無料ブログはココログ

« 懐かしのカートリッジ比較試聴2 | トップページ | ぼくらが東京タワーに憧れたころ »

2010年2月16日 (火)

昭和のくらしがわかる事典

家庭から学校・遊びまでと題して、現代生活との対比がされている。
昭和と言っても、だいたい昭和30年代が多いと思います。

R0019639

本の装丁やルビなどを見ても学校の図書館の蔵書用という感じだが、
自分のように生き証人である方々には、今更と思うかもしれない。

R0019640
しかし、今の子供たちに驚くことばかり、いや今20歳越えくらいならリアルの昭和を知らないのである。
こんな本を種にお孫さんにかたり語りかけてみるのも面白いかもしれない。

R0019641

600形電話機は比較的近代的なものだけれど、あのダイヤル式(遠心力ガバナー)消えてもうだいぶたちました。最近の子供たちにはかけ方もしらないという子もいるでしょう。
あらためて、現代、そして自分が生きていた昭和をかみしてみる材料になると思います。PHP出版。

現代っ子?を対象しているので、詳細を期待するいにしえの昭和人には不満が・・・残るかもしれませんが。
という向きにはぜひ、当ホームページをごゆっくりと遊覧頂きたいですね。

60年代懐かしいの宝箱 ホームページ

http://mtomisan.my.coocan.jp/

« 懐かしのカートリッジ比較試聴2 | トップページ | ぼくらが東京タワーに憧れたころ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和のくらしがわかる事典:

« 懐かしのカートリッジ比較試聴2 | トップページ | ぼくらが東京タワーに憧れたころ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ