無料ブログはココログ

« ブックスピーカーと真空管アンプ | トップページ | ガスト吉祥寺元町通り店で イタリアン »

2011年1月 7日 (金)

エレキットTU-8300、TU-879 真空管差し替えKT-120 評価詳細

先日の掲載で、すでにリクエストも頂いています。
販売元によれば従来のKT-88がプレート損失30Wところ40Wで、差し替え可能というもの。

確かに管形も上に伸びており、プレートも見た目30%以上は大きそう。(左)

R0021998

比較試聴は現在入手も容易ということでエレトロハーモニックスのKT-88と比較しました。

■エレキットTU-8300で

R0022001

R0022003 
このアンプでは標準で3極管接続になります。
低域、中域ともスケールが大きくなり、余裕を感じさせます

その分、高域とのバランスが気になるかもしれません。
正直、シンバルの音は伸びさえはあまり感じませんし、響きの綺麗さも。
まとまりはあるのですが面白みという点で、これは3結ということもあるかもしれません。
試聴で使ったジャズのトリオなどではもっと期待するところです。

このあたりは音楽ソースや好みによって変わるかもしれませんが、

中低域が良くなるだけにちょっと残念。

R0022005

改造したUL接続では、高域に着色感は残るもの全体に気に行った方向に向かった感じがします。

R0022006

(改造、増設したUL/3結切り替えスイッチ) 

そうなると、本来のビーム管接続では、と思ってきます。

TU-8300の差し替え試聴、改造はこちらもどうぞ。
http://mtomisan.my.coocan.jp/page122.html#label1

●TU-879での試聴

このアンプではビーム管接続で聴くことができます。

R0022007

R0022008

音の性格、傾向は思った方向(快活)になるのですが、

TU-8300がそうであったようなのびのあるような、余裕をもった音には聞こえません。ちょっと残念な結果なのですが、おそらく出力トランスが音質を決めているところが大きいのではという感じです。優秀な出力トランスが必要なのではと思います。

 

« ブックスピーカーと真空管アンプ | トップページ | ガスト吉祥寺元町通り店で イタリアン »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレキットTU-8300、TU-879 真空管差し替えKT-120 評価詳細:

« ブックスピーカーと真空管アンプ | トップページ | ガスト吉祥寺元町通り店で イタリアン »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ