

黒田先生とスタッフの皆さんです。

さてこのブログをご紹介したところ、吉祥寺の美味しいお店のご質問がスタッフの方からありました。

参考になるのは、1つはこのブログの「吉祥寺」カテゴリーから

http://mtomisan.cocolog-nifty.com/blog/cat4895212/index.html

もう1つは、いっしょにイベントのお仕事をする円城寺佳子さんがケーブルTV番組のナビゲーターをされている「ちょい寄り」または「東京西三ツ星ナビ」ですね。

http://www.mmcatv.co.jp/contents/choiyori/backno_index.html

2009年10月 9日 (金)

名古屋めし

台風18号で大変な出張となりましたが、夕方決断した前日入りも功を奏し無事デモンストレーションを終了しました。
名古屋も4年前まで毎月きていましたが、大阪への通過点でした。つまり宿泊することは少なかったのです。
ということで、仕事の小打ち上げもかね、名古屋らしいメニューで。おなじみの手羽先、味噌串カツ、鳥つくねなど。名古屋の居酒屋ではポピュラーな榮太郎さんでした。

R0018585

2009年10月 8日 (木)

山手線命名100周年記念弁当と台風18号

山手線命名100周年ということで茶色の電車が走っておりますが、
記念のお弁当まで出ていたとは・・・

R0018574
確かに昔は「ヤマテセン」グリーンの前がイエロー(カナリア)だったことを知っている人はいるでしょうか?
自分が学校で書いた、山手線は黄色、1963年頃の話です。(101系が103系より前に走った)

さてこのお弁当のポイントはすべて○のデザイン。
コロッケ、カツ、ハンバーグ、グリンピース、パスタ、ナスの輪切りすべてが○。
そして、アスパラ、グリンピース、ブロッコリーがグリーン。
グリンピースの棒と卵の◎2個で
100の文字、読めるでしょうか

R0018576
8日夕方の名古屋でデモンストレーションがあって、
当初、8日午後会社を出てと思っていましたが、
台風が来るということで、8日夜東京に帰るのは難しいと思い宿を取りました。
その後台風はいよいよ上陸が確実となってきましたので、出発を8日朝に繰り上げることにしましたが
天気予報を見ると、上陸が早まるようで、8日朝にはすでに大きな影響が出ていると見て
7日夜前泊することとした訳です。
家に戻り、荷物をまとめて用事を済ませて出発、デモンストレーションの準備は名古屋で行うこととなりました。

7日夜10時に名古屋に着くと強い雨、こんな状況。

R0018578

浸水対策もされています。

R0018579

そして8日明け方、大きなホテルのビルながらどんどんとたたきつける音がして、台風がとおりました。

R0018580

昔の伊勢湾台風が思い出されます。
昨日午前、確認の上発送した機材は届くのでしょうか。

2009年10月 7日 (水)

秋月電商 ポータブルヘッドフォンアンプキット組み立て詳細

工具としては、半田付け関係、ニッパー、ラジオペンチ、プラスドライバーに加え、
専用のつまみを利用される方は細い6角レンチが必要になります。

R0018573

基板の組みたでは、ジャック、ボリウムは浮きのないこと、電解コンデンサーの極性(1箇所シルクがつぶれ判りにくい)
に注意です。

基本回路は出来上がっていて、電源のコンデンサと入出力の配線ということです。

電池BOXのリードの芋付けに注意。半田こてはIC用の15Wクラ スでは慣れないと弱いでしょう、

自分はターボ機能付きのコテを使っていて、ここぞ一番にシュンパツパワーが出せます。

取り付け済みの回路に半田が飛んだりしないように注意しましょう

説明書ではLEDが最初の取り付けですが、これはアルミパネルを当てて位置を決めるため最後にしました。
後からつけるときは、シルクが見難くなるので極性には特に注意しましょう。

R0018569

パネルの取り付けにはボリウムの突起があたるのでこれを古いニッパーでカットします。(新品は刃こぼれしたら勿体ない)

R0018570

基板がネジに当たる場合もあるので、ケースを組み付けるときに調子を見ます。

つまみは少し浮き気味で位置決めしないとパネルに当たり感触が悪くなります。

電池は4本同じ銘柄の新品を使いましょう。2本づつで正負電源として使っているからです。

チェックに心配な方は使い古しの安いヘッドホンでまずやると良いでしょう。

ヘッドフォンアンプは電池式、バッテリー式、本格的なものまでいろいろありますが、
こうした手作りも魅力的なものだと思います。

電源だけでなく
カップリングコンデンサにも高級オーディオ用が使われています。
こんな簡単なキットでも書き始めるといろいろあります。

こうなるとヘッドホンも良いものを使いたくなりますね。

RSS by Roland RH-PM5 インイヤー・モニター 【送料無料】 RSS by Roland RH-PM5 インイヤー・モニター 【送料無料】
販売元:ホームショッピング
ホームショッピングで詳細を確認する

2009年10月 6日 (火)

秋月電子 ポータブルヘッドフォンアンプキット

秋月のキットと言えば秋葉原でも低価格が伝統の中、なんと4200円のヘッドホンアップキットが発売されおり、それなら作ってみようということになりました。

R0018564
これキットは以前からあったのですが、これがアンプキット。

R0018568

今回高級金属ケースキット2400円も発売され、ぐんと実用レベルのものが簡単に作れるという魅力が出てきました。

R0018565

すでに面実装部品は半田付け済み、

パーツは小分けされていて

R0018566

ジャック、スイッチ、大型のコンデンサ、LEDを取り付ければ完成です。

R0018567

R0018571 

電池単4を4本入れて簡単に音だしチェックです。
工作慣れした自分には30分もいらない工作でしたが、普通でも1時間前後もあれば大丈夫でしょう。

R0018572

通販もされています。

2009年10月 5日 (月)

吉祥寺ロンロン改修中、出口情報など

2009年10/1より地下ファッション・フロアー&2Fの改修に入りました。

R0018543

JRロンロン口はそのままですが、いきなりエスカレーターで地下1Fに下り→すぐに1Fに上がって花火の広場に出るか
階段で1Fの神戸屋横に下りるか。2Fのまま、井の頭線やJR南口(公園口)へのバイパス通路は健在。
ヤング館は通常営業ですが、地下では分断されました。
今、ロンロン口で出ようとすると正面に壁が見えるので、躊躇される方も見受けられますが、1Fに降りてしまえば良いわけです。
そのためか、1Fの高級スーパー前は人通りが多く、また吉祥寺北口沿いも人通りが増えたように思います。
特に2Fを出て利用の多かった本屋、CD屋は休業状態なので、JRを新宿側のヤング館口に出て人が多くなるのでは・・・と予想しています。
ヤング館の新星堂でCD、地下でユザワヤへつながる啓文堂で本をという人です。

R0018546
しかし、来年にはユザワヤビルの改築が予定されているはずですのでヤング館周辺がどうなって行くのか?というところがあります。
そういえば、来年春には吉祥寺伊勢丹の撤退がありますね。

地下も分断されていますが、レストラン街は通常営業です。

R0018552

2009年10月 4日 (日)

吉祥寺 歯科 内覧会

吉祥寺では有名なやきとり屋「いせや」本店の駅側のビルクリスタルパークビル1Fに新しい歯科医院、黒田クリスタル歯科が開設されまして、本日通りがかりに内覧会ということで設備を見せて頂きました。

場所は先日のカメラのコイデの新しい店舗の隣です。受付です。

R0018560

こちらが診療台で、オープンなスペース

R0018559

そのとなりはキッズスペース

R0018558

個室もあります。

R0018555

こちらがカンファレンスルーム

R0018556

各部屋とも大型の液晶ディスプレイを使って、治療や診断の状況の説明が受けられるようになっています。治療前、後の状況を比較してみたりなど。デジタルレントゲンはサーバーにデータがあってということでしょうか。

院長の説明では低反発素材の診療イスほかも安心・衛生など快適には何かと気遣っているとのこと。歯科と言えば技量ですが、こちらはやはり体験してみないと判らないところですね。

2009年10月 3日 (土)

2016年オリンピック開催地決定

東京には決まりませんでしたが。

いろいろな評価はあったと思いますが、すでに1964年東京で開催されていることの影響は否定できないでしょう。

4候補地中、地元地の支持は最下位だったとも聞きます。

あの東京オリンピックが果たしたものをものを思い起こすのも良いでしょう。

懐かしさだけでなくいろいろなものが見えてきます。

ホームページもごらんください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/

2009年10月 2日 (金)

柳森神社のたぬき祭

ホームページの懐かしい秋葉原

http://mtomisan.my.coocan.jp/page018.html

にも掲載した、柳森神社。太田道灌が江戸城を建てたときに鬼門除けに柳を植え、これがもとになっているらしい。いっしょにまつられている福寿神が「お狸」さん。ここは、お稲荷さんなのだけれど。5代将軍綱吉の生母桂昌院が崇拝したとも。「他を抜く」ということで出世するらしく人気があるらしい・・

R0018542

雨の中、沢山の人が集まっておりました。

R0018544

R0018545

2009年10月 1日 (木)

多摩テック 閉園

また1つ思い出の場所が消えて行った。本田系列の施設で、7年前には入場100万人を超えたけれど金融危機から経営見直しから採算のとれない事業として撤退が決まり2009年9月30日で終わりとなりました。思い出の場所としてすでに無くなったのは、渋谷の五島プラネタリウム、それの入っていた東急文化会館、向丘遊園地、二子玉川園・・・

多摩テックが開園したのは1961年。

閉園後の跡地利用方法に関しては現時点では未定のようです。別れを惜しむ来場客が連日詰め掛けたため、一部3時間待ち状態で大変混雑していたらしい。

1960年代のいろいろはこちらへ

http://mtomisan.my.coocan.jp/

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ