無料ブログはココログ

« SONY CX550Vを使う、最新カメラで撮影、DV-7で編集 | トップページ | 2月22日という日 »

2010年2月21日 (日)

最新カメラSONY CX550Vで撮影しDV-7で編集

今回はおじいちゃん、おばあちゃん、そしてお父さん、親戚と・・・誰ひとりブルーレイの再生環境を持つ方はいないので
配布はDVDです。ハイビジョン編集の必要は全くなく、重い処理は納品が遅いだけクレームになります。
SD編集ならDV-7の威力です。
カメラに付属のケーブルでも良いですが、できればこんなケーブル用意でれば画質もアップ。

R0019694

取り込みはインプットの設定から

R0019678

R0019679

編集は頭・終わりの体裁、テロップ、オープニングのアニメーションはビデオラボのフリー素材を使いました。
いならないところを削り、きれいにつなぎOL、音、映像のフェード、DV-7なら快適に瞬時編集終了。
i-Linkで直接VAIOに渡せますが、記録素材が本体メモリー内、それもAVCHDですので、編集結果はDV-7からDVテープに

バックアップをとって、5枚をDVDをやいて19時に納品、編集開始が16時ですから、3時間で済ませたことになります。

ポイントとしては、DV-7DLPRO SEでタイトラー設定を16:9ズクイーズに、DV出力比設定を16:9フルとすることでしょう。

R0019683

最新カメラ導入に躊躇するDV-7ユーザーもいると聞きますが、今回のような普通にあるケースで最新の使い勝手の良いカメラを導入して、DV-7DL PRO SEで編集し、画質・SD編集の手順で何ら問題がない、記録もの編集もずっと効率的な訳です。もちろんカメラはハイビジョン編集に使って行けるのですから。

*アスペクトの設定方法

ホームページの↓に出ています。(Q19.キャノン HV10をDV-7DLシリーズで使う)

http://mtomisan.my.coocan.jp/page031.html

これはスタジオエディションの場合。設定メニューからです。

他の機種ではそのまま編集し、テレビで表示画角を設定しますが、
実際16:9のテレビがほとんどになったので、
スクイーズでフルザイズ、何の処理をしなくても問題なくなってきました。

間違っても4:3で16:9にしたいからと言って
取り込みや編集中にレターボックス(上下黒付き)にしないことです。

ワイドテレビでは拡大され。上記の方法とは比較できないほど

最悪の画質になります。4:3のテレビでもこの10年ほどのものは
テレビで上下に黒を付けることは可能で、この機能を使うべきです

« SONY CX550Vを使う、最新カメラで撮影、DV-7で編集 | トップページ | 2月22日という日 »

ハイビジョン」カテゴリの記事

編集専用機DV-7」カテゴリの記事

コメント

いつも勉強させて頂いています。こちらの記事を読ませて頂き早速CX550Vを購入、DV-7DLPROで編集しようと試みているのですが、記事中にある「DV出力比設定を16:9フルとする」という部分の設定方法がわかりません。(画面に見当たりません)よろしければお教えいただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

書き込みありがとうございます。
本文に追加しておきました。

ご質問の設定は
ホームページに画像入りで掲載がありましたので
そちらもリンクからご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新カメラSONY CX550Vで撮影しDV-7で編集:

« SONY CX550Vを使う、最新カメラで撮影、DV-7で編集 | トップページ | 2月22日という日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ