無料ブログはココログ

« 吉祥寺 クリスマス | トップページ | 今年最後の仕事 »

2009年12月24日 (木)

TU-8300 最近のKT-88を差し替える

TU-8300は300Bのアンプとしても動作や回路で洗練された部分がありますが
もうひとつKT-88をはじめとする多極管の3結が楽しめるところは
これまでのエレキットシリーズと違う部分です。
300BとKT-88は対象的なサウンドですが、それを扱うところも面白い・・・。

R0019325 オリジナルGEC製

KT-88はすでにビンテージのゴールド・ライオンを挿して試聴してますが、
最近の球ではどうか?といのが今回の企画。
KT-88はみなパワフルになりますが・・・

KT-88

R0019318
SOVTEK 購入時、販売店が付属させたもの。
ピアノの響きは好き好きでしょう。楽器の分離感はある。
UL接続>ベースがより弾み、スネアも目立つ。差はそれほど大きくない。

R0019317

GL 最近の異国製

R0019320
ピアノは分離、低音は自然。ピッチカーともしっかりしている。
UL接続>ベースの伸びも良く、音は全体に自然、中低音が張り出してかつつながりも良い。

R0019319

GD クラッシク

R0019322
ピアノが前に出て快活。低音は自然
UL接続>SOV似だがこちらのほうが低音がはずむ。

R0019321

Tri

R0019324
中域のエネルギー、分解能もある。ドラムのアタック音はダイナミック。
ベースも弾む。
UL接続>リズムが前に出て、ピアノはやや色が付く。

R0019323

ということで、最近の球も試聴結果まちまち。概していえるのはUL時の音色変化、ビーム管らしい快活が出る傾向にある。

R0019328

管型比較。左からGEC、Tri、GD、GL、SOVTEKで

右のSOVTEKは6550のようなダルマに近い。

JAZZ向きなのはGD,GLのUL接続。3結のTriまとまりが良いかもしれない。(UL接続はトランスを換装、接続を換える必要がある。3結との切り替えは改造が必要)

Triode  トライオード KT88 真空管 (マッチドペア) Triode トライオード KT88 真空管 (マッチドペア)
販売元:サガミオーディオ ヤフー店
サガミオーディオ ヤフー店で詳細を確認する

« 吉祥寺 クリスマス | トップページ | 今年最後の仕事 »

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300 最近のKT-88を差し替える:

« 吉祥寺 クリスマス | トップページ | 今年最後の仕事 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ