無料ブログはココログ

« TU-8300 完売! | トップページ | TU-8300 初段管の音質。 »

2010年3月23日 (火)

TU-8300差し替え比較試聴 807属

トッププレートながら、6L6の仲間ということは知られています。

ということでUYソケットからUSソケットへのアダプターを作りました。

R0019861

UY807としてはGE製の茶ベースと東芝の黒ベース
送信機の出力管ながら3結ということもあってか音は意外に小ぶり、ピアノもおとなしい、響きは少なくて、JAZZで言えば60年代らしい音かもしれません。

R0019870

東芝製のUY807A、金属ベースのストレートな形の球。

シンバルの音は少し古い感じの音だけれど、全体に響きもあって、低音をはじめ、ダイナミックでUY807とは全く異なる音で、十分楽しめる。

R0019873

5933WA(一番右)はベースが大きい球で807と差し替えができるという。

R0019871

音はこれは凄い。まとまりもよく、バランスも良いけれど楽しめる音。

響きはやや減ったぶん、立ち上がりもよくダイナミック。スネアドラムもざらっぽくならないし、トライアングルのちーンも綺麗に響く。ベースのボーイングなど低域感も十分。

知られていないけれどおすすめです。概観チューブの形は好き好きですがプレートとかしっかりしています。

R0019874

RCAの7027Aはビンテージ管で、最近の6L6バラエティーとは違います。音はぶなんで、自然な音ですが響きや甘みもあります。

個人的には面白みに欠けますが。ただこの球はそのまま挿せないので注意。6L6互換ながら1ピンの接続がTU-8300に合わない。

Bimage22

ということでEL34/6CA7共用のために1ピンを接続したため、1ピンが他用途の球には変換アダプターで切り離します。

« TU-8300 完売! | トップページ | TU-8300 初段管の音質。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300差し替え比較試聴 807属:

« TU-8300 完売! | トップページ | TU-8300 初段管の音質。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ