無料ブログはココログ

« エレキット TU-8300 TU-LAB 発売記念出力管差し替え実験2 | トップページ | エレキット TU-8300 TU-LAB 到着、製作開始! »

2009年11月23日 (月)

エレキットで300B差し替え試聴

新製品TU-8300は発送のヤマト運輸からメールで24日着のお知らせが来ました。
それまで、前からやっておきたかった実験をすることにしました。
エレキットTU-873LE、300Bシングルステレオパワーアンプでの比較試聴です。

R0019021

キットに付属するのはクラシックコンポーネントの300Bです。
手持ちのゴールデン・ドラゴン、シルバートーン、そしてウェスタンのWE-300Bです。

1)CCI 300B

R0019022

2)シルバートーン 300B

R0019025

3)GD 300B

R0019028

4)WE300B

R0019029

ウェスタンを除く300Bはすべて中国製と思われます。
プレート形状が似ているようですが、メーカーにより違います。

R0019031

1)と3)が似ています。プレートの表面の色は2)がオリジナルに似ています。ウェスタンはペアチューブながら大きさがずいぶん違います。管型はまちまちです。

過去より言われるように中国製とオリジナルではフィラメントのつり方が全く違います。(左:中国製、右:オリジナル)

R0019033

中国製の音は大同小異、一見良いようですが、オリジナルを聴くとやはり違います。
特にオリジナルはピアノ音の上品さ、シンバルの細かさと切れでしょう。低音の腰もより自然の聞こえます。
これらの結果がアンプによって違うものなのかはTU-8300を待って比べたいと思います。

« エレキット TU-8300 TU-LAB 発売記念出力管差し替え実験2 | トップページ | エレキット TU-8300 TU-LAB 到着、製作開始! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキットで300B差し替え試聴:

« エレキット TU-8300 TU-LAB 発売記念出力管差し替え実験2 | トップページ | エレキット TU-8300 TU-LAB 到着、製作開始! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ