無料ブログはココログ

« エレキットTU-8300改造、電圧・電流表示機能追加 | トップページ | TU-8300試聴、ソケット・アダプターと3極管接続の魅力 »

2009年12月 1日 (火)

TU-8300改造篇、プレート電流調整改造

TU-8300では裏ふたをあけて裏面からの電流調整となっていますが、電流表示機能をつけたので、上面から行えるようにと、電流の小さな球も対応できるよう、可変範囲を少し広げる改造です。

半固定抵抗を裏面から取り付けます。

R0019173

ケーストップに基板位置から穴を開けます。

R0019172

これで電流値を見ながら上から調整できます。

R0019179

そして、シリーズ抵抗を抱かせて
50~80mAを35~80mAの可変にしました。

これは、規格の低い球も試すためです。

たとえば6V6GTの3極管接続。懐かしい独特の音ですね。こんな音も好きな方も多いかと。

R0019175

そして6F6Gの3結。これはまた、まとまりの良い音ですね。

R0019178

ということでTU-8300が到着して1週間でかなりの実験が出来たと思います。

« エレキットTU-8300改造、電圧・電流表示機能追加 | トップページ | TU-8300試聴、ソケット・アダプターと3極管接続の魅力 »

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

電源トランスにカバーがついているようですが、これはどうされたのですか?
電源トランスそのままではかっこ悪いですよね

コメントありがとうございます。
トランス・カバーの件ですが、板金で作るために原型としてプラ板(2mm)で試作してみたところ、
強度・熱とも問題がないのでそのまま使っています。角の内側は5mm角の3角材で補強が入っています。
2mmのプラ材は手に入らないことはないと思いますが、手持ちのタミヤのプラ板1mmの2枚貼りあわせました。
試行錯誤がなければ短時間の工作だと思います。仕上げはU-808に合わせ、ダークグレーとしてGMの35番を吹いております。(鉄道模型用の塗料です。)

結構高級感が出まして、TU-8300は電源トランスカバーは美観上必ず必要と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300改造篇、プレート電流調整改造:

« エレキットTU-8300改造、電圧・電流表示機能追加 | トップページ | TU-8300試聴、ソケット・アダプターと3極管接続の魅力 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ