無料ブログはココログ

« 吉祥寺東急百貨店 母の日 | トップページ | TU-8300ページ更新 »

2010年5月10日 (月)

TU-8300の出力管には何が良いのか?

このブログの最近の検索ワードの15%はイーケイジャパンの真空管アンプキットのTU-8300です。

自分はこのアンプで沢山の出力管(100種?近く)を聴いたことから、皆さんからも何が良いのか・・・と聞かれることも多いです。

シングルアンプはけっして理想的な動作をする訳ではないので、個性を尊重してあげるのが良いと思ってます。入力ソースや、接続するスピーカー、そして好みの音。その上でこのアンプに何を求めるか・・・それぞれ違うと思います。

特に自分のように出力トランスも変更しており、UL接続も可能にしているということもあります。

差し替えられる球には困らないと思いますが

R0020195

Tung-sol 6550Aは楽しめると思います。自分の場合、UL接続にした時の音はこのアンプをベースとした場合のKT-88など一連の球での代表格になる感じがします。

個性を聴くということでは、いろいろな球が注目できます。

過去の試聴を一覧を参考にして頂けると良いと思います。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html#label1

大型のシステムでは違った結果になるのか・・・自分の場合現状マルチアンプ専用で鳴らしていることもあって

R0020205

すでにメーカー完売のTU-8300だけに、気になる方は早く押さえておくべきと思います

« 吉祥寺東急百貨店 母の日 | トップページ | TU-8300ページ更新 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TU-8300の出力管には何が良いのか?:

« 吉祥寺東急百貨店 母の日 | トップページ | TU-8300ページ更新 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ