無料ブログはココログ

« 60年代の東京 | トップページ | バイノーラル録音 »

2010年5月25日 (火)

エレキット TU-883(TU-879)音質改造は

TU-883も好きなアンプである。作りやすいし、球の差し替えが楽しめる。

http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html#label1
このところTU-8300の試聴が多かったので、久々に聞いてみることに。
以前、好結果だったのはTUNG-SOLの6550A。
楽しめるところでは350BやWE349.
パンチの効いた印象が良かったのは6AR6こと6098.手持ちはTung-Sol製。
これには変換ソケットが必要。
でもなかなかの音がします。

R0020238

時間を置いて聞いてみると・・・ちょっと低域がたりない。
これはこの球というよりTU-883の基本的なところかもしれない。
一番の改善は出力トランスだと思う。
TU-883自体、TU-879の改良だと言われていますが。
部品の在庫を見ると、TU-8300付属のトランス、さらに換装したU-808がある。
さてどうしましょうか?

« 60年代の東京 | トップページ | バイノーラル録音 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキット TU-883(TU-879)音質改造は:

« 60年代の東京 | トップページ | バイノーラル録音 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ