無料ブログはココログ

« 吉祥寺駅開業110年、変わる吉祥寺 | トップページ | 中央線高架化 »

2009年12月 6日 (日)

TU-8300でEL34の3結(3極管接続)聴き比べ

エレキットの真空管アンプキットで出力管の試聴を進めて行きましょう。
今回のテーマはEL34族。手持ちの中から

R0019237

ビンテージ管から
松下 6CA7

R0019238

ベースのピッチカートは音が高い感じ、低音がひきしまっている。昔アンプを作って使っていたので懐かしい音。

テスラ EL-34

ピアノは丸く、余韻も足りない。エネルギー的に中域に集まった感じで、シンバルも控えめ。

R0019239

トロナル EL-34

R0019242

中域の傾向は松下に少し似ているが、ベースははずもし、良く鳴る。シンバルは好き好きが分かれそう。

R0019241

Tri EL-34

R0019244

少し太めの管。ピアノ音がせつない。中低域がはった感じの馬力系。

R0019243

ムラード EL-34(旧)

R0019248

英国製の昔のもの。
シンバル音ははぎれ良く切れる。ダイナミックな音で楽しく聴ける。ベースも弾んで綺麗。

R0019247

ムラード EL-34(新)

R0019246

旧とは違う音、ピアノ音には滑りがある。シンバルじゃ切れて余韻もある。ベースのピッチカートも胴なりもスムーズにつながって聞こえる。

R0019245

テレフンケン

R0019250

ピアノ音は無難な感じで音は立った感じではない。好き好きだが全体のバランスは悪くない。音は中域より気味で低音はふかふか。

R0019249

JJ KT-77

R0019252

シンバルは細かく。ピアノ音も自然でよい。概観は悪いが意外に3結は楽しめる。

R0019251

ムラード EL-37

R0019254

ピアノの鳴りは豊か。シンバルは爽やか、ベースに誇張もなく、自然に聴ける。

R0019253

今回良かったのは、ムラードのEL-34(旧)、EL-37。JJのKT-77の3結は新発見。

概観比較はこんな感じで各種各様です。

R0019256

EL34 Mullard 2本マッチ 中パワー 真空管MX22 【送料無料】

EL34 Mullard 2本マッチ 中パワー 真空管MX22 【送料無料】
販売元:ヴィンテージサウンド
ヴィンテージサウンドで詳細を確認する

« 吉祥寺駅開業110年、変わる吉祥寺 | トップページ | 中央線高架化 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300でEL34の3結(3極管接続)聴き比べ:

« 吉祥寺駅開業110年、変わる吉祥寺 | トップページ | 中央線高架化 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ