無料ブログはココログ

« 吉祥寺ロンロン むさしの軒 | トップページ | エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 »

2009年11月16日 (月)

エレキット真空管アンプシリーズで出力管差し替え実験・・・

このところ連日ブログ掲載させて頂いております。

差し替えられる球の種類は限られますが
改造しないでOK・・・
現行はエレキットのTU-879Sというモデルになりますが、
でいれば私と同じようにTU-883LEが良いのでしょうが。
TU-883LEは音質を吟味した部品と出力管がKT-88です。

両者とも改造せずにEL-34、KT-66、6550、6L6GCが挿しかえられます。

実はEL-34はピン接続が違うのですが、キットでは内部接続されているのでそのまま行けるのです。
昔から、この構想は自分自身もあって1980年より前でしょうが、おそらく初歩のラジオ、
稲葉保さんの記事のなかの1行がヒントで、やりたい・・・と思っておりました。
後年、エレキットブランドから差し替え可能なアンプTU-879 が出た訳です。
そして昔、雑誌デビューでお世話になったC社のYさんが編集された本には
他の執筆者がこの実験を行っています。

担当が縁故の方だけに正直、もっと詳しくやって頂ければ・・・と思った訳です。
この機種を発展した実験アンプTU-LABことTU-8300が発売されます。楽しみです。

待ちきれず、過去資産で実験をしているのが最近です。

MT管の挿し換え実験のできるTU-880(改=LAB)

R0018715

GT管の差し替え実験のできるTU-883(改=LAB)

Tu883image1

« 吉祥寺ロンロン むさしの軒 | トップページ | エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキット真空管アンプシリーズで出力管差し替え実験・・・:

« 吉祥寺ロンロン むさしの軒 | トップページ | エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ