無料ブログはココログ

« 各地訪問 新宿線 菊川 | トップページ | 昭和30年代の渋谷駅東口の風景を再現したジオラマ »

2011年4月28日 (木)

鉄道フェスティバル2011 in SHIBUYA 搬入

いよいよ29日から開催という前日、旧東急文化会館近くの某所に保存してありました昭和39年の渋谷ジオラマを移動搬入することになり。

R0022905

お天気に恵まれました。東急渋谷東横西館の会場まで搬入する訳です。

R0022907

ということでまずは解体梱包から。

R0022908

ジオラマと台、そしてケースはまさにジオラマ内に作られた東口ターミナルを通って搬入しました。

R0022910

そして組立て、照明チェック、5か月ぶりの再会で、簡単な補修をし

R0022912 

いよいよ明日の開場を待ちます。10年ほど前、製作期間4年、その後、2度の修復をしましたが7年ぶりの公開です。前回の東急百貨店大創業祭の展示時からまたバージョンアップしている姿をご覧ください。

大きな渋谷空撮パネルの前に置かれるようです。

会場内はシミュレーター、運転レイアウトの調整などまさに搬入の真っ最中。なかなか楽しい内容、GWの1日を楽しめるでしょう。

運転レイアウトは東京都市大鉄道研究会のもの、組み立て中でしたが、ということはなんと自分の後輩たち。しかし挨拶してもどこふく風。まあ大学の名前を変えるくらいですから先輩なんて関係ないのでしょう。

別に当時はオーディオ研究会で、鉄研の所属した訳でもないですし。

しかし、今更ながら名前とともに母校は無くなったとを確認した次第。先輩など関係なしに君たちは頑張れとエールを贈りましょう。君たちの模型の未来は明るいぞ。だってすべてこれからだから。

« 各地訪問 新宿線 菊川 | トップページ | 昭和30年代の渋谷駅東口の風景を再現したジオラマ »

イベント」カテゴリの記事

60年代研究」カテゴリの記事

60年代回顧」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道フェスティバル2011 in SHIBUYA 搬入:

« 各地訪問 新宿線 菊川 | トップページ | 昭和30年代の渋谷駅東口の風景を再現したジオラマ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ