無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

吉祥寺ロンロン閉店 さよならSALE

1/29金からがはじまっています。第一弾は2/28まで。

R0019556

3/30でロンロンは閉店なのだそうです。本当にいつもながら断片的ですね。4/1からアトレ吉祥寺(特に2Fは改装オープン)ということなので3/31からお休みして全館改名準備作業・・・・と思ったのですが、

R0019555

なんと!現在営業している部分は全部閉店・閉館になってしまうということらです。まだ再開の期日は正式掲示表明されていませんが、本格改装(耐震工事)なので、リニューアルする本館2Fを除いて駅ビルの機能としては無くなってしまう・・・ということなのです。

(リニューアルの大きな字より閉店の小さな字のほうが現状ずっと大切な情報、隠したいの?・・・隠してもみずから決めたことと思うのですが。こうした時はイメージではなく、すべて判り易く示した方が安心・好感を与えるというのが心理なのですが・・・)

我が家のようにロンロンから3分で生活しているものとしては不便な極まる状況となってきました。改装オープンは秋ということで、それも今日現在どこにも表記されずの案内ということはまだ未定な点が多いのでしょう。現在、入っている店舗にもこれを期に入れ替わることが濃厚ということです。

さて、現在分断されている地下ですがロンロンエキサイツ、つまり東(西荻)よりに食事・買い物に来てみました。

中村屋(オリーブ・ハウス)です。

R0019553

冬季限定のホタテとたらばの雑炊。ホタテはほとんどの生で甘いです。

R0019551

やさいとはんじゅく卵のグラタン、野菜たっぷりです。

R0019550

プレートはパンシチュー&めんたいスパ(3種から選択可)、ドリンク付き。
R0019552

ということでロンロンの今後については逐次ご報告致しましょう。

2010年1月30日 (土)

吉祥寺 八十八夜 ランチ2回目

先週に引き続き今回はランチプレート以外も食べてみようということで。

R0019547

サトイモのコロッケを頂きたかったのですがない・・・

R0019542

カボチャの天ぷら、ちょっと固めのフリッター。揚げたてカボチャのしっとり感、藻塩との調和は素材の味。

R0019544

ホタテのグラタン。ごろごろホタテがいっぱいでレアでジューシー甘い、これは絶妙。

R0019543

日替わり野菜のキッシュ。本日はハムとアスパラ。ご飯を選択。
別のパンをとりましたが、本当にナチュラル。

R0019545

プチデザートのミニケーキ、こちらは意外に濃厚
セット&サービスのブレンドコーヒーが付きました。

こうして食べてみると、素材の味って何なのか・・
本当の贅沢って何なんだろうと思う訳です。

たぶん、ここのランチにボリュームや値段のことを言う人がいるのは必ずあると思いますが。

R0019546
このお料理をこの場所、この空間で、流れて行くたおやかな時間・・これなんだなあ思う訳で。
それが味わえることは、自分自身の中にある幸せなのか・・・と

野菜たちの持つ甘みや旨みを感ずる時、大地の恵みを感じる訳で。
こんな時代ではありますが、いろいろを考えさせてくれます。

2010年1月29日 (金)

プロフェッショナル・ビデオ・ニュース

登録されている方には本日届いたことでしょう。

Rolandimage2

このニュースあるように、北海道の小島さんが掲載されています。

http://www.roland.co.jp/products/ss/jirei/2009/hajimevision.html

外務省の国際シンポジウムのライブ配信がV-440HD使われたこと。

http://www.roland.co.jp/products/ss/jirei/2009/startline.html

浜谷さんのブログにVC-50HDを高ビットレート収録例

http://hamapro.blog.so-net.ne.jp/2010-01-25

朝日カレッジのインターネット配信のセミナーでLVS-800が使われること。

http://www.asahiculture-shinjuku.com/kogakuin/koza/2009/11/1550web1.html

雑誌に掲載された製品情報などなど

2010年1月28日 (木)

吉祥寺 お店情報

模型マニアもおなじみユザワヤですが、閉店セールはプラモデルはすでに完売にちかく、鉄道模型もTゲージ半額も完売、ZJゲージ半額はわずかに残り、Nの有井セット高額不人気半額が残る程度になってきました。HOパーツ80%引きは安いから買うというものでもなくですね。鉄道模型の売り場面積も半分以下になってしまいました。あと1ヶ月ほどとなりました。

 そして4月2日、南口丸井7・8階に移転し開店することが判りました。以前の話のままでは面積は1/3ほどになるようです。

2010年1月27日 (水)

TU-8300 補足試聴

ブログ13万アクセス、ホームページとで20万アクセス突破御礼

雑多な話題ですすめておりますが、おかげさまです。
最近ブログは1日350~600アクセス、
皆様の日々のご訪問によるもので、感謝です。

R0019234

最近、しばらく真空管アンプの話題で進めていることも急増の原因と思います。
再度見てみますと、掲載漏れもありますので、補足しましょう。

7189A

R0019459

6BQ5の高耐圧改良品。ピッチカートの響きも少なく引き締まり、小音量ではバランス良い。
シンバル音にはざらつき感がある。

R0019458

KT99A

R0019329
ダイナミックで、低域までしっかり鳴る。JAZZトリオくらいなら小型スピーカーでも楽しく聴ける。
UL:低域の張りが増し、ベースの抜け、鳴りもすっきりし、シンバルの鳴りも良く
リズミカルなジャズ曲にはお勧め。

KT-100

R0019341

低域にエネルギーが集まった感じで、低音は良く出る。
UL:こもり気味で細めのピアノも前に出て力強さが改善。、シンバルは一部のところにエがネルギー感がクセを感ずるが、どっしりした音が好きな方にはよいでしょう。

7591

R0019535

バイアス電流から歪は少なくないので、シンバルもざらつき、ピアノもつまる。

R0019534_2

EL35

R0019537
スケール感こそ大きくないが、バランスも良く、軽快に鳴る。シンバルなどにクセはあるが、楽しめるサウンド。
UL より歯切れも良くなり、ピアノものびが出てくる。弦もつややか。

R0019536

ということで久々の掲載、まとめてはこちらから。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html#label1

本項に直接関係のないトラックバックは削除させて頂きました。

2010年1月26日 (火)

UCC Good Coffee Smile キャンペーン作品募集

元気をくれたあの1杯、コーヒーが生活の中で果たしてくれてるそんなエピソード、そしてアートを募集。

R0019532

以前からあったけれど今回からアートの募集が加わった。締め切りは3/1。賞金は最近にはめずらしい高額。
http://www.ucc.co.jp/gcs/

吉祥寺ロンロン内にはUCCのコーナーがあることはご存じでしょうか?
席数は少ないけれど不思議なに1服できるゆとりはリッチな空間。

12:00まではサービスでブレンドが少しお安いです。

2010年1月25日 (月)

ローランドのサイトで小島さんの記事公開に

北海道でお世話になった小島さんの記事が
公開されましたのでお知らせします。

Kojima12

■ローランド業務ページトップ
http://www.roland.co.jp/products/ss/
のwhat's new からリンク

■F-1製品ページ
http://www.roland.co.jp/products/jp/F-1/index.html
の製品右のPickup!にバナーの形でのリンク
(順繰り4つのうちの1つ)

こちらが実体です。
http://www.roland.co.jp/products/ss/jirei/2009/hajimevision.html

ビデオα2009年3月号に掲載された自衛隊撮影制作をインタビューしたものです。

北海道ではお世話になった小島さんの記事が
公開されましたのでお知らせします。

■ローランド業務ページトップ
http://www.roland.co.jp/products/ss/
のwhat's new からリンク

■F-1製品ページ
http://www.roland.co.jp/products/jp/F-1/index.html
の製品右のPickup!にバナーの形でのリンク
(順繰り4つのうちの1つ)

こちらが実体です。
http://www.roland.co.jp/products/ss/jirei/2009/hajimevision.html

ビデオα2009年3月号に掲載された自衛隊撮影制作をインタビューしたものです。

2010年1月24日 (日)

吉祥寺 八十八夜

からだにやさしいお食事とおのみもの。ということでJCNむさしのみたかケーブルテレビの「東京西三ツ星」で放送されましたので早速来てみました。
 番組でレポーターをされている円城寺佳子さんから「お住まいの近くにいいお店ありますよ・・・」情報を頂いて、放送を待っていたのですが     (円ちゃんのお仕事はこちらもご覧ください)

R0019521

場所はやきとりの「いせや」のとなりのビル2階でした。

放送の翌日ということもありまして、くるくる・・・あっと言う間にお店はいっぱい、お食事の終わるころには外席でお待ちも出て。
本日はまずお飲み物セットのランチから攻めることに

R0019522
とりのから揚げプレート、かなりのボリューム

R0019523
カレープレート、スパイシーな本格カレーと素揚げ野菜の組み合わせ

R0019524
やさいキッシュプレート、パンかごはんが選べます。
お野菜の味を生かしたお料理が味わえます。

R0019531
天井も高く、環境ビデオが壁打ちされています。

R0019529
ゆったりとした、静かな空間は駅近くでカフェ利用でも魅力でしょう。

R0019525
プチスイーツは200円でした。

R0019527
コーヒーはロースト深めです。

R0019528
番組を見たよプレゼントのオリジナル・クッキーもしっかりゲットしました。(3人ぶん)
なお番組や一部ブログではランチ950円・・とありますが本日ランチは1100~1200円のお値段でした。休日値段なんでしょうか。

近所ですのでマイキッチンとして、次はグラタンあたりを攻めようと思います。米線が亡き後、利用させて頂きます。円ちゃんご紹介ありがとうございました。

関連で、どうぞ、こちらもご覧ください

2010年1月23日 (土)

吉祥寺 中華街

中華街という名前のお店なのです。

R0019520

吉祥寺駅北口からJR中央線沿いに西荻方向に少し戻ったところにあります。入り口は表通りから入ったところですが、この派手さは見落とすことはないでしょう。派手さでは「金の象」とも並ぶ。

本日のお目当ては「天津丼」

153

具材は細切り、みかけよりふわっとしています。塩味のあんかけでさっぱり、素材の味が判ります。

R0019519

完食。かき玉の中華コーンスープ付き。

R0019518

硬焼きの五目あんかけそば。五目どころか10目は行っているのでは。おそばはサクっという感じです。醤油味のあんかけ。

この中華は新中華というそうで、油や高温のなべに頼らないというもの。ボリュームたっぷりながら、意外にさっぱり頂けました。

2010年1月22日 (金)

新型インフルエンザワクチン

健康な成人の接種もはじまりました。


最近、めっきり情報が少なくなったように思います。
早速、接種を致しました。

2010年1月21日 (木)

コーヒーとからだにおいしい話

コーヒーがメタボ、がんそしてパーキンソンやアルツハイマーなど脳の病気にも効果がある・・・
ご存知だったでしょうか。

R0019516

健康に良い印象はあまりないのですが。
もちろんたっぷりのお砂糖・ミルクは別の話でしょう。
インスタントと本物での効能は?
それにしても歯やカップへの色素固着には困ったものなんですが

R0019517

2010年1月20日 (水)

ホームページ 70000アクセス突破、20万アクセス近し

4年目を10日ほど過ぎたところで越えました。
あまりに雑多なホームページですので、訪問はトップページではなく各専門のページということも多いと思います。この数はあくまでトップページアクセスの数です。

ブログのアクセス数が13万アクセス近くになってきましたので合わせて20万アクセスもまじかですが
15万アクセス越えが9月半ばでしたので4ヶ月ほどで5万アクセス増えたことになりまして、このところの急増していることになります。

これも皆様が日々閲覧して頂いているということでして、心より感謝です。

2010年1月19日 (火)

ウォークマン購入

この何年か持ち歩きのオーディオを持っていませんでした。

 買うとなると皆さんでしたら間違いなくi-podかもしれませんね。自分はウォークマンを買った訳です。VAIOを何台も持っているから・・・(この瞬間VAIOが4台稼動してますね・・・)と思う方も。Xシリーズ、X1060にしました。

R0019513

 ウォークマンとの出会いは30年前でした。カセットのウォークマン、2台つぶしまして現存しません。しかしウォークマンプロ(カセット)D6は健在!620g

R0019509

 こちらはディスクマンD100。電源は入りますが動きません。初期のモデルですので重いしっかりしている800g

R0019510

 こちらはDATウォークマンD7。オーバーホール済みです。ちょっと生録しましたがあまり使わなかったですね。410g

R0019511

 こちらウォークマンMD初代機のMZ-1。一応動きます。700g!

R0019512

 もちろんこうしたフラグシップ機種以外のウォークマンも使いましたが皆使いつぶしてしまいました。

R0019514

 そして現代のウォークマンは100gもないのに音楽だけでなく写真・ビデオ・ワンセグ(TV)・FMラジオ・Web・・・夢の世界のようです。

懐かしいオーディオはこちらもご覧ください

さすがにネットでは安いところもあります

2010年1月18日 (月)

エレキットTU-8300 評価総まとめ

 TU-8300で差し替えした球は各種形式・メーカーを含め70種以上になります。全部がレポートできた訳ではありません。この過去ブログで全試聴・実験の85%くらいの掲載と思います。
 まずこのTU-8300ですが、まさに自分のようにいろいろ真空管を聴いてみたい派にとってはとても良いベースになります。
もちろんもう1つ考え方があって、その球の個性に合わせてアンプを作ること。
それは王道です。しかしそのために自分はいくつも人生と大きな成功(お金だけでなく時間もね)がなければまず無理です。
まあ、世界のアスリートでさえ、窮屈な同じルールの上で個性を発揮する・・・ビーム管、5極管として差し替えできるTU-879S/RやTU-883LEはTU-8300は3極接続であり、プレート電圧も低いので出力管差し替えアンプとして相変わらず価値を持っていると思います。

 差し替え注意点は定格やピン配置を調べることが第1歩ですが、アンプに過電流保護はあるにしても自分のようにB電圧とカソード電流くらいは常時監視した方が良いと思います。
しかし、気のせいか販売店の店先では使ったパネルメーターは品薄ぎみです。実験機ならメーカーオプションでメーター部品を用意して頂いても良いのでは。あと、トランスカバーも。
 

実験の前に行った改造の復習です。詳細は過去のブログをめくってみてください。

70本以上の試聴・改造詳細はホームページのトップ
「エレキットTU-8300改造&試聴」から一覧リンクを作りましたので
そこをご覧頂き、把握した上で好みのところにジャンプしてください。

R0019484

1)球の差し替え頻繁なので、カバーは取った状態になります。トランス形状はあまりにひどい・・・ということで電源トランスカバーを製作装着。

Tu83001

2)バイアス電流調整も底からでは球が逆で、保持またヒーターに悪い球もあるので、トップからできるようにしました。

R0019488

3)バイアスの電流範囲50~80mAを小型管を挿すために下限を35mA

R0019479

4)B電圧とバイアス電流監視用パネルメーター装着

R0019491

5)損失は大きめながら3極管、3結では定評のある出力トランスTANGO U-808に換装。

R0019486

6)出力トランスのSG端子を利用して、3結⇔UL切り替えSWを増設
7)各種変換ソケットを製作

R0019499

画像は作ったソケットの一部でこれにずいぶん時間とお金をかけてしまいました。
この中にはこのアンプがEL34を挿せるために1ピン接続してしまったために、それをはずすためのソケットもあります。
このソケットで、3極管や古今東西の名管、珍管を挿し、このアンプで聴くことができる訳です。
しかし、他のアンプでも流用できるものも多く、TU-879、TU-883 など3結でないビーム管、5極管本来の音を聴くためにも使えます。

R0019498

アダプター製作には、かまぼこ板利用のこんなチェック治具で、効率良く配線チェックを行いました。

Tu83002

そして、すでに多く行われている・・・メーカーで用意したとも言えるので改造とも言えない内容ですが。
前段の12AT7のLED照明とボリウムつまみのLEDです。ネタはメーカーのブログに出てます。上記は真空管照明オレンジLED、音量つまみは黄色LEDです。

R0019478

さて如何だったでしょうか。出力管について自分としてはあれが良かった、あれには驚いたという球がありますが、しぼられた優秀管は今後もう一度ゆっくり聴きながらあらためて紹介したいと思います。
 真空管の音色は楽器に近く、演奏する音楽や聴き方などに向き不向きあるので、競技のようにタイムだけという1要素でははかれないものです。
 万能アンプとしての発展は、バイアス電圧を可変にする方法ですが、それはそれで怖さもあります。自己バイアスにもよさもあって難しい部分です。どうしてもある範囲クラスの差し替えで良い球が決まっているとのは大前提ですね。

 このTU-8300で使われている部品やトランスの改善、そしてヒーターが交流であるなど改良点はあると思います。またWEの球までさしてみましたが300Bアンプとしての優秀性の評価も出していません。手元にはTU-872もあるので今後の改造試聴比較で結論を出したいと思っています。

これまで試聴にお付き合い頂きました皆様ありがとうございました。

定価は88200円ながら調べてみるとネットではお得なものもあるようです。販売店で買っても運搬は大変ですし、梱包状態は大きいので通販の送料無料はお得でしょう。

アンプ組み立ての出来ない方に完成品を組んで販売しているところもあるようです

2010年1月17日 (日)

2010年 懐かしい成人式を思う

 この週末のテレビ番組では各地の成人式の総括が行われているようです。もう、自分は成人式を祝って35年、今年は親戚では従兄弟の子供が成人を迎えました。郷里で迎えた成人式では懐かしい再会もあったことでしょう。自分は35年前、転居して誰一人知る人がいるはずもない地域の成人式には行きませんでした。しかし、もし出たら奇遇にも当時同じ町内に引っ越してきた、中学でいっしょにクラス委員をやったA子さんの晴れ姿にあったかもしれない・・・実際はそうしなかったので再会は25年後の新幹線の隣の席になりました。A子さんは大学教授先生になっていました。

  2010年、新年もはじまって、もう半月がたちました。喪中明けで心配した年賀状も沢山来ました。

R0019504

皆さんのがんばりようなども嬉しく拝見している次第です。やっぱり年賀状は素敵なものです。年賀状のリプライもメールで頂いたり、開設しております小中学の懐かしい掲示板に掲載した年末の忘年会画像なども見て頂いたなどお話も頂いております。

 昨年末は個人的に45年ぶりの再会が出来ました。今になって当時を思い出しています。自分も転校生だったので4ヶ月ほどの友人でしたが、自分は大きな影響を受けました。当時の心境の変化をいまさらながら思い出しています。人の縁や影響とは不思議なもので、単につきあいの長さではないということでしょう。そういうことは基本あるかもしれません。40年ほど前、2ヶ月ほど隣席であったクラスメイトにも計り知れない影響を受けました。こうして書いてカレンダーを見て驚きましたが、その再会電話があったのは丁度13年前の今日でした。今でもあの日の懐かしい感激を思い出します。

2010年1月16日 (土)

吉祥寺 ロンロンカードのゆくえ

2,3年前からロンロンカードのプレゼント内容が変わったことには気づいていましたが、アトレ合併との関係には気づいていませんでした。

まだ、Web情報では新規募集していないというところまでですが、

ロンロンの壁にはロンロンカードの使用期間が早くも掲示されています。おそらく、先日名称改称アトレ開業を掲示したところカードが使えるのか?問い合わせが多かったのでしょう。

R0019500

はっきり書いていませんが文章を裏返して読めば、本年4月からはアトレカードで、ロンロンカードは猶予1年のみ使用、廃止という方向に思うのですが。

それにしても、この掲示も毎日貼る場所が変わるなど、担当の方々のご苦労が偲ばれます。

2010年1月15日 (金)

TU-8300 出力管差し替え試聴最終

ご報告が遅れておりました。6F6族、6V6族です。
こうした球も歴史的にみる評価時期で明暗がありますが
懐かしさも手伝って、なかなか良い音がしてくれます。
TU-8300は実験ができるようになっていますが、オリジナルそのままでは電流を流し過ぎになります。自分はバイアス電流の可変範囲の下限を35mA程度と広くしました。

6F6の3結はオルソンアンプの時代から評価が高かった訳です。

6F6GT シルバニア

R0019373

③低音はふっくら、ピアノのまろやか、響きがあってライブ感有り。
 スケールは大きくないですがまとまりのある音。シンバルは細く綺麗。
UL:あまり変わらない、やや表情がつき、少し音があれる感じはあるが好き好きというところでしょうか。

R0019372

6F6G RCA

R0019375

③シルバニアより低音の力は弱、シンバルはより金属的で、小編成でも良く鳴りそう。
 ピアノは甘く、また響きもあり。
UL:シンバルが通って、適度にめりはりもつき、オールドファンにも喜ばれそうな音。

R0019374

6F6G international

R0019378

③低音はふっくら、響きも適度にあって、ピアノは甘く切なさもあり、前には出ない。
UL:あまり変わらない

R0019376

6φ6M1 ロシア

R0019380

6F6の互換球。切れ良く、ピアノ音の立ち上がりも良くもっちりと太い。低音も力がある。
UL:シンバルが冴え、楽しい。

R0019379

6φ6C

R0019382

まとまりがあるが、低域はあまり出ない。
UL:ピアノが冴え、シンバルが映える。

R0019381

6F6族の概観比較

R0019384

6K6 

R0019386

米国のラジオ球で知られる球
ピアノは丸く、低音はふっくら軽い。
UL:まとまりは良く、勢いもあってシンバルが細かく響く。

R0019385

6V6 エレハモ

R0019388

シンバル切れも良く、また響く。ピッチカートもはずむ。
UL:シンバルの抜け切れが良い。

R0019387

6V6 タングゾル

R0019390

ピアノは自然で、切れもあって好ましい。低域もよくはずむ。
UL:だんぜん楽しく聞ける、低音もがんばって鳴る。

R0019389

6V6G マルコーニ

R0019392

ピアノはねっとりしてまた丸い。表情は豊で、低音に力がある。
UL:シンバルの響きがよくなる。よりキャラクターが出る、着色感はあるが、良く聴かせてくれる。

R0019391

R0019393

良いようです。

6F6のロシア互換球はネットオークションで入手できます。

ということで聞いてきた出力管さしかえもとりあえず終わりが近づいて参りました。

これまで行った各種差し替え実験は「オーディオ」のカテゴリーからご覧ください。

2010年1月14日 (木)

吉祥寺 閉店情報

ユザワヤは2月末で閉店。丸井内で4月からオープン。

今模型なども半額~8割引き程度でセールがされています。

特に、部品やキットなどが安い。一部もうしまわれてしまったものもあったり、大量購入もあってか、残りという感じですが。ZJやTゲージは半額でさらに売れのこっております。

ユザワヤ地下の本屋も丸井内に移転となります。

2010年1月13日 (水)

市民でつくるTVF

身のまわりのできごとを自分の視点で表現する「市民ビデオ」。
http://tvf2010.org/top.html
おなじみのTVFは昨年31回で終了したけれど
市民がつくるTVFとして蘇り、
昨年までは無料応募で2000~3000が全世界から集まっていましたが
今年は有料応募ながら全国のビデオ愛好家から159作品が集まったそうです。60歳以上の応募が6割というころで、昨年までと20代が中心というところとは大きく変わったようです。

入賞作品(15本)は、2010年1月中旬にWeb発表され
最終結果はイベント当日、会場で発表されるらしい

入賞作品の「上映会」「発表・表彰式」
「審査委員によるトークフォーラム」は入場無料

市民がつくるTVF プレ・イベント
●開催日時
2010年1月30日(土) 9:30~18:30
●会場

日本工学院専門学校 蒲田キャンパス
デジタルシアター
東京都大田区西蒲田5-23-22

ところでTVFは

東京ビデオフェスティバルであったこと

何か忘れてしまいそうですね。

2010年1月12日 (火)

TU-8300 変わった出力管を鳴らす 3極管篇

300Bの聞けるTU-8300ですが、もっと変わった球を聞いてみましょう。
すでに、ウェスタンのWE-300BやNECの6CA10やLUXMANの8045Gの試聴は終わっています。

6GA4

R0019456

おなじみの3極GT出力管。こちらはTU-879用に作ったソケットの流用です。
エレガントな3極管らしい音。シンバルも自然で細かい、スネアも響く。ベースもふっくらとなる。
ピアノもシンバルも細めで、スネアの音も細かい。
出力トランスU-808との相性が良いようです。

R0019455

MT9ピンとGT8ピンUSオクタル変換ソケット。

R0019457
TU-8300ではプレート電圧が300Vを超えるので、挿せるMT管には限られりので、
TU-880のように各種の球が挿せるわけではありません。

6RA8

R0019461

3極MT管の定番。ピアノ、シンバルとも爽やかにすっきりした音が印象。低域はボリューム感はあまりない。
TU-880用に作ったアダプターを利用して6BQ5のソケットに変換してから。

R0019460

6BX7

R0019466

6GA4を生んだ、双三極管。変換ソケットをパラレル接続。
ひきしまった心地よい音。派手さはなく堅実なキャラクター。

R0019464

6AH4GT

R0019467

テレビの出力用GT3極管。変換ソケットを作って。
低音はふっくら、大型管ではないのに意外に力がある音。響きは小さいが、とても立ち上がり良く、切れが良い。
中高音にクセが感じれるが、とても楽しめる。

R0019468

6GF7A

R0019470

テレビ管、3極2ユニット構成のマグノーバル管で、第2ユニットが出力管に使える。
硬い乾いた音だが、低音はブーミーくらいに鳴る。これも楽しめる音。

R0019469

6EW7

R0019472

テレビ管、3極2ユニット構成太い球ながら、底の広いMT9ピン。硬めで、乾いた感じ。
ピアノは素直でアタック感も強い。大音量は厳しいがエレガントな音で、面白みがある。

R0019471

RCA 843

R0019475

送信管、傍熱タイプの3極管。UYソケットで、ヒーター電圧は2.5Vのため、変換ソケットを作りドロップ抵抗を抱かせている。
苦労したけれど、その価値は十分ありました。
低音のベースはふっくら、少し古風ながらも程よい響きがあって、音のバランスも良い。
分解能はあるほうではないが、ピアノ、ベースいずれも趣きがあって心地良い。

R0019476

ここまで、このTU-8300の差し替え実験をされた方が他にあるかどうか分かりませんが。

損失は大きいと言われながらも3極管向きと言われるU-808に出力トランスを取り替えての成果かもしれません。、

雑誌などの記事のためか、テレビ用の出力管の多くは今では高価です。
今回の実験でお得と感じたの球は6AH4GTで、安くて楽しめるようです。
843は入手難しいと思いますが、アンプを造らず良い音を聴くことができたのは大きな収穫でした。

さて、TU-8300の試聴もあと少しになってきました。

2010年1月11日 (月)

鏡開き

本日は鏡開きで、母がおしるこを作ってくれました。
餡子は「御座候」で販売されているものを利用。

R0019493

昨年の高校の友人の集まりで話題の出た「おうちカラオケ~オンステージ」を導入してみました。

R0019496
カラオケだけでなくクイズなども出来てなかなか楽しめます。

カラオケの歴史になりますが、装置の開発は1971年、カラオケが普及したのは1980年代、CD音楽の時代になってから・・・と言われています。しかしこの高校の友人O君とは1971年、FM東京で放送されていた日立提供サウンド・イン・ナウという番組のすぎやまこういち氏がやっていた本人物のカラオケ、マイナスワンテープコーナーにてオープンテープに録音、楽しんでいたのです。カラオケの歴史ではなかなか出てこない話ですね。

このあたりは、ホームページの記事も参考にしてください。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page040.html

このおうちカラオケただ残念ながらS端子出力がない・・・

R0019494

そこで手持ちの部品でアダプターを設計製作してみました。
小型で便利です。

R0019497

2010年1月10日 (日)

ホームページ開設4年

2006年でしたので作っています「60年代 懐かしの宝箱」ホームページが本日で4年を迎えました。

Mtom3

アクセスカウンターはトップページにしかけてあるものですので70000アクセスほどですが。ホームページのページ数を考えると総アクアウ数は少なくともその何十倍もあると思います。

皆さんご訪問ありがとうございます。

このブログへもホームページからという方が多いようです。

昨日のブログ450アクセスのうち約100アクセスがホームページからのリンクでした。

ホームページではブログと違いデータを系統立てて見ることができます。

これからもブログとともにホームページもよろしく。

2010年1月 9日 (土)

アトレ吉祥寺

 ロンロンは2010年4月1日からアトレ吉祥寺になる・・・すでに2007年に合併していたんですね。

 つまり現在のロンロンの改修工事は耐震強化とともにリニューアル、より若い世代、そして快適な空間となる・・・

R0019462

期待しましょう。

気になる伊勢丹の撤退ですが、F&Fは残るようですね。

2010年1月 8日 (金)

TU-8300 変わった出力管を鳴らす2

TU-8300の聴き比べもうしばらくお付き合いください。

通信機などに使う出力管はトッププレートタイプが多いようです。
昔から知られたところでは、6L6属なら807など
ソケットからプレートを引き出せばトッププレートの出力管も。独特のスタイルです。

6BG6G

トッププレートのこうした球も変換ソケットでなら聴くことができます。

R0019444
全体はやや古風な感じでスネアやシンバルに独特な響きがありますが金属感たっぷりで、JAZZファンには楽しめるでしょう。
低音はしまって、しっかりしています。
UL接続ではピアノなどエレガントな音になります。3結の方が好みでした。

R0019443   

EL500

秋葉原の安売りで昔1本500円で買ったものです。こちらもトッププレート、マグノーバル9ピン。

R0019446

3結はシンバルにクセがありながらも、ピアノは前に出て、でも自然。低音はしっかりしてリズムもメリハリがあって楽しく聴けます。お得ですね。
UL接続でもピアの自然でバランスが悪くなりません。

R0019445

EL36/6CM7 松下

こちらもトッププレート。実際のピン接続は規格表と若干接続が違ってました。

R0019450

中域にエネルギー感があって、適度にめりはりはあって楽しめる。全体的にこじんまりする傾向はあるが、シンバルやベースもほどほど鳴る。
UL接続ではシンバルにやや色が付く。このあたりも好みですね。

R0019449 

続きをお楽しみに。

ということで、形態も格好がいいですが、お安く楽しめるというのが結果でした。

2010年1月 7日 (木)

今年のプロジェクトは 60年代

60年代、ホームページのテーマです。
ホームページは開設4年になります。
懐かしい1960年代を扱っています。

60年代 懐かしの宝箱

http://mtomisan.my.coocan.jp/

今年は1960年から50年。
これから、○○50年という話題が出るということで
60年代で言えば、毎年いろいろなものが発掘されそうということ期待しつつ、ホームページを更新したいと思います。

2010年1月 6日 (水)

TU-8300 変わった出力管を鳴らす

昨年末の実験(6F6、6V6など)は未掲載ですが、まず新年の試聴から。いずれも変換ソケットを作っての試聴になります。変換ソケットを作って変わった出力管を鳴らすのも楽しいものです。

FU-50
もともとは第2次世界大戦のドイツ軍用機の通信器で、さらに同型管がソ連の戦車でさらに中国へと転用されていったようで、
インターネットで中国製のペア管を2500円で購入しました。
もとはと言うとソケットを安く買ったのがきっかかけでしたが。

R0019431

噂どおり、実にしっかりとした低音。シンバルに色づけを感ずるけれど価格から言えばダイナミック、非常に楽しめる音
ピアノは少し控えめ、中音の分解能はけっして高いとは言えないと思いますが、音楽としてはライブ感があってそこが魅力なのでしょう。

R0019435 
3結として注目できる球ですが、UL接続ではドラムがしっかりとした音になり、リズミカルな曲にぴったり、形こそユニークですが価格からは確かにお得な球です。

調べてみるとヒーター電圧が12Vで、ソケット変換だけでは無理。
外部電源供給方式の変換ソケットを製作。

R0019437

ヒーターだけACアダプターによる増設別電源供給としましたが、この方式ならいろいろなヒーター電圧の球の挿し変えが可能になります。

F2a
ドイツの出力管として有名はF2a11のシリーズながら、ソケットが特殊で使いにくい球です。私も入手には苦労しました。秋葉原のアポロ電子で見つけました。

R0019439
2つの違いにはいろいろな説があります。ソケットは用途(民生・業務)によるもの、管種は5極とビームによる違いがあるとかないとか。

R0019438
バイアスの関係で、やや電流は小さめの試聴です。
シンバルは硬く快い、ふっくらとした低音、ピアノも綺麗に鳴ります。

KT-67

リムロックでも9ピンという大変変わったソケット。インタネットで検索、大分のお店から通販でソケット買いました。

R0019441

ベースは軽く鳴り、ピアノもクリアで自然、シンバルは細かく余韻も伸び、スネアも抜け楽しい音がします。この球は入手はむずかしく、ソケットも同様に珍しいですが価値はあったと思っています。

R0019440

2010年1月 5日 (火)

今年のプロジェクトは・・・鉄道模型関係

カテゴリーを超えたテーマとしては「まとめる方向性、まとめ方、見つけ決める」
というテーマがあります。これが決まればすべて整然としてすっきりする訳です。
模型関係は近々に今年の作業ベースが決まる要素があります。
1)Nゲージの整備・Tゲージの拡張詳細
2)Zゲージレイアウトの製作

Imgp0800
どちらになるかは微妙ですが1)になるのは外的要因。
2)は車両の製作と入手が条件になります。

2010年1月 4日 (月)

今年のプロジェクトは・・・オーディオ関係

さて年頭にあたって、今年の抱負などをテーマごとに。
昨年末よりはじめている真空管アンプはとめどもなく続いていて
改めて、こんなに遊べるものか・・・と感心しています。
TU-8300を楽しむ・・・もそろそろ山場を超えた感じもあります。
300BとKT-88、出力管、パーツ類の交換ができる・・・
このアンプの面白さは、これまでのシリーズに無かった3結(3極管接続)に
しぼり、差別化したところかもしれません。
差し替えでは、オーバーロード検出は安心ですし、固定+半固定定電流も面白いですね。
ハイブリッドバイアスは過去からあって、故浅野勇氏がPX-4とPX-25Aのアンプでやっていますので(昭和30年代)、
考え方としては新しいものとは言えないと思います。

さてTU-8300 もそろそろ卒業したいと思いつつ年末からいろいろやってしまいました。

R0019435

エレキットTU-8300で聴く戦車や戦闘機に乗った真空管FU-50

R0019443
トッププレートの真空管6BG6

これらの次にはTU-873LEの改造を考えています。

詳細をお楽しみに

休み最終日。ヘルパーさんの不足から取った年頭のお休みでしたが早朝から義父の酸素ボンベが空になった・・・、母の風邪をひいたので病院への付き添いとなりました。

2010年1月 3日 (日)

プリンターのインクと年賀状

風邪をひくと決まって貰う薬にダーゼンというタンを切る薬がありまして最近はゼネリック薬品ということで他の会社の他の薬になることが多くなりました。

 プリンターのインクが以前から高価と思う方の多いと思いますが
最近は販売店でもどうどうと純正以外も売っています。

R0019370
ということで、早速購入使ってみました。
純正と混在すると・・・と心配な事も書いてありましたが、
メーカーや販売店のサポートもあるので安心かと。

R0019371

結果特に問題もなく、1400円お得でした。
みなさんからも沢山年賀状を頂きまして、

メールの賀状も以前に比べると実質的なものが多く
差し上げたはがきの年賀状に書いたコメントの答えも返ってきます。

そう、毎年イベントでお世話になります円ちゃんこと円城寺佳子さんからも
丁寧なメールを頂きました。

はがき、1枚の押し込める情報は限りある・・・ということでは
こうしたメールはまた心がこもっていると思います。

【在庫有り】★送料無料★エプソン(EPSON) IC6CL32互換 お買い得6色パック【汎用インクカートリッジ】プレジール(Plaisir)PLE-E326P(6色パック) 【在庫有り】★送料無料★エプソン(EPSON) IC6CL32互換 お買い得6色パック【汎用インクカートリッジ】プレジール(Plaisir)PLE-E326P(6色パック)

販売元:e-Plaisir(イー・プレジール)
楽天市場で詳細を確認する

2010年1月 2日 (土)

2010年新春 吉祥寺

恒例ですが、母をつれて、八幡宮の初詣

R0019423
近年人気で長蛇の列に

義父の買い物で、ヨドバシ吉祥寺でプリンターのインク購入
新春から売り場は盛況

R0019425

改装中のロンロンは例年花火の広場の祭事も出入り口前で。
「祝い太鼓」です。

R0019427 R0019428

おせちに飽きた方も多いようで皆さんパンが人気。
神戸屋横の階段は改装のため封鎖中ですが
シャッター前にイスが置かれました。

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年2010

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

昨年は喪中であったため、今年は年賀状も少ないと思っていましたが、年明けそうそう沢山頂きました。

R0019421

年賀状で、儀礼廃止という話も聞きますが、
これも差出側の気持ち・姿勢がまず問題なのでしょう。

儀礼廃止でこなくなった賀状があれば、少なくとも先方は希薄な関係にしか思っていなかったという失礼を知らせることになる訳ですね。

1年に一度、この機会に伝えたいものがある、このつながりで

どれだけ繋がってきたか・・・自分はいくつも貴重な経験しています。

メールも電話もしませんが(控えていますが)

頂ける賀状を楽しみにしている・・・そんなのもあります。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ