無料ブログはココログ

« TU-8300改造篇、プレート電流調整改造 | トップページ | TU-8300 対 TU-879(TU-883LE) やはりTU-8300か »

2009年12月 2日 (水)

TU-8300試聴、ソケット・アダプターと3極管接続の魅力

TU-8300は300B専用か、5極管またはビーム管の3極管接続で楽しめるアンプキットです。
多極管で刺せるものは多いですが、アダプターを自作し使うともっと多くの球が差し替えられます。
すでにTU-833LEでご報告していますが、同じアダプターがTU-8300でも使えます。

R0019182

沢山ありますが、良い結果をお知らせすると6098(6AR6)でした。小柄ながら分厚いガラス、塊のようなプレート。

R0019184
音はとにかくダイナミック!、音がしっかりしているし綺麗、UL接続ではさらに音が前に出てくる。

R0019189

このアダプターで差し替えです。

それならということダイナミックな音のしそうな球を選んで試聴。

KT-90
大型管だけに低音は豊かで、はずんでいます。これはすごい。ULでは特に低音が出る。

R0019188

さてそれなら3極管はどうか。このキットでは3極管は300Bしかさせない・・・自作アダプターがあります。
ダイナミック系であれば

R0019191
6CA10
シンバルはおとなしいけれど、細かくて、低音のバランスもよく、とにかく楽しんで聞ける。NECのオリジナル管です。

R0019194

8045G

R0019195 
こちらはさらに低音が引き締まって、音全体がクリアー。はずむところははずむし、U-808との相性も良いようですね。
3極管と言っても、近代的な音楽ソースにも合うかんじ。もちろんLUXマークの入ったオリジナル球です。

R0019205

それでは、3極管接続でよい結果の出た球をもうひとつ。

WE349(CW349)

R0019200 
有名な336のG管で足はおなじみのビーム・5極管と同じなのです。
今回の改造でプレート電流範囲を拡大しましたので、最少にして差し替え。

 
こちらも25秒ではヒートアップしません。
この球もなかなかツヤっぽい。アールクルーのアコーステック・ギターのねばっこさ、夜聴くにはこじんまり感も綺麗に響き、好感が持てます。

ということで本日この当たりまで。いかがでしょうか。

« TU-8300改造篇、プレート電流調整改造 | トップページ | TU-8300 対 TU-879(TU-883LE) やはりTU-8300か »

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300試聴、ソケット・アダプターと3極管接続の魅力:

« TU-8300改造篇、プレート電流調整改造 | トップページ | TU-8300 対 TU-879(TU-883LE) やはりTU-8300か »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ