無料ブログはココログ

« 墓マイラー | トップページ | TU-8300差し替え比較試聴 807属 »

2010年3月22日 (月)

TU-8300 完売!

エレキットの真空管アンプキットのメーカーであるイーケイジャパンのホームページを見たところ完売となっておりました。つまり市場在庫を残すのみとなったということで、購入を考えている方はもう、気持ちを決めないと・・・というところに来たということでしょう。

R0019859

すでにたくさんの真空管の試聴をやってきました。このところヤフーオークションなどでまた珍しい球を入手しました。

試聴の手順をご紹介すると1)Web検索で規格をチェック、特性的に差し替え可能かを判断。2)ピン配置を調べる、3)必要であれば変換アダプターを製作、4)変換アダプターのチェック 5)真空管を挿して、電流・電圧チェック、アイドリングの調整。ということで試聴の開始となります。

TU-8300には過電流保護機能やアイドリング調整機能があって、差し替えアンプとして一見向いているようなのですが、TU-879に比べると1)3結のため球の個性が出るという点で限りがありそう。2)プレート電圧が高めであるため、小型管などがさせない。スクリーン電圧が高いため挿せない球も多い。3)自己バイアスほどフレキシビリティーがない・・・など。

ということで最近は挿せる球をなかなか見つけられないのですが、通信機などの出力管である807の仲間をこのところ入手できました。もともと6L6の系統ながらトッププレートということでオーディオアンプにはなじみ深くないのすが、これが結構良い音が出てくれ・・・

そして6L6系ではもっとも最終形で許容損失の大きい8027Aなどです。

具体試聴は思いがけない結果になりました。ご期待を。

TU-8300関係はホームページにまとめました。

« 墓マイラー | トップページ | TU-8300差し替え比較試聴 807属 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300 完売!:

« 墓マイラー | トップページ | TU-8300差し替え比較試聴 807属 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ