無料ブログはココログ

« 鏡開き | トップページ | 市民でつくるTVF »

2010年1月12日 (火)

TU-8300 変わった出力管を鳴らす 3極管篇

300Bの聞けるTU-8300ですが、もっと変わった球を聞いてみましょう。
すでに、ウェスタンのWE-300BやNECの6CA10やLUXMANの8045Gの試聴は終わっています。

6GA4

R0019456

おなじみの3極GT出力管。こちらはTU-879用に作ったソケットの流用です。
エレガントな3極管らしい音。シンバルも自然で細かい、スネアも響く。ベースもふっくらとなる。
ピアノもシンバルも細めで、スネアの音も細かい。
出力トランスU-808との相性が良いようです。

R0019455

MT9ピンとGT8ピンUSオクタル変換ソケット。

R0019457
TU-8300ではプレート電圧が300Vを超えるので、挿せるMT管には限られりので、
TU-880のように各種の球が挿せるわけではありません。

6RA8

R0019461

3極MT管の定番。ピアノ、シンバルとも爽やかにすっきりした音が印象。低域はボリューム感はあまりない。
TU-880用に作ったアダプターを利用して6BQ5のソケットに変換してから。

R0019460

6BX7

R0019466

6GA4を生んだ、双三極管。変換ソケットをパラレル接続。
ひきしまった心地よい音。派手さはなく堅実なキャラクター。

R0019464

6AH4GT

R0019467

テレビの出力用GT3極管。変換ソケットを作って。
低音はふっくら、大型管ではないのに意外に力がある音。響きは小さいが、とても立ち上がり良く、切れが良い。
中高音にクセが感じれるが、とても楽しめる。

R0019468

6GF7A

R0019470

テレビ管、3極2ユニット構成のマグノーバル管で、第2ユニットが出力管に使える。
硬い乾いた音だが、低音はブーミーくらいに鳴る。これも楽しめる音。

R0019469

6EW7

R0019472

テレビ管、3極2ユニット構成太い球ながら、底の広いMT9ピン。硬めで、乾いた感じ。
ピアノは素直でアタック感も強い。大音量は厳しいがエレガントな音で、面白みがある。

R0019471

RCA 843

R0019475

送信管、傍熱タイプの3極管。UYソケットで、ヒーター電圧は2.5Vのため、変換ソケットを作りドロップ抵抗を抱かせている。
苦労したけれど、その価値は十分ありました。
低音のベースはふっくら、少し古風ながらも程よい響きがあって、音のバランスも良い。
分解能はあるほうではないが、ピアノ、ベースいずれも趣きがあって心地良い。

R0019476

ここまで、このTU-8300の差し替え実験をされた方が他にあるかどうか分かりませんが。

損失は大きいと言われながらも3極管向きと言われるU-808に出力トランスを取り替えての成果かもしれません。、

雑誌などの記事のためか、テレビ用の出力管の多くは今では高価です。
今回の実験でお得と感じたの球は6AH4GTで、安くて楽しめるようです。
843は入手難しいと思いますが、アンプを造らず良い音を聴くことができたのは大きな収穫でした。

さて、TU-8300の試聴もあと少しになってきました。

« 鏡開き | トップページ | 市民でつくるTVF »

工作」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300 変わった出力管を鳴らす 3極管篇:

« 鏡開き | トップページ | 市民でつくるTVF »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ