無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

Tゲージ、ミニレイアウト製作

今回のベースはスチレン板にコルク材を貼った材料、ユザワヤで入手。表面にコルクが貼ってあるので、模型の走行音が靜かになります。

R0028342


縮尺に合わせた図面をそのまま貼ります。そしてベースの周囲を紙に合わせカッターで切断。

R0028344

線路を乗せる前に簡単にベースを水性絵具で塗っておきます。

R0028347

線路はフレキシブルレールです。

R0028348_2


ポイント線路は部品として出てません(企画されたけれど)のでダミーです。

R0028349

線路は小釘で仮止めしてます。バラストが綺麗に撒けるようにテープを貼ります。

ターンテーブルはダミーで、カッターコンパスで円でベースをくりぬいておきます。

R0028350_3


バラストを撒き、接着剤を溶いてしみ込ませます。

R0028351

ここでは目の細かいZゲージ用を使ってます。

R0028358

そもまま置いて、固着し、仮止めもクギと、線路脇のテープをはがします。


R0028371


次に地形ですが、Tゲージは
トンネルポータルは発売されいないのでi-Modelaでけずります。

R0028372


図面をイラストレータで作図し、手持ちがCSなのでVer.8で保存、インポートします。

R0028373

さて地形は紙粘土で作るの簡単です。Nゲージではベースをボール紙で作ったりしますが、1/3の大きさのTゲージでは不要の場合も多いです。

R0028374

トンネル部分だけはプラ板で部屋を作りますが、脱線用の救出口を忘れずに作ります。

R0028375

内部を暗めの色で塗ります。絵具で十分です。

R0028376


ということで地形が完成しました。このまま1日乾かします。

1/450ということは実際の模型(1/80)の1/5~6の模型ということになります。

R0028377


今日はこの当たりまで。以上、小さい(30×17cm)のであっと言う間の作業です。

2011年10月30日 (日)

東急吉祥寺 フェルマータ

イタリアンレストランですが以前の●●プロデュースというお店が終わり、自由が丘にもあるこのお店が入りました。

前のお店はWebの評価もわかれ、価格も高かったというところ、今度はどんなものかオープンになってさっそく行ってみました。

丁度結婚記念日ということで27回目。

R0028369

平打ちめんのミートソース。きのこのボローニャ

R0028364

明太子スパ

R0028365

カルボナーラ(少し塩辛い)

R0028366_3

めんはアルデンテより少しながゆででしょうか。

そうお店の名前が音楽記号で適度に延ばすということで。

自分には塩味がちと濃い感じ。スパは1200~1400円で

セットは1800円で少し高価ですね。

クーポンでティラミスがサービスにつきました。

R0028360_2

中は景色も良く、窓側は明るいです。

R0028363

R0028362_4

東急南側、井の頭公園方向がよく見えます。

丁度自宅方向。

2011年10月29日 (土)

Tゲージのミニレイアウト



Tゲージは、鉄道模型的には3mmゲージというようです。

栄進堂という会社が生産販売していましたが、中国の会社に販売権が移ったとかで、
今はホームページなどの更新もされていません。

(それにしても、ホームページには何も書かれていない)

製品もいろいろ予定されていたところで終わっているようです。

1/450とこれだけ小さいと、街並みの製作にはおもしろい材料で、
こだわりのある風景で3回作りなおして、今日にいたってます。

部品の入手や、新たなアイテムが期待できないとなると通常の模型としての発展は難しいでしょうが
その小ささは別の利用もあるとおもいました。

というのは模型の模型です。

Tr2

自分が鉄道模型を始めたころ、機芸出版社の「鉄道模型」という雑誌に登場するレイアウト(ジオラマ)はあこがれでした。

R0028360

それなら、それを小さく作ってしまおうというのです。

Tr1

2011年10月28日 (金)

ゲルマラジオのこと(先日の放送で)

正確にはゲルマニウム・ダイオードを使ったラジオですが。

いわゆる「検波」という働きを、鉱石ではなくゲルマニウム・ダイオードがします。

先日の番組では、関口宏さんがどうして、この鉱石に電波が集まるのか・・・と言っていたそれでです。別に電波を集めるのはアンテナの働きであって、同調して(バリコン)で選局するのですから。

しかし、ノーベル賞の小柴さんも知らない・・・そんなことはまずない(それが専門というもの?)番組の流れなのかもしれません。

ということで戦後生まれの自分は鉱石ではなく、ゲルマラジオでした。

R0028370

これが1965年頃、学研の科学についていた付録のゲルマラジオです。

2011年10月27日 (木)

北杜夫さんと60年代の作品

大好きであった作家さんがまた一人亡くなった。

  • 幽霊―或る幼年と青春の物語 1960
  • どくとるマンボウ航海記 1960 
  • 夜と霧の隅で 1960 
  • 羽蟻のいる丘 1960
  • 遥かな国遠い国 1961
  • あくびノオト 1961 
  • どくとるマンボウ昆虫記 1961
  • 南太平洋ひるね旅 1962
  • 船乗りクプクプの冒険 1962 
  • どくとるマンボウ小辞典 1963
  • みつばち ぴい 1964
  • 楡の家の人々 1964
  • 牧神の午後 冬樹社 1965
  • 高みの見物 新潮社、1965
  • どくとるマンボウ途中下車 1966
  • 天井裏の子供たち 1966
  • 白きたおやかな峰 1966
  • マンボウおもちゃ箱 1967
  • 怪盗ジバコ  1967
  • 奇病連盟 1967
  • どくとるマンボウ青春期 1968
  • 黄色い船 1968
  • さびしい王様 1969
  • 星のない街路 1969
  • 60年代に書かれた作品を今
    ふりかえってみると「羽蟻のいる丘」 、「みつばち ぴい」の2作品を除きすべて読んでいました。

    読んだのは1971~74年。高校生~予備校時代。

    いろいろな作品。本って楽しいと思ったあの頃。受験だけの日々だったけれど、自分もいつか本がかけると素晴らしいと思ったりしました。

    すっかり、忘れていたあの頃が、これらの本の体裁とともに思いだされます。

    2011年10月26日 (水)

    関口宏の昭和青春グラフィティー「昭和の子どもの科学」篇

    少しでしたがVTR出演しました。「鉱石ラジオ」のコーナー

    R0028328_2

    1960年代が子どものころであった自分はもちろん鉱石ではなく「ゲルマラジオ」でした。

    この写真は1964年、学研のマイキットで遊ぶ姿。

    R0028329_2

    この写真は1961年、先日のNHK BSプレミアム「みんなのうた」出演でもご覧にいれたテレビと並ぶ写真。

    R0028332_2

    なにやらやってますがこれを↓説明していました。

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page059.html

    R0028333_5

    これはその時のカットで、おもに学研の科学とトイの話の収録の時のもの

    R0028330_2

    あとは大半はお貸しした資料が活躍。

    R0028339_2

    プラネタリウムの大平貴之さんのところで出た雑誌も1964~1966年頃のもの。

    学研の科学は戦後と言っても皆が知る付録構成になったのは1963年のこと。

    これらの雑誌はその当時のものなんです。

    大平さんは1970年生まれなので学研の科学は黄金期というのは確かにそうですね。

    学研の科学についての内容は取材で自分がお話した展開でした。

    R0028337_5

    今回のゲストの町田忍さんは自分より4才上ですが著書によれば科学派ではなかったようです。またノーベル賞の小柴さんは僕らの父の世代に近いので「遊び」に関しては少し時代差があったかもしれません。

    しかし、結構長い時間取材や資料準備でご協力させて頂いたので無事番組が終了しほっとしました。

    自分のホームページには詳しい情報があります。

    学研の科学の付録

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page194.html

    学研の科学トイ

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page185.html

    2011年10月25日 (火)

    リコー GRデジタルIV

    ご存じの方が多いと思いますがサブカメラにはGRデジタル(初代機)を使ってます。2006年の丁度今頃からですから5年使っていますが、さすがにくたびれたので発売になったIVを買いました。

    重さは1割増しほどですが、様々な改良がされています。

    Img_7484
    下が初代 上がMK4

    Img_7492

    レンズはF=1.9で初代機の2.4より明るくなってます。


    2011年10月24日 (月)

    DV-7Gセミナー

    松本豊美先生のビデオ研究会で10/23セミナーがありました。

    埼玉県の川口、駅からすぐのメディアセブンです。

    R0028312


    自分はプロ製品担当で、DV-7G担当ではないのでご挨拶だけ。懐かしい方々ばかりです。ごぶさたしておりました。

    R0028313


    アトリエビジョン社によるDV-7Gのセミナーです。

    R0028316


    DV-7Gはもう発売になってますので、品薄にならないうちに購入を。

    2011年10月23日 (日)

    スタックス ヘッドホン(イヤースピーカー)試聴

    調べてみたら、アップを忘れていました・・・前後しますが。

    ヤフーオークションで当時欲しかったスタックスのSR-3を入手しました。
    1969年ころの製品で、当時友人が買って、聞かせて貰った記憶があります。

    今思い返すとこの友人、いろいろな点で賢い選択をしていました。

    R0028267

    右下がSR-3

    1990年頃になってProタイプの製品を入手しましたので、
    ドライバーもProタイプのものでしたので、
    以前より欲しかったノーマルタイプも駆動できるSMR-T1Sを入手しました。

    そこでSR-3をノーマル出力で鳴らしてみました。

    SR-3は今の視点からはレンジはあまり広くありませんが、60年代と考えれば大変好ましい音がしてます。
    音楽の種類によっては十分楽しめる音ではないでしょうか。

    R0028266

     後年のプロタイプのスタックスのヘッドホン(イヤースピーカー)でドライバーの比較視聴もしました。
     ドライバーとしてはSMR1/MK2を以前から持っていましたが比較すると透明感、奥行き感の次元が全然違います。

    SMR-T1Sに関しては前後するドライバーの中でも非常に高く評価されていることが判る感じがします。
    真空管がつかわれているので暖かい音と思ってしまうのですがこれが違うんですね。

    自分も当時購入を検討しましたが高価なため諦めたことを今非常に残念に感ずる次第です。値段差とは比べようもないほどの違いなんですね。スタックスのドライバーに関してはスピーカー出力を利用するものまであり、組み合わせで評価は変わると思います。

    オーディオとは選択です。その選択と組み合わせにより自身のオーディオ感も構築されることを思うと、人生の出会い成長にも似ていると思います。

    ヘッドホン、ヘッドホンアンプについて

    http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage4.html

    2011年10月22日 (土)

    60年代、70年代の名器を聴く ヘッドホン篇

    先日はパイオニアのSE-50、スタックスのSR-3を聴きましたが。

    最近の入手したところで

    YMAHAのHP-1

    1970年代半ば、オルソダイナミックと称して全面駆動によるふっくらした低音は人気でした。

    R0028303


    今聴いてみると、レンジはそれほど広くなくて、中高音にくせがあります。

    それに意外に重たいですね。
    当時使ってましたが、取り付け部分が弱く破損して別の機種にしました。
    でも結構気に入って長く使っていました。スタックスのヘッドホンが欲しくても
    当時買わなかったというのもこのヘッドホンの影響もあったと思います。

    今聴いて結果から言うとスタックスのヘッドホンとは音も違うのですが。

    スタックスのヘッドホンを入手したのは1990年頃なのでそんな廻り道をさせてくれたヘッドホンでもあったのです。

    ベイヤー DT-48

    70年代半ば、生録などではモニター用で羨望の的であった。当時最高峰のヘッドホンでした。値段も並みはずれいて、スピーカーシステムより高価だったと記憶します。
    当時1度だけ使ったことがあり、その印象を思い出しました。

    R0028306_5

    とにかくパッド側圧が強い。頭が痛くなるほど。密閉型の代表でもあったのかもしれません。
    R0028307


    音はすごく中音が張っている。

    でもこの構造を見ると当然と思う次第。

    R0028309

    DT-48はその後復刻されたりだったようです。

    はたして音楽を楽しめるとかそうでもなく、細かな音違いや表現を聴くにはプロの耳を必要とするもので、ソースの音をモニターするためのヘッドホンであることは今こうして聴いてあらためて体感して判るとすると、オーディオは単に技術や知識だけでなく、いろいろな経験や出会いによって支えられる奥深いものであることも実感する次第です。

    オーディオのページもご覧ください。

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page016.html

    2011年10月21日 (金)

    関口宏の昭和青春グラフィティーに出演

    取材・収録は2カ月ほど前でしたが、本日TBSの担当者から放送とVTR出演があるという連絡がありました。

    番組のホームページをみると

    #30 「昭和の子どもの科学~僕たちは不思議な遊びに夢中だった~」

    (’11年10月25日放送) 20:00~

    内容
    ゲストに小柴昌俊先生を迎えて、昭和の子ども時代にやった学校の実験を中心にトークする。
    小柴先生の意外な少年時代のエピソードや、楽しかったUコン飛行機の思い出など、興味深い話満載の1時間。

    ゲスト:小柴昌俊・町田忍

    とあります。

    NHK BSプレミア「熱中スタジアム」のように沢山は映らないとは思いますが・・・

    今年は似たお話でWOW、NHK教育などからお問い合わせがありましたが、ご協力できたこと幸いに思います。自分も番組構成を良く知らないのですが、興味津津の内容だけに楽しみです。

    Seisyun2

    画像には確かに御貸出しした資料が机の上に広げられています。

    自分のホームページもご覧ください。

    「60年代 懐かしの宝箱」

    2011年10月20日 (木)

    アトレ吉祥寺 ナチュラル・ハウス くろすバーモント

    アトレ吉祥寺はいつも混んでいますが特に集中レジ(おおわだ・魚力など)とスーパーガーデンは顕著です。少し買っても待つことになり。

    そこで一考なのが、4・5番街北側の出口近くのこのお店。変わったもの、自然食品が並んでいますが、待ちも少なく便利です。

    R0028305


    126円。ということで清涼飲料を。確かに酢のクセの感じはあまりありません。ふたをあけたと同時にだいぶ噴き出してしまいましたが、このところ何か多い疲れを癒せたか、どうか。

    2011年10月19日 (水)

    i-modela で削る

    すでにご紹介しましたように発表になりましたが

          ただいまモニターとして試用中です。
          早く発売になるといいですね。

    R0028301

    モデラは
    その原点は10年以上前になりますが、
    自分もいくつかの書籍で紹介しました。


    R0028302


    以前ははがき大でしたが、今度は名刺大

    R0028268_2

    そして、今小型で高性能な新しいモデラが誕生です。

    自由研究はホームページで紹介するとして、

    R0028269_2

    早速、松本城のディスプレイ用のプレートを彫ってみました。

    R0028276
    パソコンでデザインして綺麗に削ることができます

    i-MODELAのページを作成しました。

    http://mtomisan.my.coocan.jp/newpage7.html

    2011年10月18日 (火)

    関口宏の昭和青春グラフィティー

    2011年10月4日(火)からは、毎週火曜日の20時より放送しています。

    10月25日の「昭和の子どもの科学」の回にご協力しました。資料だけでなく、カメラもまわしていったので(3時間ほどの取材)少しは映るかもしれません。本日の来週の予定からは資料関係で出そうな感じです。当時の雑誌など段ボール箱1つ12kgを御貸出ししました。

    以下、番組のホームページからです。

    「ぼくらが何かに夢中だった時代・・・昭和。昭和をテーマに青春プレイバック。昭和の人々の戦後復興したパワーと青春の1ページを振り返り、今日本になにが必要かを問いかける番組。

    輝かしい未来を信じたあの日。誰もが心に希望の灯をともしていたあの時。色あせた写真が、なぜか心に新たな力を与えてくれる。

    「貴重なVTR」
    「貴重なグッズ」
    「貴重な証言で綴る、今だから話せる真実」
    「意外!今話題元をたどれば、昭和のアレだった」・・・等

    さぁ、「昭和」という宝箱のふたを開けてみよ」

    なんと「宝箱」って書いてありますよ。自分の出演は期待してませんが番組の内容は面白そうです。10月25日(火)BS-TBS 20時~

    懐かしい当ホームページもご覧ください。

    「60年代 懐かしの宝箱」

    http://mtomisan.my.coocan.jp/

    2011年10月17日 (月)

    有明の写真撮影とタイ洪水

    製品のための写真撮影に立ち会うのはもう何度めでしょうか。
    溜まった仕事を処理するのでまず職場へ
    始業前に事務所を出てスタジオへ。

    Ariake1


    近くなんですが、地下鉄を3つ乗りそしてゆりかもめに。

    難航しつつも撮影は進み・・・

    スタジオで眼鏡を落とすと見事に割れてしまいました。

    R0028300


    眼鏡は日常茶飯事落としたりしてもまず割れませんが
    スタジオは倉庫の中にあって床はコンクリートの叩きなんですね。

    妻に連絡をとって、なじみの眼鏡屋に聞くと
    今、眼鏡はレンズ不足から基本お断りなのだとか
    在庫レンズはいいけれど新規は難しい
    海外の工場が水害でレンズが全く作れない・・・とか

    http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111018ddm001030046000c.html

    運の悪いことに明日は健康診断で目の検査があるというのに。

    撮影の方は、日ごろからの模型の力も発揮して何とか
    済ませることができました。

    遅くなって当然メガネ屋も行けず、検診の前日の夕食時間制限にも間に合わず。

    メガネは割れたので・・・外界はこんな感じで

    R0028297

    (帰宅時のイメージ映像)

    2011年10月16日 (日)

    近藤洋史さんのDV-7Gホームページがオープン

    DV-7Gユーザーに朗報!月刊ビデオサロン執筆でも有名な近藤洋史がWebにて解説ページを公開。

    準備中のところもありますが、順次拡張するようです。

    「Video Canvas DV-7G ビデキャンはじめる大作戦」

    http://www.zazou-pop.com/dv7/index.html

    2011年10月15日 (土)

    DV-7Gが発売になりました。

    早速買った!とご連絡を頂きました。

    Dv7gtop_m

    ホームページに解説ページを作りましたので参考に。

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page032.html

    近藤先生のホームページも参考になりますよ。

    http://www.zazou-pop.com/dv7/index.html

    2011年10月14日 (金)

    そして浜松

    打合せで浜松へ。まず秋葉原の会社に早めに出勤。

    緊急の仕事を済ませ・・・久々の本社工場(6、7年ぶり?)

    携帯で連絡をとりつつでした。さて終了。

    R0028261

    新しいおべんとうが。100周年記念とききましたが

    R0028264

    自笑亭ながら、意外といける・・・

    R0028265

    中身の写真を撮るもを忘れた・・・

    2011年10月13日 (木)

    札幌から東京へ

    さて昨日は終了が遅かったこともあり札幌泊となりましたが、本日は朝の便で東京へ。

    その前に素材撮影です。

    R0028240


    時計台です。

    R0028241


    大通り公園、そして旧道庁へ

    R0028243


    AVCHDのビデオカメラを回しました。
    DV7-Gで編集するためです。

    R0028244

    そして札幌駅へ。所要時間30分でした。
    予約してあった快速エアポートに乗り
    朝食、キオスクで地域限定パンを買いましたが、
    いっしょに買ったサンドイッチが意外に量が多く
    結局お土産で夕食で家族で食べることになりました。

    R0028245


    羽田に到着午後から事務所で仕事です。

    2011年10月12日 (水)

    札幌出張

    ライブ配信のセミナー講師でやって参りました。
    札幌は2年ぶり以上です。
    あいにくの雨です。

    R0028231

    お昼は機内で羽田空港でかった粗引きソーセジドックと手作りおにぎり、わさびのり入りを食べましたが
    このおにぎりが美味しい。

    R0028230

    さて札幌について簡単な素材撮影をと思ってましたが、雨で断念。
    業者様向けのセミナーでしたが、ご担当が以前、この地区のDV-7セミナーでお世話になった方で
    懐かしい再会となりました。

    ということで無事終了。夕食はこの地区のDV-7研究会の方とと、思ってましたが、
    ご用事あるということで、今回は実現しませんでした。

    R0028237


    さて夕食。最近は東京でも食べられるようになりましたが、さんまのお刺身。左は骨を揚げたお煎餅。

    R0028238

    サケとまいたけのてんぷらなど頂きました。

    2011年10月11日 (火)

    線路は続くよどこまでも

    といえば、「みんなのうた」話題ですが

    79.5M FM NACK5の番組(日 6:00-6:55)

    「杉鉄GRAND NACK RAILROAD」

    でこのアルバムを知りました。

    パーソナリティーの杉ちゃん&鉄平さんはクラシックの音楽家ながら

    鉄道ファン、鉄道模型ファンということなのです。

    R0028229

    バイオリンを使って効果音を作ったり、鉄道の情景模型を

    ジオラマとは言わずレイアウトという彼らはやはり本物なのであります。

    さてこのアルバムですが日本一周、音で楽しむというもの。

    みんなのうた話題はこちらへ

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page020.html

    鉄道模型話題はこちらへ

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page142.html

    2011年10月10日 (月)

    キヤノン G-10評価

    SONYのCX-550Vはなかなかの優れものと思っていたら業務機のベースになりました。最新のCXは小型ながら家庭用の感が強くちょっとという感じがあります。かと言って20万、30万円の半業務的なカメラもカメラが消耗品という点では手を出しにくいところがあります。ということで探して触ってみてキヤノンのG10となりました。音声仕様を上げた業務機にXA-10があります。

    R0028221

    井の頭公園で、AVCHD方式のG-10とHDV方式のHC-1、

    R0028223

    そしてCX-550Vの比較撮影をしてみました。

    いずれも業務機ベースになった小型カメラになります。

    さて公園ではバルーンパフォーマンスのMotoさんが元気にがんばってました。

    Motoimage1

    2011年10月 9日 (日)

    吉祥寺 綾川

    1年半前までロンロンの地下レストラン街にあった。ロンロンもなくなり、今はサンロードの旧三浦屋ビルの地下1階にあります。もう移って1年近くなるとか・・・知らなかったです。

    R0028201

    落ち着いた店内。

    R0028202

    ここのてんぷらはからっと揚がり、つゆは甘みがあって

    R0028203

    カレーうどんも名物です。

    R0028205

    2011年10月 8日 (土)

    ラ クレアトゥーラ (La Creatura)

    ファミリープラザ3Fの人気のイタリアンのお店11:30からですが、入店は早くしないと、いっぱいになってしまいます。

    R0028179

    ランチセットがおすすめです。カルボナーラ、濃厚ということで有名。

    R0028177

    店内は分煙されていないのが残念ですね。

    数のバランスも悪いので待ちが出ても空席があったりで。

    R0028178

    ちょっと昔を思わせる店内の照明。

    お昼時は1000~1400円/人でお食事ができます。

    R0028176

    2011年10月 7日 (金)

    松本訪問

    半年ぶりです。仕事の担当がかわり製品担当になりましたので打合せです。

    R0028195

    新宿駅発8:30の「あずさ」

    R0028196

    3時間後、松本駅前です。

    順調に打合せも終わり

    東京へ

    R0028197

    これまで食べたことのない・・・

    信州和風牛肉弁当 950円

    肉は少し硬かったですが、ボリュームはありました。

    サラダ、ゼリー、フルーツ(オレンジ)というところも考えたところなのでしょう。

    R0028198

    食べ終わると連日の疲れで爆睡・・・・

    2011年10月 6日 (木)

    吉祥寺アトレ 丹沢サイダー

    自然食品の店で見つけた、甘さ控え目。

    良い水、控えてみると、このフレーバーは・・・と思います。

    Tokyot

    2011年10月 5日 (水)

    ローランド・デージー iModela iM-01発表

    発表になりましたよ。

    このブログでも詳しく紹介したいと思います。

    Image_01

    名刺大のものがパソコン制御で削り出せます。

    2011年10月 4日 (火)

    ドトール新メニュー

    ミラノサンドCのマスタードチキンの終売を聞いていましたが、噂できんぴらチキンになるということで・・あれなにか違う。あの懐かしい玉子スモークチキンではないですか。

    R0028194

    忙しい仕事が続いていて昼食を食べたのは16:30でした。

    2011年10月 3日 (月)

    チェブラーシカ と吉祥寺

    10月に入って、キャンペーンがはじまったようです。

    R0028168

    何かと気になる・・・・

    R0028174

    店内のモニターでも、

    R0028175

    そして、各お店にも。

    ウェルカムキャンペーンのキャラクターになったらしい・・・

    2011年10月 2日 (日)

    10月になって

    仕事の方では久々の担当制となり、一気に仕事が切り替えということでこの週末、連日朝から深夜まで準備でありました。

    2011年10月 1日 (土)

    出没アド街ック天国 神田須田町

    会社が須田町2丁目にあるので、日ごろ見慣れた街なみが沢山うつりました。

    でも・・・ここが50年ほど前は交通のメッカであった話がないのは

    そんなことを制作スタッフに当時を知る人がいないからかもしれません。

    Sdimage9

    都民の足であった都電が須田町の交差点を沢山通っていましたが、

    都電全30系統のうちこの交差点には1/3の10系統分が通っていた・・

    Sdimage7

    今はまず、簡単に連想できないことだと思います。

    Sdimage10

    万世橋が一番でしたが、

    カワイ模型は昔、僕らが子ども頃からそして今もありますが、

    Sdimage18

    なくなってしまった交通博物館はもう思い出ですね。

      閉館前の昔のレポートもご覧ください。

    http://mtomisan.my.coocan.jp/page026.html

    « 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

    2021年1月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            

    最近のトラックバック

    ウェブページ