無料ブログはココログ

« パイオニア PE-101 | トップページ | 明治大学 東京国際マンガ図書館公開 »

2009年10月30日 (金)

真空管アンプ TU-880LAB

もちろん、そんな機種は発売されていませんが・・・
イーケイジャパンのエレキットシリーズの真空管アンプキットは好評で、出力管やトランスを変えて楽しめるTU-LABことTU-8300も発表されました。この差し替えは3極管や3極接続を志向しているようです。
5極管、ビーム管の差し替えはTU-879で実現されておりますが、
これはGT管ファミリー。

それなら・・ということ先日作った6BQ5のTU-880改造を開始しました。計測するとB電圧が高めに出ており、まずこのあたりから改造に入りました。

そして、B電圧と出力管のプレート電流を監視できるように。
パネルメーターを付けました。

R0018715

もちろん、イコライザーアンプは外し、セレクターは直結、入力はパラっています。(スルー用です。)

フロンパネルは工夫をしましたが。ここまでの材料費約3000円です。工作時間はパネルを除くと2時間、試行錯誤1時間。

B電圧切り替えも可能。平日、夜の小プロジェクトです。

R0018717

後編の活用に続く・・・

« パイオニア PE-101 | トップページ | 明治大学 東京国際マンガ図書館公開 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい仕上がりです。
参考にさせて頂きます。

また、懐かしい記事も多く、
楽しませて頂いております。

ご訪問、書き込みありがとうございます。
ご参考まで、改造情報など、追加しました。
引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管アンプ TU-880LAB:

« パイオニア PE-101 | トップページ | 明治大学 東京国際マンガ図書館公開 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ