無料ブログはココログ

« エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 | トップページ | InterBEE 2009 国際放送機器展 »

2009年11月18日 (水)

エレキットTU-883LE(TU-879S/R)で名管新旧差し替え試聴

6L6GCやKT-88を挿されている方が多いと思われるこのアンプですが、ちょっと違ったおすすめ名管の聴き比べです。

R0018945

6550新旧

 タングゾルの復刻版(現行版)
形はとてもよく似ているダルマ型。

R0018938

 オリジナルはピアノの音もしっかりしており、バランスよく元気に鳴る。

R0018943

 オリジナルに比べるとスケールはやや小さいが、音の輪郭は似ている。
余韻の響きがオリジナルの方が美しく、現行はタイトな音。

R0018936

左旧、右新、いずれもタングゾル製
 
350B新旧
残念ながらウェスタンのオリジナルはもってません。

R0018857
こちらはビンテージで中身はWEと同じものと言われて買いました。
フィリップスブランド。出力の割合にヒーター電力は大きく、ヒートアップまでに長い時間を必要とします。音はベースに馬力があり、こしがあって、他にない好ましい音がします。

R0018935

こちらは復刻版。最近はみかけませんが10年ほど前に入手したもの。ゴールデン・ドラゴン製。出た頃言われたように音は350Bとは違います。
元気のある楽しく、アタックで立ち上がりの良い音がします。

R0018859

左が旧、右がGD(新)

ビンテージは入手は難しいですが、この350Bはみかけによらず余裕を持った性能、魅力的な音がします。これは大変大きな発見。
残念なのは、復刻管を最近聞かないことでしょう。

ここまで聴いて、いろいろなソースで聴きたいと思った勝ち残りの球は

1.GEC KT-88
2.6550
3.350B
・・・

« エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 | トップページ | InterBEE 2009 国際放送機器展 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキットTU-883LE(TU-879S/R)で名管新旧差し替え試聴:

« エレキットTU-883LE(TU-879S/R)KT-66属差し替え試聴 | トップページ | InterBEE 2009 国際放送機器展 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ